BlogPeople


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 新国立劇場バレエ団2015/16シーズンオープニング作品、樋笠バレエ団にムハメドフ出演 | トップページ | 2015年ローザンヌ国際コンクールの出場者発表 »

2014/11/11

2015年5月にモスクワ音楽劇場バレエ(ダンチェンコ)が来日

2015年5月に、モスクワ音楽劇場バレエ(スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念)が来日します。

http://www.kyodotokyo.com/mamt

5月 20日 (水) ~ 5月 24日 (日)
東京文化会館 大ホール

■芸術監督:イーゴリ・ゼレンスキー
■管弦楽 :国立モスクワ音楽劇場管弦楽団

【演目】
■5/20(水)〜21(木):ブルメイステル版『エスメラルダ』(全3幕)
■5/23(土)〜24(日):ブルメイステル版『白鳥の湖』(全4幕)


【キョードー東京最速先行受付】
0570-550-799(平日11:00-18:00/土日祝10:00-18:00)
受付期間:14年11月08日(土)10:00〜15年01月23日(金)18:00


会場 東京文化会館 大ホール

料金 S席 ¥14,000
A席 ¥11,000
B席 ¥9,000
C席 ¥6,000
D席 ¥4,000
 表記金額は税込み
2演目セットS席:25,000円(200セット限定)★3,000円もお得!
*「エスメラルダ」と「白鳥の湖」の日時は自由な組み合わせでお求めいただけます。
*キョードー東京(0570-550-799)のみの取り扱いになります。
*限定枚数に達し次第、受付は終了となります。

■ 主催:キョード-東京
■ 協力:ガスプロム銀行
■ 後援:ロシア連邦外務省/ロシア連邦文化省/駐日ロシア連邦大使館
お問い合わせ
キョードー東京 0570-550-799 【オペレータ受付時間 平日11時〜18時 土日祝10時〜18時】

キャストも早くも発表されています。

「エスメラルダ」 (ウラジーミル・ブルメイステル振付)
 5月20日(水) 13:30 オクサーナ・カルダシュ、イワン・ミハリョフ
 5月20日(水) 18:30 ナターリヤ・ソーモワ、ゲオルギー・スミレフスキ 
 5月21日(木) 13:30 エリカ・ミキルチチェワ、デニス・ドミトリエフ

「白鳥の湖」 (ウラジーミル・ブルメイステル振付)
 5月23日(土) 12:00 ナターリヤ・ソーモワ、ドミトリー・ソボレフスキー
 5月23日(土) 17:30 エリカ・ミキルチチェワ、ゲオルギー・スミレフスキ 
 5月24日(日) 12:00 クセーニャ・ルシコーワ、デニス・ドミトリエフ

日本でなじみのあるのはソーモワとスミレフスキくらいでしょうか。イワン・ミハリョフはボリショイに所属していた人と同じ名前なのでその彼かもしれません。

少し前まではセルゲイ・ポルーニン、クリスティーナ・シャプランも所属していましたが二人とも現在は団を去っています。前回来日したセミョーン・チュージンとマリーア・セメニャチェンコもボリショイ・バレエに移籍しました。また、素晴らしい二人のプリマ、タチアナ・チェルノブロフキナとナタリア・レドフスカヤは引退してしまいました。

現在はイーゴリ・ゼレンスキーが率いているモスクワ音楽劇場バレエは、最近ではジョン・ノイマイヤー振付の「タチヤーナ」をハンブルグ・バレエと共同制作し、初演はディアナ・ヴィシニョーワをゲストに招いて上演されたばかりです。今回来日するドミトリー・ソボレフスキーは、この「タチヤーナ」でヴィシニョーワの相手役、オネーギン役を演じています。

いずれにしても、ブルメイステル版の「白鳥の湖」は非常にドラマティックで見ごたえがあります。このバレエ団のダンサーたちは、スタニスラフスキーの名前を冠するバレエ団だけあって演技力があります。前回の来日公演でも踊られた「エスメラルダ」も、ひじょうによくできた作品です。オーケストラ帯同なのにチケットも比較的安めで、会場も東京文化会館。見逃せない公演です。

« 新国立劇場バレエ団2015/16シーズンオープニング作品、樋笠バレエ団にムハメドフ出演 | トップページ | 2015年ローザンヌ国際コンクールの出場者発表 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新国立劇場バレエ団2015/16シーズンオープニング作品、樋笠バレエ団にムハメドフ出演 | トップページ | 2015年ローザンヌ国際コンクールの出場者発表 »