BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« バンジャマン・ミルピエのトークとVOGUEの記事(アニー・リーボヴィッツ撮影) | トップページ | フィンランド国立バレエでムーミンのバレエ »

2014/10/23

ボリショイ・バレエの映画館中継 (日本でもやります)

ボリショイ・バレエは今シーズン、いくつかの映画館中継を行います。

10月 26日 - Legend of Love 「愛の伝説」
11月 23日 - The Pharaoh's Daughter 「ファラオの娘」(再上映)
12月7日 - La Bayadère 「ラ・バヤデール」(再上映)
12月 21日 - The Nutcracker 「くるみ割り人形」
1月 25日 - Swan Lake 「白鳥の湖」
3月 8日 - Romeo and Juliet 「ロミオとジュリエット」 (再上映)
4月 19日 - Ivan the Terrible 「イワン雷帝」

http://www.pathelive.com/fr/saisons/ballet-du-bolchoi-2014-2015

再上映を除外すればすべてグリゴローヴィッチ作品です。また、残念ながら今シーズンは日本での中継はないようです。先シーズンは、せっかく良いラインアップだったのに、映画館の場所が不便で告知も不十分であまりお客さんが入っていなかったようですものね。

今週上映される「愛の伝説」は、主演がスヴェトラーナ・ザハロワ、デニス・ロヂキン、アンナ・ニクーリナです。
http://youtu.be/NIfcvDbYDxU

舞台映像もあるニュース映像
http://tvkultura.ru/video/show/brand_id/19725/episode_id/1138507/video_id/1090301/viewtype/picture

世界的に見れば、このボリショイの映画館中継は成功しているようです。アメリカ専用の予告編映像なども制作されており、ザハロワ、ホールバーグ、アレクサンドロワ、チュージン、ラントラートフ、ニクーリナ、スミルノワらのインタビューやリハーサルを観ることができます。
http://youtu.be/k6mgmXu-7_g

さて、このボリショイ・バレエの映画館中継についての興味深い記事が、ロシアNOWに掲載されていました。

ボリショイの中継は仏企業を“中継”
2014年10月22日 ヤロスラフ・ティモフェーエフ, イズベスチヤ紙
http://jp.rbth.com/arts/2014/10/22/50761.html

ボリショイ・バレエの映画館中継は、フランスのパテ・ライブという会社が中継権を持っており、世界で1000館もの映画館で中継されているとのことです。ただしロシアでは46館だけ。パテ・ライブ社が一回の中継を行うのにかかる費用は約40万ユーロ(約5600万円)だそうです。生中継を受信するには、総額約1万ユーロ(約140万円)のパラボラアンテナとデコーダーが必要とのこと。

ボリショイのビデオ撮影を行い、そのコピーライトを所有しているのは、2002年以来、やはりフランス企業であるベル・エア・クラシック(Bel Air Classiques)社。同社がビデオのコンテンツをパテ・ライブ社に売り、パテ・ライブがそれを全世界に中継しているそうです。ベル・エアは、ボリショイの舞台映像を収めたディスク数十枚をリリースしてきており、それらは、2012年に至るまでロシア国内で販売できなかったそうです。

ロシアが欧米に映像の撮影では劣っており、一方、ベル・エアにはヴァンサン・バタイオンという、クラシック音楽撮影にかけては世界最高と目されるエンジニアがいるそうです。

今年中継された「マルコ・スパーダ」も、近々DVDが発売されます。
http://youtu.be/MafwmtoXWdc?list=UUFfLtzZe7QQ09eJ0RK4-dWA

Marco Spada Or the Bandits Daughter [Blu-ray] [Import]Marco Spada Or the Bandits Daughter [Blu-ray] [Import]
Auber Hallberg Obraztsova

Bel Air Classiques 2014-11-18
売り上げランキング : 6395

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボリショイのライバルであるマリインスキー劇場は、全く別の方法を取っているそうです。2009年に芸術監督であるワレリー・ゲルギエフは、マリインスキーレーベル(Mariinsky label)を立ち上げ、今までに6枚のDVDをリリースしているとのことです。「白鳥の湖」の3D映画館上映なども実現していますが、ボリショイほど頻繁には中継は行っていません。自分の「レーベル」を所有する利点としては、マリインスキーは何をいつ録音、中継するか自分たちで決められるということがあります。最近では、ヴィシニョーワが主演した「ロミオとジュリエット」がDVD化されました。

マリインスキー・バレエ/ゲルギエフ指揮「ロミオとジュリエット」ヴィシニョーワ&シクリャローフ [DVD]マリインスキー・バレエ/ゲルギエフ指揮「ロミオとジュリエット」ヴィシニョーワ&シクリャローフ [DVD]

新書館 2014-10-10
売り上げランキング : 29231

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


それはさておき、ボリショイ・バレエの映画館中継は日本でも観たいですよね。


ロイヤル・バレエの映画館中継は、専用のサイトができていました。
http://t-joy.net/roh_2014/

次のオペラ「二人のフォスカリ」は上映映画館もだいぶ増えています。「マノン」は急に上映が決まったので映画館が少なかったけど、次回以降は増えるのかな、と期待しています。


追記:そしてボリショイ・バレエの中継、やることになりました。良かった~。
http://bolshoi-cinema.jp/

« バンジャマン・ミルピエのトークとVOGUEの記事(アニー・リーボヴィッツ撮影) | トップページ | フィンランド国立バレエでムーミンのバレエ »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

Sky Arts が続きますが、デボラ・ブルが案内役でボリショイ・バレエのドキュメンタリー『The Bolshoi - Dancing For Russia』です。

rednalさん、こんにちは。

またまた貴重なものをありがとうございます。

デボラ・ブルのボリショイ・シリーズ続きます。レアな公演映像を紹介する『Bolshoi Unseen』の第一話は1991年アナニアシヴィリの「ジゼル」で国外初放送。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バンジャマン・ミルピエのトークとVOGUEの記事(アニー・リーボヴィッツ撮影) | トップページ | フィンランド国立バレエでムーミンのバレエ »