BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ウィーン国立バレエの「マイヤリング」「くるみ割り人形」「ヨゼフの伝説」ネット配信 | トップページ | クロアチア、ボスニア旅行記(モスタル、サラエヴォ)最終回 »

2014/09/25

11/8.、9 彩の国さいたま芸術劇場にてミルピエの「L.A.Dance Project」

今シーズンよりパリ・オペラ座バレエの芸術監督に就任するバンジャマン・ミルピエ。2012年に彼が設立したカンパニー、L.A.Dance Projectが11月に初来日を果たし、彩の国さいたま芸術劇場で公演を行います。

http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/1100

L.A.Dance Projectは単なるダンスカンパニーではなく、個性的な存在感を放つダンサーたちの他、新しい作品ごとに振付家、作曲家、美術家など異なるジャンルのアーティストが結集し、ユニークな制作を行っています。その活動が高く評価されたことが、ミルピエがオペラ座の芸術監督に選ばれた大きな理由の一つです。

今回上演するのは、デイヴィッド・ラングの音楽、造形作家バーバラ・クルーガーによる大胆な舞台美術とミルピエの振付からなる『リフレクションズ』、ミルピエが一目を置く気鋭の振付家エマニュエル・ガット(パリ・オペラ座にも作品を振付け)の『モーガンズ・ラスト・チャグ』、そして『クインテット』ではダンサーたちの驚くべきタレントに触発されたウィリアム・フォーサイスがL.A.版を新たに再振付したそうです。

「クインテット」
http://youtu.be/mW52n7iex_U

L.A.Dance Projectはまだ歴史は浅いものの、パリ・シャトレ座とロサンゼルスのミュージック・センター、ロンドンのサドラーズ・ウェルズ、リヨンのメゾン・ドゥ・ラ・ダンスをパートナーとするなど大変注目されています。来日公演前の10月には、ニューヨークのBAM(ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック)でも公演を行います。NYCBの元プリンシパルであるセバスチャン・マルコヴィッチがバレエマスターを務めています。

今後のパリ・オペラ座バレエの方向性を占う上でも、見逃せない公演となりそうです。また、現在、パリ・オペラ座の「水晶宮」と併せてミルピエ振付の「ダフニスとクロエ」も映画館で上映されていますので、こちらも併せて観ると非常に興味深いことでしょう。

日時
2014年11月8日(土) 開演15:00、9日(日) 開演15:00

会場
彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

上演作品
バンジャマン・ミルピエ振付『リフレクションズ』
エマニュエル・ガット振付『モーガンズ・ラスト・チャグ』
ウィリアム・フォーサイス振付『クインテット』

出演
L.A. Dance Project

主催・企画・制作
公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

【チケット取扱い】
■SAFチケットセンター
・電話
0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
・SAFチケットオンライン
ご購入はこちら

■プレイガイド
・チケットぴあ http://t.pia.jp/ (PC&携帯)
0570-02-9999(音声自動認識/Pコード:438-769)
・イープラス http://eplus.jp (PC&携帯)
・ローソンチケット http://l-tike.com/ (PC&携帯)
0570-000-407(オペレーター対応)
0570-084-003(Lコード:38933)
【お問い合わせ先】
SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

« ウィーン国立バレエの「マイヤリング」「くるみ割り人形」「ヨゼフの伝説」ネット配信 | トップページ | クロアチア、ボスニア旅行記(モスタル、サラエヴォ)最終回 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

Naomiさん、こんにちは。

毎日、楽しみにブログを拝見しています。
お父様のこと心よりお悔やみ申し上げます。
私も先日クロアチア旅行から帰って来たばかりです。
運転手さんもマリオさんでした。
ドゥブロブニクでは、城壁巡りはできたのですが、強風でケーブルカーに乗車できずに残念でした。
Naomiさんとお父様は乗れて本当に良かったです。
戦争の傷跡を感じさせる景色もあり、感慨深い旅になりました。

お父様は、最後に娘さんとご旅行ができて
お幸せなお気持ちで旅立たれたと感じます。きっと天国から見守っていらっしゃいますね。

こんにちは。

クロアチア旅行に行かれたのですね!クロアチア、本当にいいところでとても気に入りました。でも、今すぐはやはりつらいので、何年かたった後に行くのが良さそうです。
マリオさん!同じマリオさんかな?背の高い、寡黙だけどなかなか素敵なおじさんでした。

ドブロヴニク、風は強くなかったのでケーブルカーで上に上がれたのですが、お天気はちょっと悪くてやや寒かったです。しかも父が上に杖を置いて行ってしまって一時間観光ができずに待ちぼうけを食らわされたので、父に対してちょっと怒ってしまったのですが、あんなに怒らなければ良かった。

でも、彼にとっては楽しい旅だったようで、友達に写真を見せて嬉しそうにしていたと聞いて、救われた気がします。きっと見守ってくれることでしょう。

Naomiさま

ご返事ありがとうございます。
スマホの調子が悪く、無記名になってしまってコメントも違う場所に記入してしまい、大変失礼しました。

マリオさんは、若い方でしたので人違いのようですね、すみませんでした。

私も両親が高齢のため、お気持ち良くわかります。旅行などに行くと疲れも出てついつい怒ってしまって、後々後悔することが多いですよね。
でもお父様は、まったく気にしいらっしゃらなかったですよ!
親子とはそういうものだと思います。

クロアチアは、良いところですよね!

私も、プリトヴィチェ国立公園が、雨による増水のため一週間前から遊歩道が閉鎖していて橋が渡れず残念でしたので、リベンジしたいですが、なかなかハードな旅行だったので考えてしまいます。

Naomiさんもまたお気持ちが落ち着かれたらご旅行なさってください。

なっちゃんさん、こんにちは。

そうなんですよね…父はちょっと足が悪かったりしたし、ツアーでほかのお客さんもいたので遅れがちになったりしてちょっとイラッとしてしまったところがあって、本当にお父さんごめんね、って感じです。

プリトヴィチェ国立公園、私も行ったときは雨で増水していたんですよね。予報も雨だったし。確かに水位が上がっていて歩けなかった場所もあったのですが、奇跡的にその日は晴れて、橋も渡れたんですよね。クロアチアは、本当に素晴らしいのですが、交通が若干不便なので行くのが大変なところがあるというか、個人旅行では行きにくいかな、と思うのでした。

また旅行も行きたいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィーン国立バレエの「マイヤリング」「くるみ割り人形」「ヨゼフの伝説」ネット配信 | トップページ | クロアチア、ボスニア旅行記(モスタル、サラエヴォ)最終回 »