BlogPeople


2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ロイヤル・バレエの昇進発表 | トップページ | 「パトリック・ド・バナ&フレンズ」ガラでルグリとゲランが共演 »

2014/07/10

ニコラ・ル・リッシュのアデュー公演中継/アーカイヴ

7月9日にニコラ・ル・リッシュのアデュー公演が行われました。この公演はインターネットで生中継されましたが、この映像は現在もアーカイヴとして視聴できます。いつまで観られるかわからないので、お早目に。

http://concert.arte.tv/fr/soiree-exceptionnelle-nicolas-le-riche-lopera-de-paris

実は私は7・4-8までパリに行っていたのですが、残念ながらこの公演のチケットは買えなかったので、帰国後そのままリアルタイムで視聴しました。

Roland Petit Les Forains (The Entertainer(旅芸人)) (Enter Showmen)
Avec : l'école de danse de l'Opéra National de Paris


David Lichine Bal des cadets (Solo small drum)
Avec : l'école de danse de l'Opéra National de Paris


Rudolf Nureyev Raymonda 「ライモンダ」 (Act II, Dance Arabic)
Avec :
Raymonda - Dorothée Gilbert
Abderam - Stéphane Bullion
Henriette - Sae Eun Park
Clémence - Séverine Westermann
Bernard - Pierre-Arthur Raveau
Bérenger - Axel Ibot
Les Sarrasins - Aubane Philbert, Allister Madin
Les Espagnols - Daphné Gestin, Yann Saïz


Vaslav Nijinsky 's Afternoon of a Faun 「牧神の午後」
Avec :
Le Faune - Jérémie Bélingard
La Grande Nymphe - Eve Grinsztajn
Les Six nymphes - Juliette Gernez, Peggy Dursort, Claire Gandolfi, Sophie Mayoux, Caroline Osmont, Gwenaëlle Vauthier


Roland Petit Le Jeune Homme et la Mort 「若者と死」
Avec :
La Mort - Eleonora Abbagnato
Le Jeune-homme - Nicolas Le Riche


Mats Ek Apartment 「アパルトマン」 ("The Door" Pas de deux)
Appartement
Avec : Sylvie Guillem, Nicolas Le Riche


Nicolas Le Riche Caligula 「カリギュラ」 (Caligula and Incitatus)
Avec :
Caligula - Mathieu Ganio
Incitatus - Audric Bezard


Maurice Béjart Bolero 「ボレロ」
Avec : Nicolas Le Riche (soliste), Josua Hoffalt, Karl Paquette

残念ながらギエムとの「アパルトマン」はギエムの希望により中継はされなかったようですが、彼女自身はカーテンコールに登場しています。

やはり圧倒的に素晴らしかったのが「若者と死」と「ボレロ」でした。「若者と死」のニコラ、とても引退するとは思えない、浮かび上がるように高くて力強く鋭い跳躍、苦悩に満ちた演技、圧倒的なものでした。ローラン・プティ作品では定評のあるエレオノラ・アバニャートの死も、邪悪で容赦なく凄かったです。

「ボレロ」のニコラは、雄大で力強く、カリスマ性に溢れていました。カーテンコールでほかのダンサーと並ぶと実はそこまで大柄ではないのがわかりますが、円卓の上の彼は本当に大きいんですよね。しかも、最後まで涙はなく、満ち足りた幸せそうな表情でした。リズムのソリスト、カール・パケットとジョシュア・オファルトも美しく、男性に対して使う表現ではないのですが花を添えた感じです。

ニコラが振付けた「カリギュラ」、怪我で出演できなかったマチアス・エイマンに代わって馬を踊ったオドリック・ベザールが表現力豊かでとても魅力的で、良かったです。

「ライモンダ」では、産休に入っていたドロテ・ジルベールが舞台に復帰した姿も見られました。

長く続いたカーテンコールも感動的で、クロード・ベッシーも登場。最後はクレールマリ・オスタと、二人のとても可愛らしい娘さんまで出てきました。とても和やかなカーテンの裏の様子まで見せてくれたのがとても嬉しかったです。ニコラの温かい人柄が伝わってくる素敵なフィナーレでした。

フランスではテレビ放映もされるそうですが、ぜひ日本のテレビでも放映してほしいですよね。

それにしても、まだまだ完璧に踊れて圧倒的なスターオーラに溢れているニコラが引退しなければならず、しかもオペラ座内にポストが用意されていないということを考えると非常に残念な思いがします。ヌレエフ時代の最後のダンサーである彼のアデューとともに、一つの時代が終わってしまったことを実感します。

彼は今後もダンサーとしての活動を続け、11月にはシャンゼリゼ劇場での公演も予定されています。
http://www.theatrechampselysees.fr/danse/danse/carte-blanche-a-nicolas-le-riche?from_calendar=1

ここでは、ニコラのカリスマ性あふれる舞台写真10選を見ることができます。
http://culturebox.francetvinfo.fr/scenes/danse/les-10-images-inoubliables-de-nicolas-le-riche-a-lopera-de-paris-158637

これは、フェアウェル・ガラの舞台写真
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.909247275755722.1073741860.111926215487836&type=1

ニューヨークタイムズでのレビュー。
http://www.nytimes.com/2014/07/11/arts/dance/nicolas-le-riche-ends-career-at-paris-opera-ballet.html

Telegraph紙のレビュー
http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/10959169/Nicolas-Le-Riche-farewell-gala-Opera-Garnier-Paris-A-truly-marvellous-dancer.html

この記事によれば、このアーカイヴは3か月間は視聴可能なのだそうです。

パリ・オペラ座バレエ「カルメン/若者と死」 [DVD]パリ・オペラ座バレエ「カルメン/若者と死」 [DVD]
コローネ管弦楽団

クリエイティヴ・コア 2009-10-21
売り上げランキング : 10339

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ロイヤル・バレエの昇進発表 | トップページ | 「パトリック・ド・バナ&フレンズ」ガラでルグリとゲランが共演 »

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

何度もすいません。とうとう、ニコラもアデューしたのですねcoldsweats01 涙はなく、常に笑顔と言うのが、ニコラらしいですね。ニコラも、シルビーとの「マグリットとアルマン」を観に行ったことがあります。DVDも出ていますけど…最高だと思いました。2人とも役を生きていました。「ブラビー」って言ったら、ハッとした顔をされて私の方を見てくれたのを今でも覚えています。 サインしてくれるときもシルビーもニコラもとても優しかったです。

カリギュラ、マチアスが出れなくて残念ですが、ライモンダにアクセルの名前がありますね。この前、スジェに上がったんですよねcoldsweats01 スーパーバレエレッスンで見てからなんとなく気になって、応援しています。アクセルの名前を見つけると嬉しくなります。しかし、さすがにシルビー…許可しないなんて、でも別のときは放映されましたよねcoldsweats01 東日本大震災のときでしたかね、ニコラと一緒でしたけど…シルビーはロイヤルバレエの記念ガラのときも、マノンの沼地のパをカットhairsalonさせて…しかも、生中継だったんですよね。女王の意思の強さに驚いたことを覚えています。
ニコラにはオペラ座に関わってもらわないと困りますね。フランスの至宝じゃないですかsign01ゲランさんもルディエールさんも、イレールさんもニコラもシルビーもマニュエルも居ないオペラ座はいかにも、寂しいですねweep ミルピエ監督がどうするかsign01スーパースターが出るのか、前を見据えて行くしかないです。これからのオペラ座に期待します。

かっちゃんさん、こんにちは。

お返事が遅くなりました。私もシルヴィ・ギエムとの「マルグリットとアルマン」を観に行きました。でも作品自体が私あまり好きではなく…。二人の演技はもちろん素晴らしかったですけどね!

アクセル、頑張っていますね。この間スジェに上がったのは嬉しかったです。ラトマンスキーの「プシュケ」でも目立つ位置で踊ってました。

ギエムのアパルトマンは、確かにHOPE JAPANの時には放映されました。あの時は特別だったんでしょうかね。

そうなんです、おっしゃる通り、ニコラはフランスの至宝だと思います。次期芸術監督にも立候補したのに、イレールともどもミルピエに負けちゃったんですよね。本当にオペラ座の行く末が心配です。ゲランは今度、ド・バナのガラでルグリと共演するそうですが。でも、時代が変わっちゃったんでしょうね。

naomiさん

いつも丁寧にありがとうございます。
そうなんですねcoldsweats01私なんかシルビーが映像に残してくれただけで、舞い上がってしまってました。
シルビーは、白鳥とマノンは良かったですけど…眠りは、さすがに、良いとは思わなかったです。シルビーに関係なく、naomiさんのお好きな作品を良かったら教えてください。
ゲランさんがまた踊るんですね。嬉しく思いますけど…やはり、特にバレエはサイクルが早いので(-.-)、伝説のダンサーって感じでしょうか?ゲランさんも大好きでした。
アクセルそうですよね。頑張っていますよね。応援しています。
ミルピエ監督って、よく知りません。イレールさんもニコラも退けたのはそれだけ素晴らしいのでしょうか?
シルビーやニコラのようなエトワールを育てて欲しいですね。なかなか難しいことでしょうけど…そして第3のエトワール、群舞をも大事にして欲しいです。

かっちゃんさん、こんにちは。

私は実は意外とバレエ鑑賞歴が浅く、90年代の初頭に観ていた時はバレエファンの友達に連れて行ってもらって年に数回は行っていたものの、何を観たのかも当時買ったパンフレットを見返して思い出している始末でして…ちゃんと見るようになったのは2000年代になってからです。
シルヴィでは、私はアクラム・カーンとの「聖なる怪物」と、マッツ・エック振付の「アジュー」、そして「カルメン」が最近では良かったと思います。演劇的な作品はあまり合わない気がします。若い時の古典はさすがに素晴らしいですよね。

イザベル・ゲランは、引退後はロビンス作品などの振付指導などで活動されていたり、今もちゃんと毎日ニューヨークでバレエクラスを受けていらっしゃるようです。彼女は本当に素晴らしいバレリーナでしたよね。

第三のエトワール、群舞も本当に大事ですよね。。。最近怪我をする人が多いということで、ミルピエになったらクラスレッスンに参加する義務を廃止したりするそうですが、それがいいことなのかどうかは私にはわかりません。

naomiさん

ありがとうございます。バレエ観賞歴がそんなに長くないって、びっくりしました。ずっと観てらしたのかと思ってました。
シルビーの「アデュー」私も良かったって思いました。DVDでみましたけど…いままでの全ての踊りが凝縮されて、シルビーの感謝の気持ちと、これはどうだったかしら…さようならっていう気持ち、何か、いろいろな気持ち、全てが表現されていることが感じられて、とても感動しました。加えて、シルビーとの別れが悲しく、心射たれました。素晴らしいと思いました。エックはやはり、天才ですね。あらためて、思いました。

「カルメン」も良かったとのこと、嬉しいhappy01です。やはり、シルビーはバレエの女王です。
ヌレエフガラのDVDが発売されるみたいです。ライモンダのパが収録されていることなので、とても楽しみです。ゲランさんニューヨークにいらっしゃるのは存じておりましたが、そんなに活躍されていることがわかって嬉しいです。ご主人がアメリカの方ですよね。

いろいろありがとうございます。これからも、よろしくお願いします。

かっちゃんさん、こんにちは。

シルヴィ・ギエムの「アジュー」は、彼女のHOPE JAPAN公演で観ましたが、本当に感動的で途中から涙が出てきました。一人の女性の人生の軌跡を感じさせるものでしたね。本当に私もマッツ・エックは素晴らしいと思います。

ヌレエフガラのDVDも予約したので、届くのが楽しみですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロイヤル・バレエの昇進発表 | トップページ | 「パトリック・ド・バナ&フレンズ」ガラでルグリとゲランが共演 »