BlogPeople


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« シルヴィ・ギエムが2015年に引退? | トップページ | シディ・ラルビ・シェルカウイ振付「バベル」、8/3特別番組放映 »

2014/07/31

エトワール・ガラ2014が開幕しました

素晴らしかったです~。まずはとにかく、ハンブルグ・バレエのシルヴィア・アッツオーニとアレクサンドル・リアブコによる「マーラー交響曲三番」と「アルルの女」が凄すぎました。これを観ただけでチケット代の元が取れたと言えるほどです。「マーラー交響曲三番」ではあまりの美しさに涙が止まらなくなったほどです。また、リアブコのフレデリの狂気のほとばしり方も凄かった。ハンブルグにまた観に行きたい!って思いました。ハンブルグ・バレエ、来日熱望です。

それと、最後の「イン・ザ・ナイト」が美しかったですね。世界で一番美しい脚の持ち主であるイザベル・シアラヴォラと、バンジャマン・ペッシュのパートナーシップは、エレガントで優雅そのもの。2番目のペア、ドロテ・ジルベールとマチュー・ガニオは華やかでグラマラス、3番目のローラ・エケとエルヴェ・モローも良く似合うペアで、エルヴェの大きな踊りには思わずうっとりです。金子三勇士さんのピアノ演奏もとても素敵でした。

同じく金子さんがピアノ演奏をした、「月の光」は、イリ・ブベニチェク振付による世界初演のソロ。エルヴェ・モローの長い腕、長い脚を存分に生かした動きは雄弁でしなやかで、月の光と音楽と一体化して、何とも言えない美しい幻のようでした。

詳しい感想はまた後日書きますが、とにかく良い公演でしたので、チケット買っていない方もぜひ!当日券もあるそうです。

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/14_gala/index.html

フジテレビのニュース映像では、名古屋公演の舞台映像と、東北、仙台でのダンサーたちによる被災地レッスンの映像を観ることができます。
http://youtu.be/aCM6_Gsnw7M

マチュー・ガニオのインタビュー記事(朝日新聞)
http://astand.asahi.com/entertainment/starfile/ASG7Q4TG4G7QUEHF00Q.html?iref=com_fbox_u06

パリ・オペラ座のダンサー、福島の子供たちを指導 Paris ballet stars give master class to Fukushima students
http://youtu.be/0AsvOvbJ6GY

« シルヴィ・ギエムが2015年に引退? | トップページ | シディ・ラルビ・シェルカウイ振付「バベル」、8/3特別番組放映 »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、こんにちは。
以前、1回コメントさせていただいた者ですが、久しぶりにコメントさせていただきます。
僕もエトワール・ガラ2014Aプロ、観てきました。
もともと「マーラー交響曲第3番」が観たくて購入したチケットだったので、デュオ部分の上演だけになってしまったのは、ちょっと残念でした。。。
ただ、naomiさんの書かれているとおり、ハンブルグの二人の踊りは素晴らしかったと思います。
そして、期待していた「アルル」と「イン・ザ・ナイト」。
今までさまざまな男性ダンサーたちが素晴らしい踊りを魅せてくれてきた「アルル」ですが、リアブコも凄かったですね!かつては世界バレエフェスティバルなどでも毎回観ることのできたプティ作品も、最近では上演される機会があまりなく、残念に思っています。昨日の舞台を観て、あらためてプティ作品の素晴らしさを感じました。
「オーチャード25周年ガラ」でも熊川くんと吉田さんの「アルル」があるので、今からとても楽しみです。
「イン・ザ・ナイト」は、オペラ座の本気を観た気がしました(笑)久しぶりに観たマチューが印象深かったですね。そして三勇士さんのピアノ!視覚+聴覚でショパンの音楽に浸れた時間でした。
僕は、第三部だけで元がとれたと思いました(笑)

hiroshiさん、こんいちは。

「マーラー交響曲三番」、確かに予定されていたところがなくなってデュオだけになってしまったのは残念でしたよね。キャスト変更に伴うプログラム変更は、残念ながらほとんど裏目に出てしまっていましたが、怪我人などでキャストが変わってしまったので仕方ありませんよね。

それでも、本当に「マーラー交響曲三番」の二人は凄くて、もう途中から涙が止まらなくなりました。リアブコの「アルル」も凄かった。この作品を踊るのは今回が初めてなのだそうですが、さすがです。

「イン・ザ・ナイト」おっしゃる通り、オペラ座の本気を観た気がしましたね!マチュー、今回、ものすごく成長していて、サポートも上手くなったし、逞しくなって、一時の伸び悩みがウソのようです。金子さんのピアノも素敵でした。音楽の良い舞台はいいですよね。そう、この三部は最高に素晴らしかったです。私は最終日にもう一度見ます。Bプロは土曜日に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルヴィ・ギエムが2015年に引退? | トップページ | シディ・ラルビ・シェルカウイ振付「バベル」、8/3特別番組放映 »