最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« フィリップ・ドゥクフレ カンパニーDCA 『PANORAMA ―パノラマ』/追記 | トップページ | ローザンヌ国際コンクール入賞者の行き先 »

2014/05/04

ウクライナ情勢とバレエ

クライナでは、南部の港湾都市オデッサで、政権支持派と親ロシア派の衝突のさなかに建物の火災があり、数十人が死亡したということが起きています。ウクライナ内務省の発表によると、オデッサでは建物火災や、ウクライナの統一支持派の集会に対する親ロシア派の攻撃をきっかけとした街頭での衝突で37人が死亡し、約200人が負傷したそうです。

バレエファンなら、ウクライナではバレエが大変盛んで、キエフ・バレエを始め多くのバレエ団があり、またザハロワ、ロパートキナ、マトヴィエンコ、サラファーノフなど多くの国際的なスターがウクライナ出身であることをご存知かと思います。

ウクライナのバレエ団でも、何人かの日本人ダンサーが活躍しています。今回の衝突が起きたオデッサでは、オデッサ歌劇場バレエ団で3人の日本人ダンサーが踊っています。なので、彼らが無事に過ごされているのか、とても心配です。もちろん、日本人だけでなくウクライナ人のダンサーの皆さんたちについても心配ですが。

大川航矢さん/バレエダンサーの日常(ウクライナ)/踊り手である前に芸術家
http://www.toonippo.co.jp/rensai/ren2011/sekai-machikado/20131122.html

オデッサ歌劇場バレエ団の芸術監督は、ボリショイで活躍していたユーリ・ヴァシュチェンコなのですね。

昨年のバレエ・アステラスに大川航矢さんと寺田 翠さんが出演されたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。ボリショイ・アカデミー出身で素晴らしいテクニックの持ち主です。2012年のペルミでのアラベスク・コンクールでは、大川さんが1位、寺田さんが2位で、マキシモワとワシーリエフを記念したベストデュオ賞も受賞しました。大川さんは2011年のローザンヌ国際コンクールにも出場して、コンクールのビデオブログでそのテクニックの素晴らしさを見せてくれました。

http://youtu.be/2CceAUY2gno

http://youtu.be/1v4VCs6DHOA

先月のロシア、カザンの新聞記事に載っている大川さんと寺田さんのインタビュー(ロシア語)
http://www.evening-kazan.ru/articles/u-vas-pochemu-to-normalno-byt-nepochtitelnym-k-cheloveku.html


自動翻訳で読んだのでどれくらい正確に理解できているのかわからないのですが、ウクライナでは法律が変わって国立劇場で外国人のダンサーを雇うことができなくなってしまったようです。そのため、彼らはオデッサを去り、タタールスタン共和国の首都、カザンのタタール国立オペラ劇場に移籍するとのこと。書類が通れば晴れて入団できるようです。二人とも小柄であり、またソリストでの契約を希望しているため、ロシアのバレエ団に入団するのは簡単ではなかったようですが、無事入団できる見通しです。ここでは安心して踊れますように。

毎年5月にカザンで行われているルドルフ・ヌレエフ国際バレエ・フェスティバルの「ジゼル」でペザント・パ・ド・ドゥ、そして「ラ・バヤデール」では寺田さんはマヌー(壺の踊り)と影の王国の第一ヴァリエーション、大川さんはブロンズ・アイドルを踊る予定です。

3月27日にカザンで行われたバレエフェスティバルに二人は出演していました。その時のテレビ番組で、寺田さんがインタビューされている映像が観られます。(ロシア語ですが)
http://m.kzn.tv/kzntube/kulturu-v-massy-v-novom-formate/

タタール国立オペラ劇場についての詳しい日本語の記事がここにありました。とてもレベルの高い劇場のようです。
http://www.jic-web.co.jp/pa/ttr.html

最近では、タタール国立オペラ劇場のデヴィッド・ザレーフがモスクワ国際コンクールで金賞を受賞し、マリインスキー・バレエに移籍しました。
http://www.mariinsky.ru/en/company/ballet/second_soloists/dancers4/zaleyev2/

*******
オデッサ歌劇場バレエのダンサーたちは、プーチンに抗議して、オデッサの軍事史博物館の前で「白鳥の湖」の四羽の白鳥を踊り、その様子はテレビでも放映されました。
http://www.themoscowtimes.com/news/article/ukrainian-ballerinas-turn-swan-lake-into-subversive-anti-putin-performance/499300.html

オデッサ選出の国会議員がこのように挨拶しています。「何百万人ものソヴィエトの人々にとって、「白鳥の湖」がテレビで放映されることは、国のリーダーシップの変化のしるしでもあります、大統領の死や、彼がクーデターの結果追放されるときののいずれか、です」

http://youtu.be/yIyBZFFCrtg

そういえば、キエフ・バレエの来日公演で活躍しているデニス・ニェダクは、ABTの「ラ・バヤデール」にゲスト出演することが発表されました。ケガ人が多いABTでは、主役男性ダンサーが足りなくなってしまい、世界中のダンサーに声をかけているようです。ウクライナ情勢は大変ですが、困難にも負けずウクライナのバレエのレベルの高さを世界に証明するチャンスですね。
http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=481

« フィリップ・ドゥクフレ カンパニーDCA 『PANORAMA ―パノラマ』/追記 | トップページ | ローザンヌ国際コンクール入賞者の行き先 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

先日、4月18日に、ボリショイ劇場にて、ウラジミル・ワシリエフ生誕75年を記念して、ワシリエフプロデュースの「平和を与えよ」が初演され、その第1部で寺田翠さん、大川航矢さんが活躍されていました。この公演がロシア国営テレビでも放映されました。劇場でご覧になられた評論家の方にも好評だったようです。

古典バレエ研究のサイトより舞台評
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1048774815151027&id=242225689139281

4月18日 公演 テレビ放送された全幕映像
https://www.youtube.com/watch?v=UMFKrwIMAZk

                               

ロシアバレエ大好きさん、こんにちは。

ちょうど私もロシアにバレエを観るために出かけていたのでした。ロシアバレエって本当に素晴らしいですよね。

赤尾さんの記事のご紹介ありがとうございます。寺田さん、大川さんはロシア人の中にあっても素晴らしかったとのこと、嬉しいですよね。

この作品、非常にスケールが大きく壮大で圧巻ですね。ご紹介ありがとうございました。寺田さん、大川さんは19分すぎから出てきますね。

naomiさん コメントありがとうございます! ロシアに行かれていたのですねっ。羨ましいです。私はひたすら、映像や写真、来日公演を楽しんでいます。そして、いろいろな方の舞台評を読んでは自分が観た気になっています。(笑) ロシアのバレエはみなさん容姿も美しいですし、踊りが大きい感じがして好きです。これぞ、バレエみたいな・・。(素人なのでよくわかりませんが・・) いつか本場の豪華絢爛な劇場でバレエを観たいです。

ロシアバレエ大好きさん、こんにちは。

お返事が遅くなりました。
一度是非機会があればロシアに行かれてくださいね~。ビザを取るのが若干面倒くさいですけど、ロシア人のバレエや芸術文化に対するものすごい愛と、街の美しさ、本場で観るバレエと、バレエ好きならたまらないと思います。私もまだ今回で2回目、サンクトペテルブルグは初めてなので、何も偉そうなことは言えないのですが。そう、マリインスキーにしても、ボリショイやミハイロフスキーにしても、ダンサーの体型がそれはそれは美しいですし、バレエのタイプとしてはやはり私はロシアバレエが好きなんだな、と改めて実感しました!

ありがとうございます。 ますますロシアに観に行きたくなりました! 本気で計画してみますっ。

ロシアバレエ大好きさん、

ぜひぜひ!以前ボリショイを観に行ったときに、どのようにビザを取ったかと言ったことも書いていますし、ボリショイ劇場やそこで観たバレエの話も書いているので良かったらご覧くださいね。今ちょっと忙しいのですが、そのうちサンクトペテルブルクについても書こうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィリップ・ドゥクフレ カンパニーDCA 『PANORAMA ―パノラマ』/追記 | トップページ | ローザンヌ国際コンクール入賞者の行き先 »