BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 「シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界」 | トップページ | 「ロイヤル・エレガンスの夕べ2014」トークショー »

2014/03/08

ウィリアム・フォーサイスがフォーサイス・カンパニーの芸術監督を退任

2005年以来、ウィリアム・フォーサイス率いるフォーサイス・カンパニーは、フランクフルト・アム・マイン市とドレスデン市の両方に本拠地を持っていました。

ところが、現在64歳のフォーサイスが重い病気にかかってしまったため(病名は不明)、今後彼が芸術監督を続けるのは難しいということで退任することが報道されています。
http://www.sz-online.de/nachrichten/kultur/?pubdate=06.03.2014 (ドイツ語、本文は有料のため読めなくて見出しのみ)

フォーサイス・カンパニーとドレスデン市との契約は2016年までとなっており、150万ユーロの予算が拠出されています。ドレスデンの市長は、この契約を2018年まで延長したいと提案していますが、それに対して、フォーサイス・カンパニーは、フォーサイスは退任し、2015年9月より、ダンサーであり振付家でもあるJacopo Godaniが新しい芸術監督となると回答したものです。Jacopo Godani は1991年から2000年までフランクフルト・バレエのソリストで、フォーサイス・カンパニーでもいくつも振付を手掛けているとのことです。

ドイツ語の詳しい記事

http://www.dnn-online.de/dresden/web/regional/kultur/detail/-/specific/Fuehrungswechsel-bei-Forsythe-Company-Tanzensemble-soll-weiter-in-Dresden-bleiben-1795463017

先ほどの見出しのみ読める記事の中身ですが、ballet.coフォーラムなどによると、フォーサイスの病状は深刻で、少なくとも今後新作を振付けるのは難しいのではないかとのことです。

フォーサイスは20世紀~21世紀の重要な振付家の一人であり、非常に気になるというか心配なニュースです。


なお、ドレスデン市の野党ドイツ社会民主党の議員は、1公演あたりドレスデン市が6万ユーロを助成するという今回の契約更新内容について、多額過ぎると批判しているそうです。
http://www.dnn-online.de/dresden/web/regional/kultur/detail/-/specific/Dresdner-SPD-kritisiert-geplante-Vertragsverlaengerung-mit-Forsythe-Company-802674447

« 「シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界」 | トップページ | 「ロイヤル・エレガンスの夕べ2014」トークショー »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

フォーサイスについては、別の報道と公式発表によればUSC(南カリフォルニア大学)に新たに設立されたSchool of Danceの客員教授に2015年秋学期から就任するという話があります。

NY Timesの記事:
http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2014/05/07/william-forsythe-to-join-u-s-c-dance-school/

USC School of Dance公式サイト:
http://kaufman.usc.edu/

フルタイムでやるわけではないようなので、この新しい仕事のためにカンパニー(それも自分の名前を冠したカンパニーの)監督を辞めるとも思えないのですけどね。

全くの余談ですが、このUSCのSchool of Dance設立にあたって資金を寄付した Glorya Kaufman というアメリカ人実業家の未亡人はアルビンエイリーのスポンサーでもあった人です。

ぷらりんさん、こんにちは。

お知らせありがとうございます。ロサンゼルスタイムズの記事で読んでいて知ってはいたのですが、現在東欧を旅行中でブログを更新する余裕がありませんでした。残念ながら今回はバレエ旅行ではなくて親孝行の旅です…。フォーサイス、健康上の理由で退くということでしたが、体調は大丈夫なのでしょうか。もちろん、元気なのだったら嬉しいことです。

USCのダンス学部って2012年にできたばかりの新しい学科なんですね。アルヴィンエイリーのスポンサーの方だったとは、ちゃんと記事を読んでいなくて知りませんでした。アメリカの裕福な人はこうやってポンとお金を文化のために寄付してくれて素晴らしいですね!

謹言

す が た に て み を つ く ろ は む た ま み づ の た き つ も だ し そ と り さ か り を る

ガホーンと引きずり出せるテーブルの数の二十がそろい踊る場


william forsythe-one flat thing reproduced 01/03,you tube…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界」 | トップページ | 「ロイヤル・エレガンスの夕べ2014」トークショー »