最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ウィーン国立バレエの2014/15シーズン | トップページ | マシュー・ボーンの「白鳥の湖」チケット発売情報とスケジュール »

2014/03/26

bachtrack掲載英文レビュー パリ・オペラ座「椿姫」、カナダ「白鳥の湖」、「オネーギン」、ABT来日公演など

ちょっとここのところ、なかなかバレエを観に行った感想をアップできずに申し訳ありません。英文レビューを書くのが予想以上に大変で、日本語まで手が回っていないのが現実です。英文レビューのリンクをとりあえず貼っておきますね。

まだこれから書きますが、K-Balletの「ラ・バヤデール」は作品的にもカンパニーの力的にも非常にレベル高く楽しめました。ぜひ再演、DVD化を期待したいところです。

パリ・オペラ座バレエ「椿姫」(シアラヴォラ、ガニオ)
http://bachtrack.com/review-paris-ballet-lady-camellias-tokyo-march-2014

ナショナル・バレエ・オブ・カナダ「オネーギン」
http://bachtrack.com/review-national-ballet-canada-onegin-march-2014

ナショナル・バレエ・オブ・カナダ「白鳥の湖」(ルンキナ、マッキー)
http://bachtrack.com/review-national-ballet-canada-swan-lake-march-2014

ABT「マノン」(ヴィシニョーワ、ゴメス)
http://bachtrack.com/review-feb-2014-abt-manon-tokyo

ABT「オールスターガラ」
http://bachtrack.com/review-feb-2014-abt-all-star-gala-tokyo

ABT「くるみ割り人形」(パールト、ゴメス)
http://bachtrack.com/review-feb-2014-american-ballet-theatre-nutcracker-japan

« ウィーン国立バレエの2014/15シーズン | トップページ | マシュー・ボーンの「白鳥の湖」チケット発売情報とスケジュール »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

naomi様、お久しぶりです。

ABTの「マノン」、ヴィシとゴメスということで久しぶりに遠征しましたが、遠征して本当に良かった!
レビューに書かれているように、マノンの造形って難しいと思うのですが、ヴィシ本人の時々過剰かなと思えるくらいの官能的なところに、マノンの役柄の無邪気さや愚かさや残酷さがうまい具合にマッチしているように思えました。あとゴメスのパートナリングの丁寧さに非常に感心しましたね。沼地のPDDは本当に素晴らしくて、忘れられないです。

カナダの「オネーギン」、ちょっと残念だったんですね。来年の日本である本家の公演に期待します(笑)

sandyさん、こんにちは。

ヴィシニョーワとゴメスの「マノン」は本当にすごかったですね~鮮烈なインパクトがありました。私は以前、ABTで2007年だったか、ヴィシニョーワとマラーホフが共演したマノンを見ているのですが、その時はヴィシニョーワがあまりにも生命力が強すぎて、沼地でも全然死んでいなかったのに、この6年間での彼女の進化は凄いと思いました。そう、マルセロはパートナーリングが素晴らしいし、うまくヴィシニョーワを受け止めることができる演技ができていたので、ここでは相性がぴったりでした。(去年のヴィシニョーワのガラでの「オネーギン」「椿姫」はちょっといまいちでしたが、今回は、本当に凄いものを見せていただいて感謝です)

カナダの「オネーギン」は主役二人以外はとても良かったんですけどね~来年、シュツットガルト・バレエが来日公演でやるのでこれは本当に楽しみです。キャストは不明ですが、11月頭にはシンガポールでもシュツットガルト・バレエの「オネーギン」が予定されていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィーン国立バレエの2014/15シーズン | トップページ | マシュー・ボーンの「白鳥の湖」チケット発売情報とスケジュール »