BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« デニス・マトヴィエンコのプロジェクト「グレート・ギャツビー」 | トップページ | Googleでパリ・オペラ座を見る―ガルニエとエトワールたち »

2014/03/30

ローザンヌ国際コンクールの放映は5月10日(土)

今日、NHKバレエの饗宴を観に行きました。

吉田都さんのシルフィードはふわふわと軽やかで足音もさせなくてまさに妖精でしたね~。愛らしかったです。フィリップ・バランキエヴィッチのジェームズもとても良かった!足先が綺麗で、アントルシャには高さがあってよく浮いていました。これで今シーズンで彼が退団だなんてちょっと悲しすぎます。東京シティバレエの「ベートーヴェン交響曲7番」(ウヴェ・ショルツ)も素晴らしかったです。カンパニーの総合力も高いし、志賀育恵さんはやはり凄い。中村恩恵さんと首藤康之さんは、美しい舞台を観た、という夢のような世界を作り出してくれました。全体的にとても楽しめたので、テレビ放映が楽しみです。

「NHKバレエの饗宴」の放映は、Eテレで4月20日(日)午後9時~「クラシック音楽館」で行われます。
http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/

さて、このNHKバレエの饗宴の会場で、ローザンヌ国際コンクールの放映をアナウンスしていました。チラシなどは配られていなかったので、ソースが自分の耳しかないのですが、5月10日(土)の放映予定だそうです。今年は3人の日本人入賞者がいましたし、放映が楽しみですね。

ローザンヌ国際コンクールで一位の二井治雄さんの活躍ぶりについてのニュースもあちこちにあります。プロ野球、巨人、阪神線の開幕試合でも踊られたとのことでニュースになっていました。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140329-OYT1T00124.htm

これは長野市での催しなのですが、NHKのニュース映像で踊る二山さんの姿を少し観ることができます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140329/k10013349651000.html

たまたま見つけた二山さんがバジルをリハーサルする映像。素晴らしいテクニックです。
http://youtu.be/bXCKnLg3-Bs

これはローザンヌ公式より、受賞した時のソロルの演技
http://youtu.be/fKM7d_kFKGU

テレビ放映と言えば、土曜日に放映されたボリショイのフィーリン裁判の番組はちょっとひどかったですね。決めつけが多くて、オルガ・スミルノワが気の毒になりました。インタビューで出演していたアンジェリーナ・ヴォロンツォーワは、今日(29日)、ミハイロフスキー・バレエの「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」に主演し、シモーヌ役はなんとニコライ・ツィスカリーゼが演じたようです。

ちなみ、この「リーズの結婚」のニュース映像を見ることができます。ツィスカリーゼの女装姿と木靴の踊りも。

http://www.vesti.ru/videos?vid=588214

http://www.ntv.ru/novosti/872216/ (こっちは動画が重いです)

« デニス・マトヴィエンコのプロジェクト「グレート・ギャツビー」 | トップページ | Googleでパリ・オペラ座を見る―ガルニエとエトワールたち »

バレエのTV番組」カテゴリの記事

コメント

フィーリン事件のテレビ番組、本当にひどかったですね。
コーリャ・ツィスカリーゼの苗字がツェスカリゼになっていたし、ヴォロンツォワがヴォロンソワになっていたし、パーヴェル・ドゥミトリーチェンコの名前はひどい読み方で「ぱべる・どみとりちぇんこ」みたいに発音されていたし。これはロシア語が分かる人のチェックが最終的に入ってなかったってことですね!おまけにお騒がせ女ヴォロチコワまで出してくるし・・・。

管理者様もご存知のとおり、ミハイロフスキーのアシュトン版「無益な用心(リーズの結婚)」全幕初演は、シモーヌ役は衣装合わせの写真ではロマン・ペトゥホーフでしたが、さっきfacebookを見たら・・・なぜコーリャ・ツィスカリーゼ???しかも、なんで彼がミハイロフスキー劇場バレエにまで出演してるのか!!!???

ミハイロフスキーのリーズはヴォロンツォーワだったのですが。リーズ役を問題なくもらえる容姿の人が、よりによって白鳥を、くどいようだがよりによってあのオリガ・スミルノワと争えるとでも???(実際どっちが優れてるなんて言える問題ではない。ヴォロンツォーワが「ボリショイの白鳥」にふさわしくない容姿なら、スミルノワだってリーズを演じられる容姿ではない。)バレエを知ってる者から見たら、低俗テレビ屋が作り上げたただのバカ話でした!

ちょうちょさん、こんにちは。

確かにロシア語表記もぐちゃぐちゃでしたね…。ちゃんと取材して番組を作ったかということについては疑問です。スミルノワの名前が出てきたのは、どちらかといえばフィーリンの、後で解雇されたアシスタントの息子と結婚したことでどういう言われているということで、フィーリンと関係があったと断言しちゃまずいでしょう。それにスミルノワは白鳥を下ろされたということはないはずだし(実際来日公演でも白鳥を踊るし)必要以上に事実を捻じ曲げて、テレビ映えするように改変してしまったって感じで、関係者が見たらそれは怒るでしょう。色々と意見はありますが、スミルノワは高い評価を実際得ていて実力がありますからね。

私もツィスカリーゼがミハイロフスキーのリーズの結婚でシモーヌ役というので仰天しました。ワガノワだけでなくこっちにも…。写真などを観てもヴォロンツォーワはリーズ役には容姿はぴったりでしたね。テクニックも強いようだし。おっしゃる通り、白鳥向きではない感じがします。スミルノワがリーズがたぶん似合わないだろう、ということと同様。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デニス・マトヴィエンコのプロジェクト「グレート・ギャツビー」 | トップページ | Googleでパリ・オペラ座を見る―ガルニエとエトワールたち »