BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ミリアム・ウルド=ブラムがお手本見せるiTunesアプリ/Crystal Ballet ワディム・ムンタギロフ | トップページ | タナキル・ル・クラークのドキュメンタリー映画がベルリン映画祭に出品 »

2014/01/17

新国立劇場バレエ団  2014/2015シーズン ラインアップ発表

新国立劇場バレエ団の 2014/2015シーズン ラインアップが発表されました。

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/news/detail/140117_003754.html

2014/2015シーズンのバレエ公演ラインアップ及び主演ダンサー(一部)が、以下のとおり決定しましたので、お知らせいたします。 (※主演ダンサーの未定部分については、決定次第お知らせいたします。)

眠れる森の美女
【演出・改訂振付】 ウエイン・イーグリング

2014年11月8日(土)14:00・9日(日)14:00・11日(火)18:30・13日(木)14:00・15日(土)14:00・16日(日)14:00

【オーロラ姫】米沢 唯(8日)、 長田佳世(13日)、瀬島五月(15日)、小野絢子(16日)
【デジレ王子】ワディム・ムンタギロフ(8日)、菅野英男(13日)、奥村康祐(15日)、福岡雄大(16日)


シンデレラ』 
【振付】フレデリック・アシュトン

2014年12月14日(日)14:00・18日(木)19:00・19日(金)14:00・20日(土)13:00/18:00・21日(日)14:00・23日(火・祝)14:00

【シンデレラ】小野絢子(14日)、長田佳世(19日)、米沢 唯(20日)、寺田亜沙子(21日)


ラ・バヤデール』 
【演出・改訂振付】牧 阿佐美

2015年2月17日(火)19:00・19日(木)14:00・21日(土)14:00・22日(日)14:00

【ニキヤ】小野絢子(17日)、米沢 唯(22日)
【ソロル】ワディム・ムンタギロフ(17日)、福岡雄大(22日)


トリプル・ビル』 

2015年3月14日(土)14:00・15日(日)14:00・19日(木)19:00・21日(土・祝)14:00・22日(日)14:00
演目名:「テーマとヴァリエーション」(ジョージ・バランシン)「ドゥエンデ」(ナチョ・ドゥアト)「トロイ・ゲーム」(新制作、ロバート・ノース振付)

 出演:新国立劇場バレエ団ダンサー


こうもり』 
【振付】ローラン・プティ

2015年4月21日(火)19:00・23日(木)19:00・25日(土)13:00/18:00・26日(日)14:00

【ベラ】海外ゲストダンサー(21日、23日)
【ヨハン】海外ゲストダンサー(21日、23日)


白鳥の湖』 
【演出・改訂振付】牧 阿佐美

2015年6月10日(水)19:00・11日(木)14:00・13日(土)14:00/18:30・14日(日)14:00

【オデット/オディール】海外ゲストダンサー(10日)
【ジークフリート】ワディム・ムンタギロフ(10日)


一言でいえば、失望しました。古典3演目(しかも2つは牧阿佐美版)と、繰り返し再演されて、もうすっかり飽きた「シンデレラ」と「こうもり」。トリプルビルは一つだけ。ビントレー作品は影も形もなし。新芸術監督のあまりの志の低さに呆れました。

ライジング・スターであるワディム・ムンタギロフが3演目にゲスト出演するのは良いことだとは思うものの、せっかく自前ダンサーだけで賄えるレベルを達成したのに、「白鳥の湖」や「こうもり」に海外ゲストダンサーを招聘するのはどうなんでしょう。瀬島五月さんは素晴らしいダンサーだと思いますが、自前の優れた団員があるのになぜゲスト?

ビントレーがバレエ団のために世界初演の新作を振付けたり、ユニークな作品をレパートリー入りさせ、若手ダンサーを登用したり、ダンサーに振付をさせたりして生み出された新風はどこに行ってしまったのでしょう。まるで彼が芸術監督としていたことが、なかったことにされているかのようです。

古典全幕はお客さんは入るでしょうけど、それでは、税金をつぎ込んでバレエ団を運営する意味はないと思います。文化の発展に何も寄与していませんので。


追記:ダンス公演のラインアップも発表されているので、併せてお知らせします。

http://www.nntt.jac.go.jp/dance/variety/#anc2014_15

JAPON dance project
2014年8月30日(土)~31日(日)

新国立劇場バレエ団 DANCE to the Future ~Third Steps~ NBJ Choreographic Group
2015年1月16日(金)~18日(日)

ダンス・アーカイヴ in JAPAN 2015
2015年3月7日(土)~8日(日)

森山開次「サーカス」
2015年6月20日(土)~28日(日)

とりあえず、DANCE to the Future ~Third Steps~の企画が続いていることにはホッとしました。

« ミリアム・ウルド=ブラムがお手本見せるiTunesアプリ/Crystal Ballet ワディム・ムンタギロフ | トップページ | タナキル・ル・クラークのドキュメンタリー映画がベルリン映画祭に出品 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。初めて書かせてもらいます。「失望しました」に同意した者なので、ついコメントを。
ゲストは程々にして、あとは新国ダンサーで見たかったですね。
私としては、牧版が2つもあるなら、代わりにマクミランを入れて欲しかったです。
まぁ〜、牧版くるみがないのはホッとしてますけど(笑)

こんばんは。
来シーズンのラインナップには、私もかなりガッカリしました。
ビントレーさんの振付作品はないのに、牧さんの振付作品が2つあるのは何故???
新国立バレエが築いてきた良いものが、あっという間にうしなわれそうで心配です。世界に誇れるバレエ団になって欲しい。そのためには、バランスとチャレンジが重要ですよね。
こんなこと考えたくはありませんが、ビントレーさんが目指していた方向性は、良くは思われていなかったから、芸術監督の更新が無かったのではないかと勘ぐってしまいます。
とりあえず、新振付の「眠りの森の美女」と「トリプルビル」に期待します。

キノコさん、こんにちは。

ワディム・ムンタギロフをたくさん観られるのは嬉しいのですが、でもそのほかの公演もほとんど初日がゲストなのって、新国立劇場バレエ団のダンサーにとっては、ちょっとモチベーションを削がれるでしょうし、ビントレー時代で、自前ダンサーでも本当に素晴らしい、海外のスターにも負けていないことは証明されているので、残念ですよね。

ほんと、牧版が2つもあるなんてちょっと信じられないです。くるみがないだけまだましですが、せめてマクミランを一つ入れてほしかったなと思います。6演目のうち古典は3つ(シンデレラは古典ではないけど古典に近いし)なんて、今どきちょっと信じられないです。

ashitaさん、こんばんは。

そうそう、いきなりビントレー色が完全に払しょくされて、牧作品が2つ入ったのには目を疑いました。これでは、大原さんは牧さんの傀儡だと言っているようなものです。

3年間のビントレー時代に、バレエ団はものすごく成長したと思うんです。世界初演新作を創造するのは大きなチャレンジだったし、創造のプロセスに参加できてモチベーションも上がったことでしょう。ゲストなしでも素晴らしい公演を上演できたし、様々な作品を取りいれて多様なレパートリーに対応できるようになりました。古典もしっかり上演しながら、現代作品も踊って、とても引き出しを増やすことができたはずです。

忙しい中、そして震災にも見舞われながら、ビントレーが心血注いでやってきたことが、まるで評価されなかったかのようで、これは、観客動員率だけを重視する官僚主義のたまものなのではないかと思うと悲しいです。

トリプルビルだけは、演目として面白そうなので、期待します。会員もやめちゃおうかなって思いました。

はじめまして ブログからいつも貴重な情報をいただいており
情報弱者な一バレエファンとして とてもありがたく思っておりますm(_ _)m

私も日本にバレエを育てる土壌が生まれないのを 本当にほんとうに残念に思います…
生きているうちに、海外のバレエ団のような素晴らしい新作を日本人で観ることができたら
それが夢です。
ダンサーさんの能力も人数もやっと充実してきているのに かわいそうでなりません。

ムンタギロフのゲスト、楽しみです。パートナーはどなたになるのでしょうかね。
ゲストを招聘することによってさらに新しいものを吸収していけば、
と思いましたのでゲスト招聘の復活は嬉しく思いました。

でも、牧版にムンタギロフでなくても・・・。牧版なら自前のダンサーのほうが
よいのでは、と思います。
ゲストの使い方がいまいちな気もします。

こんばんは。昨日新国サイトを見て、「予想以上に酷い・・」とがっくり来てしまいました。白鳥を繰り返し、シーズンゲストとはいえ、シーズン初日の新作にゲスト。。ゲスト依存、古典ワンパターンと言う、旧来の悪癖(とあえて言わせてもらいます)から抜け出られたと思ったのに。

はっちゃんさん、はじめまして!

そうなんですよ~新国立劇場バレエ団は、ダンサーのレベルも非常に高くて、ビントレーの下で優秀なプリンシパル、ソリストが育ったというのに、これでは彼らの能力を十分生かせませんよね。ゲスト中心のキャスティングになっているし、今シーズンも上演する「白鳥の湖」をまた上演するなんて、ホント、つまらないです。(特にこの牧版の白鳥はセルゲイエフ版の劣化コピーですし)

ビントレー時代は、世界初演作品を作ったり、とてもいい環境にあったと思うのですが、観客動員に苦労していたので、本当にくやしいですね~。

meiさん、こんにちは。

ムンタギロフは、世界的にも大注目のダンサーですよね。彼を引っ張って来れたのは凄いと思うんですけど。でも、あんなしょうもない牧版を踊ってもらうのは申し訳ないというか情けないというか…。

たとえばマクミランの作品をやるなら、その作品について習熟しているダンサーをゲストに呼ぶのは正しいことですけどね。

私は、「シンデレラ」も「こうもり」も、こんなにも何回も再演するような価値のある作品とは思えないんですよね。。。マンネリすぎる。プティの再演だったら、せめてコッペリアのほうがまだましだったかな。こうもりはウィーン国立バレエの来日でも上演した作品だし、もういいよ、って思います。

shushuさん、本当におっしゃる通りです。ある程度は覚悟をしていたのですが、ここまでひどいラインアップを出してくるとは予想外でした。一つくらいはビントレー作品を残すと思っていたのに、完全に牧時代に逆戻りというか、牧傀儡政権ですね。日本のバレエ界の悪しき面が出ました。

2シーズン続けて、あの白鳥を見せられる身になってよ…と思います。かなり私絶望しました。思えばビントレー時代は本当に良かった(まだ終わっていませんが)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミリアム・ウルド=ブラムがお手本見せるiTunesアプリ/Crystal Ballet ワディム・ムンタギロフ | トップページ | タナキル・ル・クラークのドキュメンタリー映画がベルリン映画祭に出品 »