BlogPeople


2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« フィーリン襲撃事件の判決、ドミトリチェンコらは有罪 | トップページ | スーパーバレエレッスン「パリ・オペラ座 永遠のエレガンス」再放送 »

2013/12/04

スージン・カンが韓国国立バレエの芸術監督に就任、2016年に引退

シュツットガルト・バレエを代表するプリンシパルであるスージン・カンが、2014年1月に韓国国立バレエの芸術監督に就任することが発表されました。契約期間は3年。韓国の文化大臣によって任命されました。

Sue Jin Kang has been appointed Artistic Director of the Korean National Ballet Company
http://www.stuttgarter-ballett.de/#3

宮廷舞踊手の称号を持つスージン・カンは、1986年にシュツットガルト・バレエに入団し、1997年にプリンシパルに昇進しました。素晴らしいドラマティック・バレリーナであるスージンは、シュツットガルトだけでなく、世界中の観客を魅了してきました。現代作品から古典までの幅広い作品で主演してきた彼女ですが、特にジョン・クランコ作品での評価が高く、2007年にはジョン・クランコ・ソサエティからジョン・クランコ賞を授与されました。1999年には、ノイマイヤーの「椿姫」でブノワ賞も受賞しています。ヨーロッパでのメジャーなカンパニーで韓国人として初めてプリンシパルとなった彼女は、韓国では有名人で、2007年には韓国の勲章も授与されています。

「私の母国の国立バレエの芸術監督となることは大きな名誉です。特に韓国の観客に幅広いレパートリーを紹介し、そして教師として、管理者として自分の経験を伝えることを幸せに思います。まだやらなければならないことは多いですが、韓国国立バレエをアジアでのトップダンスカンパニーにできるように努力します。一晩ではなしえないことですが、継続的に一生懸命働くことによってのみそれは可能となります」

韓国国立バレエは、100人近くのダンサーが所属しており、アジアでの主要なカンパニーであるとともに、韓国では最古のバレエカンパニーです。古典を中心としたレパートリーには、プティパやバランシンの作品があります。公演は主に、2300席のソウル・アーツセンター(芸術の殿堂)にて行われています。

シュツットガルト・バレエの芸術監督リード・アンダーソンは、彼女の就任を喜んでいます。「スージン・カンは素晴らしいバレエ監督となることでしょう。彼女のバレエの知識は膨大であり、世界中のベストの振付家たちとのネットワークを持っています。彼女は、長年に渡りシュツットガルト・バレエでのすべてのダンサーのお手本となってきました。プロフェッショナリズムと自制心だけでなく、どんな小さな役でも大きな役でも、その役に対して献身的に尽くしているからです。韓国国立バレエと、韓国の文化にとって、これは大いなる勝利です」

スージン・カンは、シュツットガルト・バレエでもいくつかの公演で舞台に立ち続ける予定です。彼女の最後の公演はおそらくは2016年となると予定されています。

新聞記事(ドイツ語)
http://www.stuttgarter-nachrichten.de/inhalt.vom-stuttgarter-ballett-nach-korea-erste-solistin-sue-jin-kang-leitet-kuenftig-nationalballett.d40e4a59-0112-4009-a8ef-1996f2dab899.html

追記
こちらの記事では、スージン・カンの美しいスライドショー(写真15枚)を見ることができます。
http://www.stuttgarter-nachrichten.de/inhalt.stuttgarter-ballett-sue-jin-kang-neue-ziele-fuer-das-vorbild.05c21b56-24f6-4d2c-abca-f5dcbb6f3564.html

« フィーリン襲撃事件の判決、ドミトリチェンコらは有罪 | トップページ | スーパーバレエレッスン「パリ・オペラ座 永遠のエレガンス」再放送 »

シュツットガルト・バレエ」カテゴリの記事

コメント

さっきfacebookで知ったばかりです。
今の芸術監督さんは日本育ち(生まれも日本だったかな)チェ・テェジさんですよね?チェさんはどうなっちゃうのでしょうか?(知らんがな・・・ですよね。)以前に一度、チェさんは韓国国立バの芸術監督としてうまくやっていたはずなのに職を追われたことがありますが(なんでも海外公演から帰ってきてすぐに別の人がチェさんの仕事をすることになったと言い渡されたとか。未確認情報ですが)、何年か前に再び同じ仕事に戻ったはずです。ちょっと心配です。

カン・スージンさんは好きなダンサーのひとりで、彼女が韓国国立バレエの要職に就くことは大変良いことだと思っています。

ちょうちょさん、こんにちは。

チェさん、韓国人の友人に聞いたところ、とても良い芸術監督だったので、後任の人は大変だろうねと言われていたのです。すでにスージン・カンが国立バレエの芸術監督の有力候補であるという記事が出ていました。
http://www.koreatimes.co.kr/www/news/culture/2013/11/145_145981.html
マイヨーのロミオとジュリエットを上演したり、グリゴローヴィチのスパルタクスを上演したり、なかなか意欲的なプログラムを上演していたと思います。

スージン・カンは、私も大好きなバレリーナなので、まだまだ活躍してほしいですが、彼女のような国際的な経験がある人が芸術監督に就任することは良いことだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィーリン襲撃事件の判決、ドミトリチェンコらは有罪 | トップページ | スーパーバレエレッスン「パリ・オペラ座 永遠のエレガンス」再放送 »