BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« パリ・オペラ座バレエ 昇進コンクールの結果(男子) | トップページ | 英国ナショナル・ダンス・アワード2014のノミネート発表 »

2013/11/07

アレッサンドラ・フェリの舞台復帰「シェリ」/追記

2007年に引退したアレッサンドラ・フェリが、NYで舞台に本格的に復帰します。

今年の11月19日に初日を迎えるオフ・ブロードウェイの舞台「シェリ」にフェリは主演します。映画化もされているコレットの有名な小説をバレエ化したこの作品で、彼女は高級娼婦レアを演じ、その30歳年下の恋人を演じるのは、ABTのエルマン・コルネホ。振付・演出は、ABTやNDT、ジョフリー・バレエ、マーサ・グレアム・カンパニーなどにも振付をしていた振付家・演出家のマーサ・クラーク。脚本は、オビー賞を受賞しアカデミー賞にもノミネートされたエイミー・アーヴィング。

http://youtu.be/6nbk1tmH3rg

この動画を見る限りでは、50歳となったフェリは以前と少しも変わっていなくて、相変わらずのしなやかな踊りを見せてくれています。

http://www.signaturetheatre.org/tickets/production.aspx?pid=3099

ここではリハーサルの写真なども見ることができます。

こちらの記事によれば(「BALLET2000」誌の記事の引用)、フェリは今年6月にイタリアのスポレート・フェスティバルでThe Piano Upstairsという自身の作品を振り付けて踊り、これは海外ツアーでも踊るとのことです。
http://haglundsheel.typepad.com/haglunds_heel/2013/10/alessandra-ferris-return-to-the-stage.html

また、ミュージカルに出演する予定もあるほか、ジョン・ノイマイヤーが彼女のために新作を振りつけ、ミラノ・スカラ座で上演する計画もあるだそうです。女優Eleanor Duseの人生を描いたものになるとのこと。

こちらの記事では、イタリアで彼女が受けたインタビューの内容が紹介されています。
http://www.gramilano.com/2013/06/alessandra-ferri-returns-to-dance-the-end-of-her-marriage/

追記
公演の舞台写真がアップされています。公表につき、上演期間も延長されたそうです。とても美しいですね。
http://www.broadwayworld.com/off-broadway/article/Photo-Flash-First-Look-at-Herman-Cornejo-Alessandra-Ferri-and-More-in-Signature-Theatres-CHERI-20131125

New York Timesにフェリのインタビューが載ってます。
http://www.nytimes.com/2013/12/08/arts/music/alessandra-ferri-returns-to-the-stage-in-cheri.html?partner=rss&emc=rss&smid=nytimesarts&_r=0

また短いですが舞台の動画も。
http://www.nytimes.com/video/theater/100000002591697/excerpt-chri-.html?ref=reviews

« パリ・オペラ座バレエ 昇進コンクールの結果(男子) | トップページ | 英国ナショナル・ダンス・アワード2014のノミネート発表 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

いつも 情報楽しみにしています。

フェリ 復活してくれるんですね。
うれしいです!!!!!
NYに見に行きたいです。


日本にきてくれるといいですね!!!!

ファンさん、こんにちは。

私もフェリの大ファンだったので、彼女の復帰はとても嬉しいです。公演、けっこう長期にわたって行われているし、チケット代も安いし、見に行く価値はあると思います。ついでにABTやNYCBのくるみも観られるし。

いつかまたフェリの踊りを日本でもまた観たいですよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ・オペラ座バレエ 昇進コンクールの結果(男子) | トップページ | 英国ナショナル・ダンス・アワード2014のノミネート発表 »