BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ワガノワ・アカデミー人事続報 | トップページ | 新国立劇場バレエ団2014/15シーズンは新制作「眠れる森の美女」 »

2013/11/13

K-Ballet Company の新制作「ラ・バヤデール」2014年3月

K-Ballet Company の2014年春の新制作作品として、「ラ・バヤデール」が上演されることが発表され、キャストも発表されました。

Tetsuya Kumakawa
K-BALLET COMPANY
Spring 2014
「ラ・バヤデール」
http://www.k-ballet.co.jp/performances/2014-labayadere

主催
TBS/Bunkamura
会場
Bunkamuraオーチャードホール

一般問合せ先
チケットスペース 03-3234-9999
http://www.ints.co.jp
Bunkamura 03-3477-3244 (10:00~19:00)
一般発売日
2013年12月15日(日)

3月20日(木)~3月26日(水)までの10回公演で、すべてBunkamuraオーチャードホールでの上演。キャストは、ニキヤ、ソロル、ガムザッティ役が発表されていますが、この中には熊川哲也さんの名前はありません。その分、チケット代は抑えめとなっています。

「ラ・バヤデール」といえば、ロイヤル・バレエ在籍時代に熊川哲也さんがブロンズ・アイドル役でセンセーションを巻き起こしたことが鮮烈に記憶されます。この名パフォーマンスは、DVDにも収録されています。彼以上のブロンズ・アイドルは世界中を見ても果たしているのだろうかと言われています。したがって、熊川さんにとっては特別の思い入れのある作品のはず。熊川さんの古典改訂版の演出は、物語性に富んでかつ非常にユニーク、ビジュアルセンスも素晴らしいので、きっと力作になることでしょう。(もしかして、ブロンズ・アイドル役にびっくりの熊川さん出演が実現したりして?)

今回、看板プリマの荒井祐子さんの出演がない一方、浅川紫織さん、日向智子さん、佐々部佳代さんという若手の成長株、そして熊川さんの信望厚い神戸里奈さんがニキヤを演じます。とても楽しみですね。


なお、K-Ballet Companyは、来年1月にTBS系で放映されるドラマスペシャル「眠りの森~新参者スペシャル」(仮)に協力することが発表されています。阿部寛演じる刑事が、柄本明演じるベテラン刑事とタッグを組みバレエ団で起きた殺人事件に挑み、Kバレエカンパニーが振り付けから美術まで全て監修するそうです。

劇中で描かれる「白鳥の湖」「眠りの森の美女」の振り付け、音楽、舞台美術、衣装まですべて熊川が率いるKバレエカンパニーが監修し、ダンサーの益子倭、宮尾俊太郎もダンサー役で出演、他のダンサーもステージのシーンでドラマに出演。また、バレリーナ役を演じる出演者へはカンパニーのプロフェッショナルなスタッフによる丁寧な指導を行い、本格的な仕上がりに。バレエファンの方にも存分に楽しんでいただける映像も見どころだ。阿部は同カンパニーの東京文化会館公演を観賞しており、「撮影でも何日も前からけいこし、挑戦しようという思いに感動しました」と感激していた。

阿部寛×東野圭吾×熊川哲也Kバレエ カンパニーという強力タッグが実現!『眠りの森~新参者スペシャル』(仮)累計1,000万部を超える加賀恭一郎シリーズで加賀の分岐点となる人気作をドラマ化2014年新春に放送決定!
http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201310211430.html

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20131021-1207092.html

ラ・バヤデール [DVD]ラ・バヤデール [DVD]

日本コロムビア 2003-08-27
売り上げランキング : 7202

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ワガノワ・アカデミー人事続報 | トップページ | 新国立劇場バレエ団2014/15シーズンは新制作「眠れる森の美女」 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

パリ・オペラ座「椿姫」とかぶる日程で、三連休は3日連続バレエ鑑賞になりそうです。
東京文化会館13:30開演とオーチャードホール17:00開演、ちょっと無理そうですね(涙)。
逆のマチソワは行けそうですが・・・。

熊川さんのソロル、荒井さんのニキヤ、期待していたのにちょっと残念です。

meiさん、こんにちは。

K-Balletのことなので、素晴らしいプロダクションを作るんじゃないかと期待しています。そうなんです、最大のネックは日程で、パリオペラ座だけでなく、新国立劇場バレエ団とも日程が重なっているんですよね(さらにピナ・バウシュとも)。24日からの3日間は重なっていないのですが、全部平日マチネだという。(でも、私は平日マチネでも行けたらと思っていますが…)

熊川さん、荒井さんが観られたらなおのこと良かっただろうな、と思います。熊川さんのソロル、見たかったですね!やはりここはブロンズ・アイドル役に期待?

ソロル:熊川さん、ニキヤ:荒井さん、ガムザッティ:松岡さん が見られたらなぁ
と思っていましたが、幻になってしまいましたね。

ブロンズアイドルのキャストと、振り付けも気になりますね。
新国立劇場では結婚式の場面でもブロンズアイドルが出てきましたが、
見せ場たっぷりになるのでしょうか???

日程かぶりすぎも残念です。どうしようもないことですが・・・。
勤め人には年度末の平日の鑑賞は難しいです。学生はちょうど春休みで羨ましいです。
いずれも子供向けの演目ではありませんが・・・。

meiさん、こんにちは。

ブロンズ・アイドルの出番、とっても気になります~。何しろ熊川さんは世界一のブロンズ・アイドルでしたからね。K-Balletは若手の男性ダンサーも充実しているので、期待できると思います。

しかし本当に問題は日程なんですよね。これでもかとこの時期、公演が重なっているし、後半は平日の昼間だと、見に行きたくても行けない人が多い気がしてしまいますよね。

チケットスペースの案内見ると、残念ながら熊川さんは出演されないようです。
料金の下に、「★熊川哲也は出演いたしません。」とありました。

http://www.ints.co.jp/k_ballet_2014spring/index.htm

制作に専念されるのでしょうね。でも楽しみです。

meiさん、こんにちは。

お知らせありがとうございました。熊川さんが出演されないのは残念ですね。ソロル役も、ロイヤルでも踊った役だから観たかったです。でも、きっと彼の制作だからすごいプロダクションにしてくれるはず。熊川さん、まだまだ踊り続けてほしいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワガノワ・アカデミー人事続報 | トップページ | 新国立劇場バレエ団2014/15シーズンは新制作「眠れる森の美女」 »