BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 8/16 【ザ・ファクトリー3】さいたまゴールド・シアター×瀬山亜津咲 「ワーク・イン・プログレス公開」 | トップページ | 8/22 「ディアナ・ヴィシニョーワ -華麗なる世界-」Bプロ The World of Diana Vishneva »

2013/08/22

スヴェトラーナ・ルンキナ、エヴァン・マッキーがナショナル・バレエ・オブ・カナダのゲスト・プリンシパルに

ナショナル・バレエ・オブ・カナダは、来シーズン(2013/14)の団員を発表しました。
http://national.ballet.ca/uploadedFiles/The_Company/Roster_2013-14.pdf(PDF)

プリンシパル一覧
http://national.ballet.ca/thecompany/principals/

昨年よりボリショイ・バレエから休暇を取り、カナダで生活していたスヴェトラーナ・ルンキナが、ナショナル・バレエ・オブ・カナダのゲスト・プリンシパルに迎えられることになりました。

夫君の仕事上のトラブルから脅迫され、身の危険を感じてカナダのトロント郊外で家族と共に生活していたルンキナ、今後の動向が注目されていましたが、今年6月のナショナル・バレエ・オブ・カナダのガラに「ドン・キホーテ」で特別出演していたこともあり、このカンパニーにゲストとして加わることになったようです。

ナショナル・バレエ・オブ・カナダの芸術監督、カレン・ケインは以前インタビューで、予算の都合や他の女性プリンシパルの出演数との兼ね合いもあって、ルンキナを入団させることは難しいと語っていましたが、結局ゲストで迎えられることになって、ルンキナにとっても、バレエ団にとっても良い結果になったのではないかと思います。

また、昨年3月に「眠れる森の美女」、12月に「ジゼル」でゲスト出演した、シュツットガルト・バレエのエヴァン・マッキーも、ゲストプリンシパルに迎えられました。トロント出身でナショナル・バレエ・オブ・カナダのバレエ学校で学んだ彼にとっては、地元カンパニーにも出演するということになります。

さらに、オランダ国立バレエのマシュー・ゴールディング(やはりカナダ出身)、そして2012/13シーズンまでプリンシパルで、来シーズンよりウェスト・オーストラリア・バレエに移籍するイリ・イェリネクもゲスト・アーティストとして名前を連ねています。マシュー・ゴールディングは、ロイヤル・バレエ、ENBに続くゲストで、今や世界中で引っ張りだこですね。

現在ナショナル・バレエ・オブ・カナダは男性プリンシパルが3人しかおらず、王子役を踊れるのがギョーム・コテだけと手薄なこともあって、補強のためにこれらのゲストが招かれたことになったようです。

まだどの作品に誰が出演するかは発表されていませんが、来年3月には「オネーギン」の上演が予定されており、オネーギン役で高い評価を得ているイェリネク、マッキーは「オネーギン」に出演するのでは、と思われます。

追記:イズベチヤ紙によると、ルンキナのボリショイにおける去就は、2、3週間以内に決まるとのことです。
http://izvestia.ru/news/555856(ロシア語)

« 8/16 【ザ・ファクトリー3】さいたまゴールド・シアター×瀬山亜津咲 「ワーク・イン・プログレス公開」 | トップページ | 8/22 「ディアナ・ヴィシニョーワ -華麗なる世界-」Bプロ The World of Diana Vishneva »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8/16 【ザ・ファクトリー3】さいたまゴールド・シアター×瀬山亜津咲 「ワーク・イン・プログレス公開」 | トップページ | 8/22 「ディアナ・ヴィシニョーワ -華麗なる世界-」Bプロ The World of Diana Vishneva »