BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« パリ・オペラ座バレエの外部試験、ハナ・オニールさんが入団 | トップページ | プーシキン美術館展 フランス絵画300年 »

2013/07/07

男の子のための新しいバレエ雑誌「ダンシン」とスティーヴン・マックレーのバレエ漫画

昨日、ロイヤル・バレエの来日公演「不思議の国のアリス」の初日に行ってきました。とにかくロイヤルのダンサーたちは大変な芸達者で、中でもハートの女王を演じたゼナイダ・ヤノウスキーの怪演ぶりは強烈で、すべて持っていったほどでした。

昼間にゲネプロを見学したのですが、ノーメイクで演じていたにもかかわらず、ゼナイダの目力は3階席にいた私のところにも到達するほどで。主演のサラ・ラムは、黒髪のウィッグも似合って愛らしく、表情がくるくると変わってコメディセンスもばっちり。それでいて強靭なテクニックの持ち主でした。アリスはずっと舞台に出ずっぱりで、踊りも多い役のため、大変な体力が必要だったと思うけど、最後まで元気いっぱい、爽やかに演じてくれたサラに拍手です。ハートのジャックのフェデリコ・ボネッリは、独特のスイートな雰囲気がよくマッチしていたし、パ・ド・ドゥでは難しいサポートもたくさんあったけど、とってもスムーズにこなしていました。もちろん、スティーヴン・マックレーのマッド・ハッターのタップのテクニックは凄まじくて、すっかり場をさらっていました。1幕はアリスが一人で演じるところや、パ・ド・ドゥなどが長くて、少々間延びした部分があって退屈したところもあったのですが、3幕でハートの女王がタルト・アダージオ(ローズ・アダージオのパロディ)を踊ったところから、とても盛り上がり、花たちのワルツやトランプなどの群舞も華やかでした。英国的な諧謔趣味が出ているところは、なかなか楽しく思えました。金子扶生さん、小林ひかるさん、高田茜さん、蔵健太さんと日本人ダンサーが活躍しているのは嬉しかったです。ゲネプロでは、3人の庭師役でアクリ瑠嘉さんも出演していて、鮮やかなテクニックを見せてくれました。

さて、そのロイヤル・バレエの会場で、スティーヴン・マックレーをフィーチャーしたコミックを掲載した新しいバレエ雑誌が創刊されるということで、チラシが配られていました。

「クララ」別冊で、バレエを習うボーイズのためのバレエ雑誌「ダンシン」が8月5日に新書館より発売されるそうです。
http://www.shinshokan.co.jp/dancin/

創刊号では、熊川哲也さん、スティーヴン・マックレーのインタビュー、男性ダンサーのテクニック図鑑などなどの内容が載るほか、スティーヴン・マックレーをモデルにしたバレエ漫画が連載されるとのことです。バレエ少年ダンと、マックレー先輩が踊りの力で悪と闘うという話だそうで、とても面白そうですね。作者は足立たかふみさん。

ここにそのサンプルが少し。
http://www.shinshokan.co.jp/dancin/comic_sample.html

足立たかふみさんのブログでも、このコミックについて少し紹介し、また意気込みも語られています。
http://hottate2.exblog.jp/20466393/

男の子向けのバレエ雑誌が創刊されるということは、それだけバレエを習う子が増えてきたのでしょうか?いずれにしても、こうやってバレエの裾野が広がって、コミックなどを通して若い男の子たちがバレエに親しむことができるのは、とてもいいことですね。

« パリ・オペラ座バレエの外部試験、ハナ・オニールさんが入団 | トップページ | プーシキン美術館展 フランス絵画300年 »

バレエの本」カテゴリの記事

コメント

男の子向け雑誌が出るなんて時代は変わりましたね。これ毎月発行なんでしょうかね。それとも隔月とかかな。
マックレーくんの漫画は会場でチラシを見つけた時ほんとビックリしました^^
ローザンヌから10年、漫画のモデルにもなるなんて感慨深いです(涙)

プリマローズさん、こんばんは。

マックレーくんのマッドハッター、素晴らしい足さばきとリズム感、鮮烈でしたね~生で観られてよかったです!ほんと、チラシにはびっくりしました!スティーヴンってとってもアイディアマンらしいですよね。

クララ別冊だから、流石に毎月発行ってことはないと思うけど、すごく興味があります。海外からの注目もあるようですね。ボーイズ向けバレエ雑誌が出るというのもすごいし(そのママたちも読むんでしょうね)、彼が漫画のモデルになるというのも、ホントビッグになったんだなって思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ・オペラ座バレエの外部試験、ハナ・オニールさんが入団 | トップページ | プーシキン美術館展 フランス絵画300年 »