BlogPeople


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 石井久美子さんが、日本人初のマリインスキー・バレエ正式団員に | トップページ | 6/23 シュツットガルト・バレエ「クラバート」 Stuttgart Ballet "Krabat" »

2013/07/15

アリーナ・コジョカル、ENB(イングリッシュ・ナショナル・バレエ)に入団

先日のロイヤル・バレエの来日公演「ロイヤル・ガラ」を最後にロイヤル・バレエを退団したアリーナ・コジョカル。そのアリーナが、イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)に入団することが発表されました。

ENBのプレスリリース
http://www.ballet.org.uk/news/news-archive/alina_cojocaru_joinsenb/

アリーナ・コジョカルは、「ENBに入団することを楽しみにしています。このバレエ団のレパートリーが提供する機会、古典と現代作品の組み合わせ、そして私が尊敬する振付家と仕事をするチャンスに惹きつけられています。英国で踊ることはずっと楽しんできており、ENBではロンドン以外の観客へも舞台を見せる機会を与えられることを嬉しく思います。新しい挑戦は恐れていなくて、未来において何が待っているのか楽しみです。タマラの芸術に対する情熱を分かち合い、今後何が起きるのかワクワクしています」と語っています。

ENBの芸術監督であるタマラ・ロホは、「アリーナは彼女が最も尊敬するダンサーのひとりであり、彼女の素晴らしいテクニック、ドラマティックな踊りと芸術性の高さは私を含む多くの人のインスピレーションの源となってきました。カンパニーのダンサーたちは、彼女のようなスターアーティストが入団することにわくわくしており、このバレエ団でアリーマが求めるアーティスティックな挑戦やチャンスを与えることができることを私は確信しています」と語っています。

アリーナのENBでの初舞台は、新制作の「海賊」のメドーラ役で、ミルトン・キーンズでの初日(10月17日)を踊る予定です。また、ロンドン・コロシアムでのクリスマスシーズンの「くるみ割り人形」、2014年4月のバービカン・センターでの新作「Lest We Forget」(第二次世界大戦にインスピレーションを得た作品でアクラム・カーン、ラッセル・マリファント、リアム・スカーレットが振付に参加)、そして6月のロイヤル・バルバーとホールでの「ロミオとジュリエット」などに出演を予定しています。

アリーナは、リード・プリンシパルとして入団します。また、今まで彼女が関係を築きあげてきたハンブルク・バレエ、ABTには引き続きゲスト出演を続けます。


ロイヤルを退団したコジョカルが、元同僚でライバルとも目されていたタマラ・ロホ率いるENBに入団したのにはびっくりですが、しかしながら、とても良い選択であると感じられます。引き続きロンドンの観客に踊りを見せることができ、そしてロホが様々な新しいことに意欲的に挑戦している今、ENBが面白い時期にきていると思われるからです。現在、タマラもまだ踊っているわけですが、アリーナとの強力な二枚看板が誕生するわけで、さらにダリア・クリメントヴァ、ワディム・ムタギロフというスターもいるわけです。ぜひとも、日本にENBを招聘して欲しいなと願っています。

ロイヤル・バレエのトップスターではあったものの、怪我に悩まされてきたアリーナ。一方で、ロイヤルにおいては、彼女のために創作された作品が少なく、振付家とのコラボレーションを求めていたのではという報道もあります。ゲスト出演しているハンブルク・バレエでは、ジョン・ノイマイヤーが彼女に「リリオム」を振付け、この作品で彼女はブノワ賞を受賞しました。ENBにおいても新作への出演への意欲を語っています。

ちなみに、映画「ファースト・ポジション」に登場したジョアン・セバスチャン・ザモーラも、ENBに入団することになったようです。
http://balletnews.co.uk/the-royal-ballet-school-graduates-2013/

« 石井久美子さんが、日本人初のマリインスキー・バレエ正式団員に | トップページ | 6/23 シュツットガルト・バレエ「クラバート」 Stuttgart Ballet "Krabat" »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

アリーナ・コジョカルのENB入団、嬉しく思いました。
ABTに行っちゃうんじゃないかと思っていました。
9月のミラノ・スカラ座の来日公演(ロミジュリ)のゲストで来日しますが
楽しみにしています。

meiさん、こんにちは。

アリーナ・コジョカルがフリーではなく、バレエ団に所属する道を選び、それが同じ英国のENBだったことを私も嬉しく思いました。意欲的にリーダーシップを進めているタマラ・ロホとともに仕事をするわけなので、とても良い選択だったと思います。引き続きゲスト出演活動もするようなので、スカラ座来日公演での彼女も楽しみですよね!

エリザベス女王在位60周年ガーラでのENBの"Tempus"です。
xfs.jp/LmDoB

rednalさん、こんばんは。

またまた貴重な映像をありがとうございます!拝見します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石井久美子さんが、日本人初のマリインスキー・バレエ正式団員に | トップページ | 6/23 シュツットガルト・バレエ「クラバート」 Stuttgart Ballet "Krabat" »