BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 5/25、26 「マラーホフの贈り物 ファイナル!」Bプロ | トップページ | 新国立劇場バレエ団のダンサー動静 »

2013/06/03

アリーナ・コジョカルとヨハン・コボーがロイヤル・バレエを今シーズン限りで退団

ロイヤル・バレエのオフィシャルサイトでアリーナ・コジョカルとヨハン・コボーの今シーズン限りの退団が発表されていました。

Alina Cojocaru and Johan Kobborg to leave The Royal Ballet at the end of 2012/13 season
http://www.roh.org.uk/news/alina-cojocaru-and-johan-kobborg-to-leave-the-royal-ballet-at-the-end-of-201213-season

アリーナ・コジョカルとヨハン・コボーがロイヤル・バレエを今シーズン限りで「ほかでの芸術的なキャリアを追求するために」退団するとのことです。ロイヤル・オペラハウスでのふたりの最後の出演は6月5日の「マイヤリング」(あさっての公演)で、来日公演、7月10日の「ロイヤル・ガラ」と7月12日の「白鳥の湖」には出演する予定です。

今後の予定については、二人とも踊りは続け、今後の計画についてはまもなく発表するとのことです。

*******
コジョカルは最近はロイヤルでの出演が減っており、ハンブルク・バレエおよびABTでのゲスト出演が増えていました。コボーはここ半年ほど怪我で舞台に立っておらず、また40歳という年齢もあって、引退が近いのではないかと言われていました。最近では、ロイヤル・ニュージーランド・バレエへ「ジゼル」を振りつけるなど、外での活躍が目立っていました。従って、コボーの退団は予想されていたことですが、まだ32歳と若くロイヤルのトップスターであるコジョカルの退団は誰も想像していなかったものだと思われます。来シーズンの「ドン・キホーテ」「ロミオとジュリエット」「ジゼル」などへの出演も決まっていましたが、それらの出演は白紙になったようです。

1999年にロイヤル・バレエに入団したコジョカルとコボーは、まさにロイヤル・バレエの黄金ペアとして、数々のパートナーシップで伝説を作ってきました。今後も彼らは踊り続けるとは言え、大きなショックです。


ロイヤル・バレエは、今シーズン限りで引退が決まっているリアン・ベンジャミン、マーラ・ガレアッツィに続きコジョカルとコボーというプリンシパルを失うことになります。先シーズンには、タマラ・ロホとセルゲイ・ポルーニンも退団しており、プリンシパルの数が大幅に減ることになります(男女7名ずつ)。来シーズンからナタリア・オシポワが入団するとはいえ、プリンシパルが不足しているのは明らかなので、昇格、および他のバレエ団からの移籍の可能性も高そうです。また、ソリストのブライアン・マロニーも今シーズン末に退団します。

今後のコジョカルの出演予定。

July 2013

3rd - Sleeping Beauty - ABT (Met) - (Cornejo)

10th - Gala - Royal Ballet/Tokyo Tour

12th - Swan Lake - Royal Ballet/Tokyo Tour - (Kobborg)

15-19 - Denmark Tour - (Kobborg)


June 2013

5th - Mayerling - Royal Ballet - (Kobborg)

21st - Swan Lake - ABT (Met) - (Cornejo)

25th - Liliom - Hamburg Ballet - (Jung)

30th - Nijinsky Gala - Hamburg Ballet


追記:Guardianの記事。こちらでは、もしかしたらコボーはどこかのバレエ団の芸術監督になるのでは?と推測しています。
http://www.guardian.co.uk/stage/2013/jun/03/royal-ballet-alina-cojocaru-johan-kobborg-leaving

New York Timesの記事。若干の間違い(コボーの移籍年、コジョカルの年齢など)があります。
http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2013/06/03/two-principal-dancers-to-leave-royal-ballet/

さらに追記
ABTが発表しましたが、6月21日にコジョカルが出演を予定していた「白鳥の湖」は、コジョカルの怪我のため、オデット/オディール役がマリア・コチェトコワ(サンフランシスコ・バレエ)に代わりました。コジョカルの怪我の具合も気になります。
http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=439

追記
コジョカルとコボーのロイヤルオペラハウスでの最後の公演「マイヤリング」写真アルバムが、写真家/ロイヤルのダンサー アンドレイ・ウスペンスキのFacebookにアップされています。素晴らしい写真の数々をぜひご覧下さい。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.183548375142434.1073741833.110186705811935&type=1

こちらも同じウスペンスキの写真ですが、ロイヤル・オペラハウスのFacebookより
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10151623947407579.1073741844.6597757578&type=1

« 5/25、26 「マラーホフの贈り物 ファイナル!」Bプロ | トップページ | 新国立劇場バレエ団のダンサー動静 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

すばやい情報のアップ、ありがとうございます。

かなりショックです。返す返す来日公演の「白鳥の湖」のチケットをとっていなかったことが悔やまれます。
ガラはなんとか行けるといいのですが・・・・

ふとサラ・ウィルドー(とアダム・クーパー)のことを思い出してしまいました。状況は随分と違いますが。

こんばんは。退団情報、ビックリしました。まだまだロイヤルで活躍してくれると思っていたのに残念です。9月のミラノ・スカラ座「ロミオとジュリエット」のコジョカルのゲスト出演は大丈夫かしら???
(フリーデマン・フォーゲルとのペアですが・・・)

崔由姫さんのプリンシパル昇進への期待がかかるところですが、どうなるんでしょう。

めめぺんぎんさん、こんばんは。

私、7月に所要があって、ロイヤルは白鳥もガラも行けないんですよ…。ロイヤルでのコジョカルはもう見られないことに決定。4月末のコジョカル&コボーのマイヤリングに行く予定が、二人とも降板しちゃったので。バレエ団違いますが、スカラ座のロミジュリも見ない予定だし。

そういえば、サラ・ウィルドーが辞めた頃は、随分ロイヤルから人材流出がありましたが、今回も、事情は違っていても退団する人が多くて心配です。

meiさん、こんばんは。

コボーはそろそろ引退もあるのかな、と思っていたのですが、コジョカルの退団はまったく予想していなかったので驚きました。7月の来日公演には来てくれる予定だそうだし、スカラ座のロミオとジュリエットも出演するのではないかと思います。今後の二人の進路、注目されますね。

ロイヤル、この1年で多くのプリンシパルが退団することになって、大幅に空きが出てきますよね。目下のところ、現在の団員ではやはりユフィさんの昇進が最有力なのではないかと思って期待しています。オシポワだけでなく、外からの移籍もありえますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5/25、26 「マラーホフの贈り物 ファイナル!」Bプロ | トップページ | 新国立劇場バレエ団のダンサー動静 »