BlogPeople


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団とパリ・オペラ座バレエの来日公演 | トップページ | デヴィッド・ホールバーグのショートフィルム »

2013/06/11

イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)の2013/14シーズン

タマラ・ロホが芸術監督に就任して2シーズン目のENBの新シーズンが発表されました。

http://www.ballet.org.uk/news/news-archive/201314-season-announcement-press-conference-round/

アクラム・カーンも同席しての記者会見の詳細
http://dancetabs.com/2013/06/english-national-ballet-announces-2014-season-and-new-barbican-performances/

英国のバレエ団での全幕上演が初めてとなる「海賊」、そして注目の振付家3人-アクラム・カーン、ラッセル・マリファント、リアム・スカーレットによる新作ミックスプロなど大変意欲的なプログラムです。

2013/14 Season

Le Corsaire「海賊」 Anna-Marie Holmes
17 October – 30 November 2013, and 11 February – 15 Feb on tour
9 January – 19 January 2014, London Coliseum

ABTで上演されているのと同じアンナ・マリー・ホルムズ改訂版。カンパニー初演。


Nutcracker 「くるみ割り人形」 Wayne Eagling
20 – 23 November 2013, on tour
11 December – 5 January 2014, London Coliseum


Lest We Forget「Lest We Forget」 Akram Khan, Rusell Maliphant and Liam Scarlett
2 – 12 April 2014, Barbican Theatre

第一次世界大戦開戦100周年を記念して、3人の人気振付家が新作を振り付けます。ラッセル・マリファントとアクラム・カーンがクラシックバレエのカンパニーに新作を作るのは初めてとのこと。2012年に初演された、ジョージ・ウィリアムソン(アソシエイト・アーティスト)の「火の鳥」も併せて上演。バービカン・シアターでENBが公演を行うのは初めて。


My First Ballet: Coppélia 「マイ・ファースト・コッペリア」 George Williamson
5 – 25 May 2014, Peacock Theatre, London and on tour
(Theatre Severn, Shrewsbury / Peacock Theatre London / Manchester Palace Theatre / Assembly Hall, Royal Tunbridge Wells / Waterside Aylesbury / Churchill Bromley)

「眠れる森の美女」「シンデレラ」に続く子供向けの「マイ・ファースト…」シリーズの最新作。


Choreographics
Dates tbc 2014

若手振付家育成のための公演。今まではENBの団員のみだったが、今回からカンパニー外の振付家の作品も受け付ける。


Emerging Dancer 2014「エマージング・ダンサー」
Dates tbc 2014

ENBの優秀な若手ダンサーを選ぶコンクール

Romeo & Juliet「ロミオとジュリエット」 Derek Deane
11-22 June 2014, Royal Albert Hall

タマラ・ロホとカルロス・アコスタの共演も行われます。


Coppélia「コッペリア」Ronald Hynd.
23 – 27 July 2014, London Coliseum

« ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団とパリ・オペラ座バレエの来日公演 | トップページ | デヴィッド・ホールバーグのショートフィルム »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

意欲的な作品たちですね。タマラ・ロホ、ほんとに頑張ってますね。
イギリスの観客も、もっといろんな作品に興味を持ってほしいですね。
どんなにすばらしい作品を上演しても、観客がいなければ残念ですもの。
日本にもぜひ来てほしいですね。

ショコラ・ショーさん、こんばんは。

今のシーズンも、ENBは「Ecstacy and Death」で、ニコラ・ル・リッシュとの「若者と死」とキリアンの「小さな死」を上演したり、頑張っているんですが、古典以外でお客さんを集めるのはけっこう苦労していて安いチケット出したりしているようです。でも、来シーズンもこんなに意欲的なプログラムを上演しているのは素晴らしい!ENB、ムンタギロフ&クリメントヴァはいるし、タマラも自ら踊っているんで、日本でもお客入ると思うし、来日公演も期待したいですよね!

今年のグラストンベリーにENBがアクラム·カーンの「ダスト」で出演しました。
ロック・フェスにバレエって日本では考えられないですよね。その公演はBBCで放映されました。本編はYTに上がっているので、関係者のインタヴューの部分を…
xfs.jp/UHMZT

rednalさん、こんにちは。

この公演はぜひ観てみたかったのです。貴重な動画いつもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団とパリ・オペラ座バレエの来日公演 | トップページ | デヴィッド・ホールバーグのショートフィルム »