BlogPeople


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« YAGPファイナル2013の結果 | トップページ | ENBの「若者と死」(ニコラ・ル=リッシュとタマラ・ロホ出演) »

2013/04/20

ブノワ賞2013ノミネート発表

バレエ界のアカデミー賞とも言うべきブノワ賞(Benois de la Danse)のノミネートが4月18日に発表されました。

http://benois.theatre.ru/english/

http://www.pointemagazine.com/blogs/benois-de-la-danse/benois-de-la-danse-nominees

CHOREOGRAPHERS 振付家
Hans Van Manen – Variations for Two Couples, Benjamin Britten, Einojuhani Rautavaara, Stevan Kovács Tickmayer, Astor Piazolla. Dutch National Ballet. 
ハンス・ファン=マネン 「Variations for Two Couples」 オランダ国立バレエ
 
Justin Peck – Year of the Rabbit, Sufjan Stevens. New York City Ballet. 
ジャスティン・ペック 「Year of the Rabbit」NYCB

Christopher Wheeldon – Cinderella, Sergei Prokofiev. Dutch National Ballet.
クリストファー・ウィールダン 「シンデレラ」 オランダ国立バレエ

George Williamson – Firebird, Igor Stravisky. English National Ballet.
ジョージ・ウィリアムソン 「火の鳥」 ENB

BALLERINAS バレリーナ
Gudrun Boyesen – Marguerite Gautier in The Lady of Camellias, Frederic Chopin/John Neumeier. Royal Danish Ballet. 
グドルン・ボイエセン (デンマーク・ロイヤル・バレエ) 「椿姫」 マルグリット役

Maria Kochetkova – Tatiana in Onegin , Pyotr Ilich Tchaikovsky/John Cranko. San Francisco Ballet.
マリア・コチェトコワ (サンフランシスコ・バレエ) 「オネーギン」 タチヤーナ役

Ksenia Ovsyanick – The title role in Firebird, Igor Stravinsky/George Williamson. English National Ballet.
クセニャ・オフシャニク (ENB) 「火の鳥」タイトルロール

Ekaterina Petina – Broken Fall, Barry Adamson/Russell Maliphant. Bavarian State Ballet.
エカテリーナ・ペティナ (ミュンヘン・バレエ) 「ブロークン・フォール」

Olga Smirnova– Nikia in La Bayadère, Ludwig Minkus/M.Petipa, version by Yuri Grigorovich; Aspicia in Pharaoh’s Daughter, C.Pugni/P.Lacotte after Marius Petipa; Anastasia in Ivan the Terrible, Sergei Prokofiev/Yuri Grigorovich; Principal in Diamonds of Jewels, Pyotr Ilich Tchaikovsky/George Balanchine. Bolshoi Theatre of Russia.
オルガ・スミルノワ (ボリショイ・バレエ) 「ラ・バヤデール」ニキヤ役、「ファラオの娘」アスピシア役、「イワン雷帝」アナスタシア役、「ジュエルズ」ダイヤモンド

Anna Tsigankova – The title role in Cinderella, Sergei Prokofiev/Christopher Wheeldon. Dutch National Ballet.
アンナ・ツィガンコワ (オランダ国立バレエ) 「シンデレラ」タイトルロール


DANCERS バレエダンサー
Taras Domitro – Lensky in Onegin, Pyotr Ilich Tchaikovsky/John Cranko. San Francisco Ballet.
タラス・ドミトロ (サンフランシスコ・バレエ) 「オネーギン」レンスキー役

Matthew Golding – Prince in Cinderella, SergeiProkofiev/Christopher. Wheeldon. Dutch National Ballet.
マシュー・ゴールディング (オランダ国立バレエ) 「シンデレラ」王子役

Vladislav Lantratov – Solor in La Bayadère, Ludwig Minkus/Marius Petipa, version by Yuri Grigorovich; the title role in Ivan the Terrible, Sergei Prokofiev/Yuri Grigorovich.
ウラディスラフ・ラントラートフ (ボリショイ・バレエ) 「ラ・バヤデール」ソロル役、「イワン雷帝」タイトルロール

Alban Lendorf – Armand Duval in The Lady of Camellias, Frederic Chopin/John Neumeier. Royal Danish Ballet.
アルバン・レンドルフ (デンマーク・ロイヤル・バレエ) 「椿姫」アルマン役

Tigran Mikayelyan – Third duo in Goldberg Variations, Johann Sebastian Bach/Jerome Robbins. Bavarian State Ballet.
ティグラン・ミカエリヤン (ミュンヘン・バレエ) 「ゴールドバーグ・ヴァリエーションズ」

Vadim Muntagirov – Prince in Sleeping Beauty, Pyotr Ilich Tchaikovsky/Kenneth MacMillan. English National Ballet.
ワディム・ムンタギロフ (ENB)「眠れる森の美女」王子役

Edward Watson – Principal in Fool’s Paradise, Joby Talbot/Christopher Wheeldon. Royal Ballet, London.
エドワード・ワトソン (ロイヤル・バレエ) 「フールズ・パラダイス」


オランダ国立バレエの躍進ぶりが目立ちます。オルガ・スミルノワやアルバン・レンドルフ、ワディム・ムンタギロフなどの若いダンサーのノミネートも目に付きますね。女性ダンサーのノミネート6人のうち、5人がロシア・バレエ育ちです。

受賞者は5月21日にボリショイ劇場で発表されます。翌22日には、"Stars of Benois de la Danse,"という過去の受賞者を中心にしたガラ公演が行われます。

なお、審査員の顔ぶれですが、審査員長はユーリ・グリゴローヴィチ、審査員はタマラ・ロホ(ENB芸術監督)、テッド・ブランセン(オランダ国立バレエ芸術監督)、デヴィッド・ドーソン(振付家)、マリナ・コンドラチェフ(ボリショイ・バレエ教師)、イヴァン・リスカ(ミュンヘン・バレエ芸術監督)、ヘルギ・トマソン(サンフランシスコ・バレエ芸術監督)、ニコライ・ヒュッベ(デンマーク・ロイヤルバレエ芸術監督)です。

« YAGPファイナル2013の結果 | トップページ | ENBの「若者と死」(ニコラ・ル=リッシュとタマラ・ロホ出演) »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

ムンタギロフのノミネート、なんだかうれしい感じがします。
去年のコジョカルのガラで来日した時に見ていいダンサーだな、と思ったので。
つくづく新国立劇場バレエ団にゲスト出演したのを見逃したのを後悔しています。

あと、ローザンヌを見始めたころ印象に残っていたティグラン・ミカエリアンのノミネートもうれしい感じです。

めめぺんぎんさん、こんばんは。

コジョカル・ガラのムンタギロフ素晴らしかったですよね。彼は若いのに随分成熟したダンサーになっていますよね。私も新国立劇場のジゼル、チケットを買っていたのに急にシュツットガルトに行くことになって見に行けなかったのが残念です。ただ、きっとこれからも彼を観る機会はたくさんあるのではないかな、大物になりそうだし。
ミカエリアン、ぜひ生の舞台で観てみたいダンサーです。ミュンヘンバレエも最近充実していますよね。

ムンタギロフ、コジョカルガラで見て良かったので、
新国立劇場のジゼルも見ました!

ガラではマックレー、ポルーニンのダイナミックさに
薄れがちでしたが、アルブレヒト役ではジャンプも
きれいでした。

東日本大震災の後、降板続きで代役で来日した
マシュー・ゴールディングもノミネートされているのが
嬉しいです。

2009年の世界バレエフェスティバルでシムキンと踊った
コチェトワが、オネーギンのタチアナでノミネートされているのが
ちょっと驚きました。

meiさん、こんにちは。

ムンタギロフのアルブレヒト、やはり良かったのですね。今回見られなくて残念ですが、彼はまだ若いからこれからも観る機会があるかな?マリインスキーフェスティバルでもソロルを踊っているし。(YTで3幕のコーダ観ましたが、完璧でした~)

マシュー・ゴールディングもピンチヒッターで何回も日本に来てくれたので応援したいですね。実は私GWにロイヤルで「バヤデール」と「マイヤリング」を観る予定なのですが、マシューがゲストでソロルを踊るんですよ。楽しみです。

マリア・コチェトコワは、日本ではやはりテクニック系の踊りを踊ることが多かったから、ドラマティックな役でノミネートされたのは確かに意外ですよね。どんな感じなのか、観てみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YAGPファイナル2013の結果 | トップページ | ENBの「若者と死」(ニコラ・ル=リッシュとタマラ・ロホ出演) »