BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 映画「アンナ・カレーニナ」Anna Karenina | トップページ | バーミンガム・ロイヤル・バレエの2013/14シーズン »

2013/04/09

木本全優さんが、ウィーン国立バレエのソリストに昇進

ウィーン国立バレエのドゥミ・ソリストだった木本全優さんが、4月7日に「ラ・シルフィード」のジェームズ役を演じて、ソリストに昇進したと、同バレエ団芸術監督のマニュエル・ルグリが発表しました。

http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/staatsballett_neu/presse_news/Solotaenzer-Kimoto.de.php

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130408/ent13040823550017-n1.htm

http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2937845/10555026?ctm_campaign=txt_topics

日本人男性がこのバレエ団でソリストとなるのは初めてとのことです。昨年10月には、同バレエ団の橋本清香さんがソリストに昇進しています。(木本さんがジェームズ役を演じた公演で、橋本さんはエフィ役で出演していました)

木本さんは姫路市の中田バレエシアター、カンヌのロゼラ・ハイタワー、パリのコンセルヴァトゥールで学んだ後、ドイツ・ドレスデン・バレエを経て、2008年からウィーン国立歌劇場に入団。2011年からドゥミ・ソリストを務めていました。

主なレパートリーは、ジェームズ役の他、「ドン・キホーテ」のバジル役、「ジゼル」のペザント、「白鳥の湖」の王子の友人、「マイヤリング」のハンガリー将校、「こうもり」のチャルダッシュ、マルコ・ゲッケの「モペイ」、「テーマとヴァリエーション」「イン・ザ・ナイト」など。日本人離れしたスラリとして恵まれたプロポーション、美しいつま先が印象的なダンサーです。

「ラ・シルフィード」のジェームズ役が当たり役だったルグリによって、木本さんがこの役でソリストに任命されたことは、素晴らしいことです。前回同バレエ団で「ラ・シルフィード」が上演されていたとき、木本さんはキャスティングされていたものの、怪我で降板してしまったため、今回の任命の感慨はひとしおであることでしょう。まだ25歳と若い彼の、今後ますますの活躍を期待したいところです。

« 映画「アンナ・カレーニナ」Anna Karenina | トップページ | バーミンガム・ロイヤル・バレエの2013/14シーズン »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

木本さん、おめでたいですね。ルグリが高い評価をしていることは知っていましたが、ほんとにめでたい。
私は写真でしか彼を見たことはありませんが、のびやかな動きと美しい足先がうかがえました。
きっとジャンプも高いのでしょうね。
日本でも彼を見られる日が早くるといいですね。

ショコラ・ショーさん、こんばんは。

木本さん、一昨年ウィーン国立バレエのドン・キホーテを現地で観たとき、群舞の一員だったのですが、外国人に混じってもまったく見劣りしない、脚が長くて顔が小さい恵まれた体型で、つま先もとても綺麗でした。去年のウィーン国立バレエの来日公演でも、「イン・ザ・ナイト」「精密の不安定なスリル」「こうもり」などで活躍していましたね。見に行けなかったのですが、今年の「バレエの饗宴」にも出演し、これは来月NHKで放映されるみたいなので、テレビで彼の踊りが見られますね!
ジェームズ役で昇進したということは、きっと足さばきも美しかったのではないかと思います。生でまた見られる日が楽しみですね!

木本さん、本当におめでたいことです。
何年か前のダンスマガジンにバジルにキャスティングされたさいのエピソードがのっていたように思いますが、きっとルグリに期待されているというか、ルグリが木本さんの中になにか光るものをみたのかな、と思いわくわくしています。

もし、次の「新しき世界」があるとしたら木本さんをつれてきてほしいですね。

めめぺんぎんさん、こんばんは。

木本さんは、おっしゃる通りルグリには大変気に入られているようですね。彼のつま先の美しさは、ルグリ譲りだと思います。きっとルグリが今後も彼を大切に育ててくれるんじゃないかと期待します。次回のルグリ柄にはぜひ出て欲しいですよね!まずはNHKバレエの饗宴の放映が楽しみです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「アンナ・カレーニナ」Anna Karenina | トップページ | バーミンガム・ロイヤル・バレエの2013/14シーズン »