BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« マリインスキー・バレエ「ロミオとジュリエット」ヴィシニョーワ主演ネット視聴 | トップページ | サンフランシスコ・バレエの2014シーズン »

2013/03/30

「二十世紀の10大バレエダンサー」村山久美子 著

舞踊評論家、舞踊史・ロシア舞台芸術史家、ロシア語通訳・翻訳として知られる村山久美子さんの著作。

ウリヤーナ・ロパートキナ
ウラジーミル・マラーホフ
シルヴィ・ギエム
ファルフ・ルジマートフ
ミハイル・バリシニコフ
ジョルジュ・ドン
ルドルフ・ヌレエフ
マイヤ・プリセツカヤ
ガリーナ・ウラーノワ
ワツラフ・ニジンスキー

これら10人のダンサーと、別枠として日本人ダンサー3人、森下洋子、吉田都、熊川哲也を取り上げている。

選んだ基準としては、長年毎日のように舞台を観て、公演評や舞踊評論を書かれてきた村山さんの目を通して選択したダンサーについて書いたとのこと。筆者が生まれる前に活躍したダンサーや、年齢が高くなってからの舞台した見ていないダンサーについては、名演が伝えられ、かつ、世界のバレエ界への影響力が大きかったダンサーを選んで、映像や書籍の資料で、その力を確認しながら執筆を進められたそう。結果的に大部分がワガノワメソッドで育ち、ロシアの内外で活動した人々が中心となった。時代的には、一番最初のロパートキナが現時点で最盛期を迎えているダンサーであり、章が進むにつれて過去に遡るため、最終章のニジンスキーから逆に読み進めていくと、時代の移り変わりとバレエの世界の変化も見えてくる。

ダンサーの魅力について語る、となると独りよがりになりがちであるが、この本の優れている点として、そのダンサーがなぜ傑出した存在であるかということを、極めて平易に、客観的に書き、しかも時代背景やどのような足跡をたどってそのような存在となったのかということを事実の積み重ねで語っていることである。特に興味深いのは、ほとんどのダンサーは、振付家、もしくは作品との出会いによって大きく成長したり、変容を遂げているということがわかることだ。(もちろん、教師の存在も大きく、名教師たちについても言及されている)その振付家についての解説も加えているため、ダンサーのみならず、バレエ界の動向や進化について幅広い知識を得ることができることである。いくら素晴らしい技術や表現力を持ったダンサーでも、その人の魅力を伝える優れた作品に出会わなければ、歴史に残るような存在にはならない。振付というもののの重要性を改めて認識した。

また、ダンサーの魅力を語るときに、難しい用語や表現を使わず(バレエ用語については必ず解説を加えている)、誰にでもわかりやすくその人の魅力を伝えられているところが素晴らしいと感じた。客観的な事実や第三者の視点を織り交ぜているのだが、同時に、そのダンサーに向ける熱い想いも同時に伝わってくる。特に力が入っているのはロパートキナの項目であり、なぜ、彼女の踊りが多くの人の心を揺り動かすのかということについて、読む側も大いに考えさせられ、彼女の「白鳥の湖」「瀕死の白鳥」「ダイヤモンド」の名演を思わず反芻してみるのであった。

日本人ダンサー3人については、世界的に活躍する彼らと世界との接点についても語られているため、今後世界を目指す若い人にもぜひ読んで欲しいと感じた。

一つ一つの章は短いため、もっとひとりひとりについて深く知りたければ、別途各々の評伝を読むと良いと思うが、バレエダンサーがなぜ人々を惹きつけるのかと、その理由を知り、バレエについてのベーシックな知識を得るためには欠かせない一冊である。

ひとつだけ間違いを指摘しておくと、ギエムの項目で、アクラム・カーンのことをモロッコ系ベルギー人と記述しているが、カーンはバングラデッシュ系イギリス人であり、モロッコ系ベルギー人とはシディ・ラルビ・シェルカウイのことだと思われる。

二十世紀の10大バレエダンサー二十世紀の10大バレエダンサー
村山 久美子

東京堂出版 2013-03-05
売り上げランキング : 32277

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« マリインスキー・バレエ「ロミオとジュリエット」ヴィシニョーワ主演ネット視聴 | トップページ | サンフランシスコ・バレエの2014シーズン »

バレエの本」カテゴリの記事

コメント

お世話になっています(__)
わたしもギエムの項を読んだ時、あれ??っと、気になっていました。
確かアクラム・カーンは両親がバックラディッシュで、自身はロンドン生まれだったはず、と。
『聖なる怪物たち』等日本でもおなじみのコンビ。また、ビノシュなど舞踊方面以外にも門戸を広げてくれた功績だけに、今回の村山氏の入門テキストでの記述、少々残念かな!!

Landereauさん、こんにちは。

Landereauさんもこの本を読まれたのですね!大変興味深く勉強になる本でしたよね。私、1月にアクラム・カーンの「DESH」を観て、バングラデッシュにルーツを持つイギリス育ちの人間としての、自身のルーツをたどる旅という内容で大変感動したので、あれ?って思ったのでした。ほんと、残念な点はここだけだったので、重版される時には修正されますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マリインスキー・バレエ「ロミオとジュリエット」ヴィシニョーワ主演ネット視聴 | トップページ | サンフランシスコ・バレエの2014シーズン »