BlogPeople


2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ミハイロフスキー・バレエの2013年ロンドン公演 | トップページ | イリ・キリアンのオフィシャルサイトオープン »

2013/01/02

あけましておめでとうございます/2012年を振り返って

皆様、あけましておめでとうございます。今年が皆様にとって笑顔いっぱいの幸せで素晴らしい一年になりますように!そして平和な一年でありますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。旧年中は皆様には大変お世話になりました。ブログを通して得られた出会いに感謝します。

昨年は、体調を崩してしまって色々と大変な年でした。しばらくのんびり過ごし、周りの励ましもあってだいぶ元気になってきましたが。ブログの方では、スランプに陥ってバレエの感想をあまり書けなくなってしまいましたが、こちらも徐々に復活できたらいいなと思っています。でも何よりも健康最優先で行きたいです。

そんな中でも、たくさんの舞台を観に行くことができました。日本でも、海外でもたくさんの友達ができて、楽しく過ごすことができました。このような出会いを大切にしたいと思います。来年は、鑑賞本数は減るはず!(というか、人生のうちでこれだけたくさん観ることはもう多分ないでしょう)

1月3日 レニングラード国立バレエ 新春スペシャル・ガラ
1月13日 「ニジンスキー・ガラ」東京バレエ団&マラーホフ
1月14日 「ニジンスキー・ガラ」東京バレエ団)&マラーホフ
1月28日 「Love from Paris エトワール」 Aプログラム 
2月2日 「Love from Paris エトワール」 Bプログラム 
1月31日 「スパルタクス」ボリショイ・バレエ(ワシーリエフ&ルンキナ、アレクサンドロワ)
2月1日 「スパルタクス」ボリショイ・バレエ(ドミトリチェンコ、ニクーリナ、シプリナ)
2月4日 「こうもり」新国立劇場バレエ団 カオ&テューズリー
2月5日 「スパルタクス」ボリショイ・バレエ 愛知県立芸術劇場(ワシーリエフ&ルンキナ、アレクサンドロワ)
2月7日 「ライモンダ」ボリショイ・バレエ(アレクサンドロワ&スクヴォルツォフ)
2月9日 「白鳥の湖」ボリショイ・バレエ ルンキナ&チュージン
2月19日 「アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト」Aプロ
2月21日、22日 「アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト」Bプロ
2月23日 「TeZukA」シディ・ラルビ・シェルカウイ
2月26日 「アレキナーダ」(オスモルキナ、ティモフェーエフ)NBAバレエ団
2月28、29日 「This is Modern」ユニバーサル・バレエ
3月4日 「ウエスタン・シンフォニー」「ステップテクスト」「ワルプルギスの夜」スターダンサーズ・バレエ団 
3月6日 「シェエラザード」「ダフニスとクロエ」「アルトロカント」/モナコ公国モンテカルロ・バレエ団
3月18日 「アンナ・カレーニナ」新国立劇場バレエ団 ズミエヴェッツ&ガブィシェフ
3月17日 「アンナ・カレーニナ」新国立劇場バレエ団 長田&厚地 
3月31日 「NHKバレエの饗宴2012」
4月21日 Dance to the Future 2012 新国立劇場バレエ団
4月24日 「ウィンナー・ガラ」 ウィーン国立バレエ団
4月30日 「こうもり」エシナ&クルラーエフ&ルグリ/ウィーン国立バレエ団 
5月5日 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 勅使川原三郎
5月6日 「白鳥の湖」  小野&福岡 新国立劇場バレエ団
5月25日 「海賊」K-Ballet Company 熊川&荒井
6月1日 「じゃじゃ馬馴らし」カン&バランキエヴィッチ/シュツットガルト・バレエ団
6月2日 「じゃじゃ馬馴らし」アマトリアン&ジョーンズ/シュツットガルト・バレエ団
6月2日 「じゃじゃ馬馴らし」アイシュヴァルト&レイリー/シュツットガルト・バレエ団
6月6日 「白鳥の湖」オサチェンコ&マッキー/シュツットガルト・バレエ団
6月9日 「じゃじゃ馬馴らし」ヴュンシュ&レイリー/シュツットガルト・バレエ団(兵庫県立文化芸術センター)
6月10日 「白鳥の湖」オサチェンコ&マッキー/シュツットガルト・バレエ団(びわ湖ホール)
6月24日 「マノン」ウェッブ&ウォルシュ 新国立劇場バレエ団
7月1日 「マノン」小野&福岡 新国立劇場バレエ団
7月7日 「Nameless Voice ~水の庭、砂の家」Noism
7月22日 「バレエ・アステラス」 
8月2日、3日、5日 「第13回 世界バレエフェスティバル」Aプロx3
8月8日 「ラ・バヤデール」ヴィシニョーワ&ゴメス/東京バレエ団
8月9日 「ラ・バヤデール」コジョカル&コボー/東京バレエ団
8月11日、12日、14日 「第13回 世界バレエフェスティバル」Bプロx3
8月16日 「第13回 世界バレエフェスティバル」ガラ
8月18日 「アナスタシア」島添&ステラ 小林紀子バレエ・シアター
8月28、30日 「ロイヤル・エレガンスの夕べ」  
9月28日 「オネーギン」東京バレエ団 吉岡&マッキー 
9月29日 「ハレの祭典」佐藤健作 和太鼓公演、酒井はな
9月30日 「オネーギン」 東京バレエ団 吉岡&マッキー
10月6日 ダンストリエンナーレ東京 ヤスミン・ゴデール「LOVE FIRE」
10月19日 「DEDICATED IMAGE」 首藤康之、中村恩恵
10月20日 「曼荼羅の宇宙」森山開次
10月28日 「シルヴィア」新国立劇場バレエ団 米沢&菅野 
10月30日 「シルヴィア」新国立劇場バレエ団 佐久間&ツァオ 
11月1日 「シルヴィア」新国立劇場バレエ団  小野&福岡
11月24日 「Sadeh21」バットシェバ・カンパニー
11月25日 「ダニール・シムキンのすべて インテンシオ」 
11月15日 「ラ・バヤデール」マリインスキー・バレエ ロパートキナ&コルスンツェフ 
11月22日 「アンナ・カレーニナ」ヴィシニョーワ&ズヴェレフ マリインスキーバレエ
11月23日 「アンナ・カレーニナ」 ロパートキナ&エルマコフ マリインスキーバレエ
11月25日 「ラ・バヤデール」マリインスキー・バレエ ヴィシニョーワ&コールプ
11月27日 「白鳥の湖」マリインスキーバレエ  ロパートキナ&コルスンツェフ 
12月2日 「オールスターガラ」 マリインスキーバレエ
12月22日 「くるみ割り人形」 松山バレエ団
12月25日 「Solo for 2」「中国の不思議な役人」Noism&Noism2

<海外>
1月7日「第6回国際バレエスター・ガラ イン・台北」(台北大劇院) コチェトコワ、シムキン、コールプ、セミオノワ、シアラヴォラ、サイズ、イェリネク、アマトリアン、レイリー他
3月10日、11日、13日、15日、18日「眠れる森の美女」ナショナル・バレエ・オブ・カナダ(フォーシーズンズ・シアター・フォー・パフォーミング・アーツ) ロドリゲス&スタンティク、オグデン&コテ、ホジキンソン&マッキー、ヴァンストーン&コンヴァリーナ
6月15日、16日、17日「椿姫」シュツットガルト・バレエ(ソウル・セジョン劇場)カン&ラドマーカー
7月11日、14日、15日「オネーギン」シュツットガルト・バレエ(シュツットガルト州立劇場)アマトリアン&マッキー、アイシュヴァルト&ジョーンズ
11月3日、4日「椿姫」シュツットガルト・バレエ(上海大劇院)カン&ラドマーカー、アマトリアン&レイリー
11月16日「ドン・キホーテ」パリ・オペラ座バレエ「ドン・キホーテ」(オペラ・バスティーユ)パリエロ&パケット
11月17日、18日(昼夜)「オネーギン」シュツットガルト・バレエ(シュツットガルト州立劇場)サイモン&マッキー、カン&バランキエヴィッチ
12月6日、7日、8日、9日「ジゼル」ナショナル・バレエ・オブ・カナダ(フォーシーズンズ・シアター・フォー・パフォーミング・アーツ) ヴァンストーン&江部、ロドリゲス&コンヴァリーナ、シャオナン・ユ&マッキー、ホジキンソン&コテ

<歌舞伎>
五月花形歌舞伎 「西郷と豚姫」「紅葉狩」「女殺油地獄」
秀山祭九月大歌舞伎 「時今也桔梗旗揚」「京鹿子娘道成寺」
十二月大歌舞伎 「御摂勧進帳」

<オペラ>
「プラテー」(シュツットガルト歌劇場)
「ピーター・グライムス」(新国立劇場)

その中で印象的な舞台を挙げていくと、インパクトの大きさでは、バットシェバ・カンパニーの「Sadeh21」でした。こんなに鮮烈で心に響くような舞台を観ることができて本当に良かった、さいたままで足を運んで本当に良かったと思いました。ダンストリエンナーレのヤスミン・ゴデール「LOVE FIRE」も、もうめちゃめちゃ面白かったです。バレエでは、ボリショイ・バレエの「スパルタクス」と、新国立劇場バレエ団の「シルヴィア」が素晴らしかった。ボリショイの底力は言うまでもありませんが、新国立劇場バレエ団の成熟ぶりは凄いと感じました。それと、2010年1月の役デビューから見続けてきたエヴァン・マッキーのオネーギンのキャラクターの変化を見届けられたのもよかったです。日本でもついに「オネーギン」を踊ることができたし。カナダでのヌレエフ版眠りも大変美しかったので、今年はオネーギンと白鳥以外で観られるといいな、と思ったのでした。
あとは、親に連れて行ってもらった歌舞伎がとても楽しかったので、今年も観られるといいのですが、新歌舞伎座の柿落としでチケットの入手が難しそうなのでどうしようかと思っているところです。

皆様にとっても、素晴らしい舞台との出会いがありますように!

« ミハイロフスキー・バレエの2013年ロンドン公演 | トップページ | イリ・キリアンのオフィシャルサイトオープン »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミハイロフスキー・バレエの2013年ロンドン公演 | トップページ | イリ・キリアンのオフィシャルサイトオープン »