BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ヨハン・コボー、怪我で「オネーギン」降板、代役はジェイソン・レイリー | トップページ | ボリショイ・バレエのセルゲイ・フィーリン芸術監督が襲撃される »

2013/01/17

新国立劇場バレエ団2013/14シーズンラインアップ速報/追記

新国立劇場バレエ団の2013/14シーズンラインアップ速報が会報誌ジ・アトレに載っていました。

(1/18追記、オフィシャルサイトにも載っていました。情報を追加します)


バレエ・リュス ストラヴィンスキー・イブニング  
  火の鳥(フォーキン)/アポロ(バランシン)新制作/結婚(ニジンスカ)新制作
Ballet Russes Stravinsky Evening
The Firebird / Apollo / Les Noces
2013年11/13(水)~17(日) 4公演

DANCE to the Future~Second Steps ~
NBJ Choreographic Group

2013年12/7(土)、8(日) 2公演

くるみ割り人形 (牧阿佐美)
The Nutcracker
2013年12/17(火)~23(月・祝) 7公演

白鳥の湖 (牧阿佐美)
Swan Lake
2014年2/15(土)~23(日) 5公演

シンフォニー・イン・3 ムーヴメンツ(バランシン)新制作、大フーガ(ファン=マーネン)新制作、ジェシカ・ラング振付新作(中劇場) 新制作
Symphony in Three Movements Grosse Fuge New Work by Jessica Lang
2014年3/18(火)~23(日) 5公演

カルミナ・ブラーナ(ビントレー)/ファスター (ビントレー)日本初演
Carmina Burana / Faster
2014年4/19(土)~27(日) 5公演

パゴダの王子 (ビントレー)
The Prince of the Pagodas
2014年6/12(木)~15(日) 5公演


新制作は、アポロ、結婚、シンフォニー・イン3ムーブメンツ、大フーガ、ジェシカ・ラング新作、ファスターになります。

ジェシカ・ラングは若手の女性振付家で、彼女の振り付けた「スプレンデッド・アイソレーション」はABTのイリーナ・ドヴォロヴェンコ、マキシム・ベロツェルコフスキーが日本でも踊っています。「大フーガ」はオランダ国立バレエなどで踊られています。

また、新国立劇場のダンスの方では、先日上演されて好評だった、バレエ団ダンサーによる振付作品集「First Steps」の第二弾「Second Steps」が上演されます。今度は2公演に増えて週末の上演です。

デヴィッド・ビントレー芸術監督にとっては最後のシーズン。トリプルビルが二つで、片方は三作品すべて新制作と大変意欲的なのはいいことです。でも評判の悪いの牧阿佐美版くるみをまた上演するのは残念です。白鳥の湖などこういう演目は観客動員には欠かせないものなんでしょうけど。

いずれにしても、進んで新作や現代作品を上演するビントレーの進取精神が次の芸術監督に受け継がれますように。

キャストは一切発表されていないけど、この段階でチケットを売り出して、どれくらいセット券が売れるのかは少々心配です。


ダンス公演の方も発表されているので、併せて。

2013年10/4(金)~10(木)
中村恩恵×首藤康之
Aプログラム「新作」
Bプログラム「Shakespeare THE SONNETS」

2013年12/7(土)、8(日)
DANCE to the Future~Second Steps ~
NBJ Choreographic Group

2014年1/23(木)~26(日)
小野寺修二 カンパニーデラシネラ
ある女の家

2014年6/7(土)、8(日)
ダンス・アーカイヴ in JAPAN
─未来への扉─ a Door to the Future

[プログラム案] 作品・及び初演年・振付家名

第一部 「日本の太鼓」(1951年) 振付:江口隆哉

第二部 小品集
「ピチカット」(1916年) 振付:伊藤道郎
「食欲をそそる」(1925年) 振付:石井 漠
「白い手袋」(1940年) 振付:石井 漠
「母」(1941年) 振付:高田せい子
「BANBAN」(1950年) 振付:檜 健次
〈タンゴ三題〉
「タンゴ」(不明) 振付:伊藤道郎
「タンゴ」(不明) 振付:小森 敏
「タンゴ」(1933年) 振付:宮 操子

第三部 「春の祭典」(2008年) 振付:平山素子/柳本雅寛


追記 26~39歳対象の優待制度「アカデミック39」が新登場!

このたび、26歳から39歳までの方を対象にした新国立劇場主催公演の優待制度、「アカデミック39」が開始されるそうです。公演初日の2週間程度前に残席がある場合、オペラ公演のS・A席を原則として11,000円、他のジャンルの公演は原則として半額にてメールで案内が来るそうです。

【アカデミック39】
対象:26~39歳のすべての方(登録制)
登録受付開始:2013年1月20日(日)
-----------------------------------------------------------
○オペラ…S・A席(通常20,000円程度)が原則として11,000円(アトレ会員10,000円)
○バレエ・ダンス・演劇…原則として定価の50%OFF

登録はこちらのサイトから
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/30000456.html

« ヨハン・コボー、怪我で「オネーギン」降板、代役はジェイソン・レイリー | トップページ | ボリショイ・バレエのセルゲイ・フィーリン芸術監督が襲撃される »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨハン・コボー、怪我で「オネーギン」降板、代役はジェイソン・レイリー | トップページ | ボリショイ・バレエのセルゲイ・フィーリン芸術監督が襲撃される »