BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ジャン=ギヨーム・バール講演会「ダンス・クラシックの今:伝統と革新のはざま、逆説に満ちた世界」Jean Guillaume Bart's Lecture "Dance Classic at Present,Between Tradition and Innovation, A Paradoxical World" | トップページ | 映画「バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり」と「ファーストポジション 未来のエトワールたち(仮題)」公開予定 »

2012/05/26

シュツットガルト・バレエ2012/2013シーズン発表 Stuttgart Ballet 2012/13 Season

シュツットガルト・バレエの2012/2013シーズンが発表されました。

http://www.stuttgart-ballet.de/flipping-book/stuttgarter_ballett_12_13/index.html
(ドイツ語)

概要はこちらで見ることができます。
http://www.stuttgart-ballet.de/schedule/overview-2012-13/

プレミアとしては、
ドン・キホーテ
マキシミリアーノ・グエラ振付版の新改訂版
http://www.stuttgart-ballet.de/schedule/overview-2012-13/don-quijote/
9月23日より15公演

ダンサー・イン・ザ・ダーク
Schauspiel Stuttgart(演劇カンパニー)との共同制作、 Christian Brey演出、マルコ・ゲッケ振付の世界初演、ラース・フォン・トリアー監督の同名映画をバレエ化
http://www.stuttgart-ballet.de/schedule/overview-2012-13/dancer-in-the-dark-/
http://www.stuttgarter-ballett.de/spielplan/spielzeituebersicht-2012-13/dancer-in-the-dark/
11月28日初演(なぜか初演の日程しか載っておらず、1月のスケジュールがほぼ空白なので、この時期にこの公演が行われるようですね)

Tanz/Töne」(ミックスレパートリー)
「フルートとハープのためのコンチェルト」(ジョン・クランコ振付)、「スライス・トウ・シャープ」(ヨルマ・エロ振付)、「ボレロ」(モーリス・ベジャール振付)
http://www.stuttgart-ballet.de/schedule/overview-2012-13/tanz-toene/
2月2日より11公演

Krabat
デミス・ヴォルピ振付の世界初演作品、オトフリート・プロイスラーの児童文学「クラバート」が原作
http://www.stuttgart-ballet.de/schedule/overview-2012-13/krabat
http://www.stuttgarter-ballett.de/spielplan/spielzeituebersicht-2012-13/krabat/
3月22日初演、11公演

Masterpieces」(ミックスレパートリー)
「四つの気質」(ジョージ・バランシン振付)、「ダンシズ・アット・ア・ギャザリング」(ジェローム・ロビンス振付)、「春の祭典」(グレン・テトリー振付)
http://www.stuttgart-ballet.de/schedule/overview-2012-13/masterpieces/
4月20日より11公演

若手振付家の夕べ
(カンパニー内ダンサーによる新作披露公演)
http://www.stuttgart-ballet.de/schedule/overview-2012-13/young-choreographers-2013/


レパートリー作品としては、

オネーギン」(ジョン・クランコ振付)
http://www.stuttgart-ballet.de/schedule/overview-2012-13/onegin/
10月12日より10公演

ロミオとジュリエット」(ジョン・クランコ振付)
http://www.stuttgart-ballet.de/schedule/overview-2012-13/romeo-and-juliet/
12月2日より7公演

オテロ」(ジョン・ノイマイヤー振付)
http://www.stuttgart-ballet.de/schedule/overview-2012-13/othello/
2012年7月5日より5公演


ツアー

中国(上海、北京)11月3日~11日、「椿姫」

ロシア(モスクワ、ボリショイ劇場)5月2日~5日、「ロミオとジュリエット」、ミックスレパートリー

*****
注目は、二つの全幕新作「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と「クラバート」です。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」はかのラース・フォン・トリアーの映画(ビョーク主演)を原作としているとのことで、昨シーズンの「オルランド」に続くマルコ・ゲッケによる作品です。

また、エリック・ブルーン・プライズで振付賞を受賞し、ABTなどにも作品を提供している、コール・ドの若手ダンサー/振付家のデミス・ヴォルピが初めて全幕作品に挑戦するというのも凄いことです。原作は宮崎駿監督が「千と千尋の神隠し」を作るにあたって参考にしたことでも有名な「クラバート」は、例年行われている「バレエ・イン・ザ・パーク」(劇場前のシュロスガルデン公園での生中継)でも上演されるということで、カンパニーのこの作品にかける意気込みが伝わってきます。ヴォルピはジョン・クランコ・スクールやハンブルク・バレエ学校に「動物の謝肉祭」を振付けていたりして、子供向けの作品は非常に達者な印象があります。去年の12月に、Fingerspitzengefühl という作品を上演したのを観ましたが、彼の振り付けにはオリジナリティがあってとても面白いです。

世界初演の全幕新作を年に二つも制作できるカンパニーはなかなかありません。期待できる新シーズンだと言えます。

*****
さて、しばらくこのブログは更新を休止する予定です。復帰の時期は不明ですがそのうち、帰ってくることができるでしょう、たぶん。

« ジャン=ギヨーム・バール講演会「ダンス・クラシックの今:伝統と革新のはざま、逆説に満ちた世界」Jean Guillaume Bart's Lecture "Dance Classic at Present,Between Tradition and Innovation, A Paradoxical World" | トップページ | 映画「バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり」と「ファーストポジション 未来のエトワールたち(仮題)」公開予定 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさんこんにちは、いつもブログを楽しみに拝見しています。
バレエ初心者のため参考にさせていただくばかりですが、ギエムのHopeJapanガラに感動して一度だけコメントさせていただいた者です。
(naomiさんの記事はもちろんバレエを良くご存知の方々のコメントにもいつも感心しています。)
この記事へのコメントでなくてすみませんが、、しばらく更新を休止する予定との事に大変びっくりしています。
(休止の予定なので、予定は予定でこのまま時々でも続いてくれればとても嬉しいですが)
体調を崩されているとおっしゃっていたのを心配しておりましたが、なかなか回復されないのでしょうか?
体調が原因なのであれば元気になるまでゆっくりしてください。
どのような理由であるにしても帰って来られるのを楽しみにお待ちしております。

naomiさん、

いつも情報ありがとうございます。
先日、naomiさんの書き込みを拝見し、これは、naomiさんのところから買うしかない!と思い、「ベニスに死す」を買わせていただきました。
忙しくてまだ見ておりませんが、とても楽しみです。

復帰、お待ちしております。

Kaoさん、こんにちは。

Hope Japanの時にはコメントをありがとうございました!
ご心配いただきありがとうございます。体調がすぐれない状態が長く続いているのは事実であり、なかなか思うように文章も書けなくなってしまいました。
でも、続けたいという気持ちはあるので、体調と相談しつつ、なんとか復活できたらと思います。本当に応援ありがとうございます。

テスさん、こんにちは。

「ヴェニスに死す」お買い上げいただきありがとうございます。素晴らしい作品なので、お暇なときに楽しんでいただければと思います。
復帰は必ずしたいと思いますので、その時までお待ちくださいね!

初めまして。いつも楽しくブログを拝見させていただいています。
シュツットガルトの新シーズンについては、「クラバート」が自分自身とても好きな小説なので
とても気になっています。

ブログを休まれるとのこと、残念ですが、お体に気をつけてご養生くださいませ。

メメペンギンさん、初めまして。コメントありがとうございます。

「クラバート」、私は読んだことがないのですが、ちょっと興味を持ったので読んでみたいです!この作品、観に行けたらいいな~と思っているんですが。

しばらくブログは休むとは思いますが、なんだかんだ言っていつかは戻ってくると思います。(案外早かったりして)とりあえず体調を復活させなくちゃっと思っているところです。

はじめまして。naomiさんのブログが好きで、毎日見ています。
しばらくお休みされるとのこと、残念です。
1973年にNHKで放映されたボリショイバレエの映像が忘れられませんでした。
naomiさんのブログでバレエの鑑賞を学び、たまたま東京に住んでいるので
大好きなニーナの舞台も見られましたし、今年も行きます。
早く戻ってきて下さいね。待っています。

shiroさん、こんにちは

毎日いらしていただいていてありがとうございます!こうやって言っていただけるのはとても嬉しく思います!応援してくださる皆さんがいらっしゃるから、続けてこられたんだと思います。

ニーナの来日も楽しみですね!素敵なアーティストとの出会いは、人生にときめきをもたらしてくれますよね。
なんだかんだ言って、すぐに戻って来られる気がします。引き続きよろしくお願いいたします!

naomiさん、はじめましてこんにちは。
いつも、楽しみに拝見しています。
こちらのブログで、観よう、読んでみよう、と思ったことは数しれず、です。
更新休止予定は残念ですが、あまりご無理なさらずに。
またの機会を楽しみにお待ちしてますね。

シュツットガルトの来シーズン発表、心待ちにしていましたので、教えていただきありがたいです。これからじっくり、サイト見てみます!!

このブログ、たくさんのバレエファンが楽しみに読んでいました・・・。更新再開できるような状況に早くなりますように、心から祈らずにいられません。

isさん、はじめまして、そしてこんにちは。

楽しみにしてくださってありがとうございます。
私のつたない記事が参考になったようで、とても嬉しく思います。こうやって、読んでいる方と交流できるのはブログの良いところですよね。コメント欄は引き続き書き込みできるようにしておきます。
遠くない将来に復活したいと思いますので、その時にはどうぞよろしくお願いいたします!

きぃこさん、こんばんは。

シュツットガルト・バレエのシーズン発表は例年、主要バレエカンパニーの中でも最後なんですよね。これでやっと今年後半からの予定が決められるというものです(笑)椿姫は韓国に続き中国でもやるということで、なんで日本で見られないの~って思いますよね。

そして応援ありがとうございます。少し時間はかかるかもしれませんが、復活はしたいと思っているので、頑張ります~。

ゆっくりお休みくださいませ。
ありがとうございました。
また、お会いできる日を楽しみにお待ちしております。

はじめまして!
私は高校2年生でバレエをやってて
4年くらい前からずーっとブログを
読まさせていただいてます。
海外のバレエ団の情報だったり
公演のレポートなど
とても楽しく読まさせていただいてました!!

しばらくブログを休止されるということで、体調の方は大丈夫でしょか>

ぜひまたいつかブログを更新していただけると嬉しいです♪

ありがとうございます!

初めてコメントを書きます。
いつもいろいろな情報や鑑賞された舞台の感想など読ませていただくことを
楽しみにしております。
「このダンサー、これから期待できるぞ!」という情報などは、まだまだバレエ鑑賞初心者の私には、
うれしい情報です。
しばらくブログを休まれるということですが、復活の日を楽しみにしています。

はじめまして。
バレエ鑑賞が好きなのに、舞台とは縁遠い中東に住んでいて、naomiさんのブログを頼りにバレエに思いを寄せていました。たくさんの情報や舞台の感想、ありがとうございました。

復活、心待ちにしております。ゆっくりお休みください。

akiさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。できればこのブログは続けていきたいと思っているので、しばらくお休みしなければならないのは本当に残念です。また帰ってきますのでお待ちくださいね。

yo-koさん、こんにちは。

ずっとバレエをやっていらっしゃるんですね!そういった若い方が4年間も読んでいただいてくれてとても嬉しいです。今ちょっと体調不良なのですが、元気になったら必ず復活したいと思います。こうやって読んできていただいている方がいらっしゃることに本当に感謝です!

ashitaさん、こんにちは。

私自身も、長年鑑賞してきた皆様に比べると知識の量は全然・・・ですが、読んでくださるみなさんにお役に立てていたなら本当に嬉しいです。これから活躍できそうなダンサーを見つけることも、バレエを観る楽しみの一つですよね!

遠くない将来というかしばらくしたら復活しますので、お待ちいただければと思います。これからもどうぞよろしく!

minkさん、こんにちは。

中東にお住まいなのですね!このブログ、世界中にお住まいの方に読んでいただいているようで、本当に感謝です。そのうち、必ず復活しますので、また時々アクセスしてみてくださいね。なんとか復活できるように頑張ります。

いつも楽しくブログを拝見させていただいています。インターネットにうとい私にとってnaomiさんのブログは唯一情報を知ったり、公演の様子を知ることのできる所で、毎朝読むのを楽しみにしていました。特に海外の公演の様子は貴重でした。体調が悪くしばらくお休みされるとのこと。更新再開ができるような状態に早くなりますように!再開を心待ちにしています。

naomiさん、

いつも素早く、正確な情報をお伝えいただいて、ありがとうございます。また、公演鑑賞後には、舞台を観ていない私たちにもわかりやすく、そして臨場感溢れるレポートをアップしてくださり、その鋭い洞察力と舞台を愛する情熱をいつも素晴らしいなと思っています。

体調がすぐれないとのこと、舞台を存分に楽しむためにも、ゆっくりとし、回復されますように!!

再開を待っています!!

いつも楽しく拝見させていただています。
どうぞおからだご自愛くださいね。
私はnaomiさんのブログで、バレエの楽しさ、奥深さを教えていただきました。
地方にいる者にとって、貴重なご意見や感想、情報の数々・・・。
ほんとうに感謝しています。ありがとうございます。
一日も早く、体調がよくなられますように、心より願っています。

risaさん、こんにちは。

ありがとうございます。拙ブログをご愛読いただき、本当にありがとうございます!私も最近はあまり熱心にニュースを追っていないところがあって、もっと紹介すべきかなと思ったところもあったのですが、お役に立てていたなら本当に嬉しいです。ブログは気がついたらもう8年くらいやっているので、なんとか細々とでも続けていきたいです。

hirokoinjapanさん、こんにちは。

ありがとうございます。できるだけ調べて書くようにしているのですが、時々、あとで思わず赤面してしまうような間違いを書いてしまうこともあったりしたんですよ(笑)。ブログはそうですね、情熱を持って取り組んでいたことのひとつでした。それも、こうやってコメントをしてくださるみなさんがいらっしゃったからこそです。元気になったら復活します!

ショコラ・ショーさん、こんにちは。

本当にありがとうございます。拙ブログでバレエを楽しんでいただけていたなら、本当に嬉しいことです!シュツットガルト・バレエの関西公演には行きますよ~♪また頃合を見て復帰しますので、それまでお待ちくださいね。

naomiさま はじめてお便りいたします。

友達からこのブログを紹介されて以来、毎日本当に楽しみに読ませていただいていました。

ご紹介いただいた本も図書館から借りて読んだり、(現在ディアギレフにとりかかっています)
ベニスに死すのDVDをゲットしたり、エヴァンの出演するオネーギンは絶対にはずさずに行こう!と
予定を組んだり、本当に私にとって大切な手引きをしてくださるブログでした。

これほどバレエに造詣の深い方もいるんだなぁとものすごく感心すると同時に尊敬の念を持っていました。どんな方なんだろうと色々と想像もしておりました。

お休み残念ですが、どうぞお体大事になさってください。復帰の日を首を長くして待っていますね!

コンチータさん、はじめまして。

ありがとうございます!こうやって楽しみにしていただけたのは、私にとっても貴重な財産です。「ディアギレフ」大長編ですが読まれているんですね!「ヴェニスに死す」も注文されたり、エヴァンに注目してくれたり、本当に嬉しいです。

私はホント集中してみるようになったのってここ9年くらいなので、ホントまだまだ経験値は浅い方です。まだまだ勉強しなくちゃいけないなって思います。充電期間に、また色々本を読んだり映像を観てみたいなって思っています。

多分それほど間をおかずに復活できると思いますので、引き続きよろしくお願いいたしますね♪

naomiさん、こんばんわ。
何時も詳しい情報とコメントバックありがとうございます。バール氏の講演記事に書かせていただこうかと思ったのですが、ブログをお休みされるとのことでこちらへコメントしました。

バール氏の講演に体調不良で行けなかったので、細かなレポートに感謝の気持ち一杯で拝見いたしました。
幼少からバレエを習っていたので、バール氏の言葉に目から鱗が出る思いで読ませて頂きました。

復帰を楽しみに待っております。
どうかお身体大切になさってください。

すいかさん、こんばんは。

ジャン=ギョーム・バールの講演会、本当に面白かったです。彼の言っていたことは多くの人に知ってもらいたいな~と思って記事を書きました。特に幼少の頃からバレエを習っていらっしゃったなら、彼の言葉に対してさらに感じられることも多かったでしょうね。

お気づかいありがとうございます。体調の方は少しずつ良くなってきたかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャン=ギヨーム・バール講演会「ダンス・クラシックの今:伝統と革新のはざま、逆説に満ちた世界」Jean Guillaume Bart's Lecture "Dance Classic at Present,Between Tradition and Innovation, A Paradoxical World" | トップページ | 映画「バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり」と「ファーストポジション 未来のエトワールたち(仮題)」公開予定 »