BlogPeople


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ハンブルク・バレエ「ヴェニスに死す」DVD Tod in Venedig: By John Neumeier Hamburg Ballet | トップページ | デンマーク・ロイヤル・バレエの2012/13シーズン Royal Danish Ballet's 2012/13 Season »

2012/04/23

ABTのオープニング・ガラ American Ballet Theatre's Opening Night Gala

ABTのMETシーズンオープニングを飾るオープニング・ガラ(5月14日)の演目と出演者が発表されていました。

http://www.abt.org/performances/performance_display_1.asp?Event_ID=752

Thirteen Diversions (excerpts) Riccetto, Matthews, Seo, Davis, Abrera, Tamm, Messmer, Hammoudi
Le Corsaire (Odalisques) Lane, Copeland, Boylston
La Bayadère (Act II pas de deux) Semionova, Hallberg
Le Corsaire (Bedroom pas de deux) Herrera, TBA
TBA  Part, Stearns
Swan Lake (Act II pas de deux) Dvorovenko, Beloserkovsky

Students of the Jacqueline Kennedy Onassis School

Romeo and Juliet (Balcony pas de deux) Vishneva, Gomes
Swan Lake (Act III pas de deux) Murphy, Muntagirov
Manon (Act I pas de deux) Cojocaru, Corella
Don Quixote (Act III pas de deux) Reyes, Cornejo
Onegin (Act I pas de deux) Kent, Bolle
Flames of Paris (pas de deux) Osipova, Vasiliev
Thirteen Diversions (finale) Riccetto, Matthews ,Seo, Davis, Abrera, Tamm, Messmer, Hammoudi

この顔ぶれを見ると、セミオノワ、ムンタギロフ、コジョカル、ボッレ、オシポワ、ワシーリエフとゲストダンサーの名前が目につき、一体どこのガラかと思うほどですが、次々と主力だったダンサーが引退していく現状を見ると、致し方ないのかという気もします。その中で、今シーズン末でABTを去るアンヘル・コレーラがアリーナ・コジョカルと「マノン」を踊るのはちょっと嬉しい知らせです。(この二人が世界バレエフェスティバルで共演したのは2003年のことでしたね。懐かしいです。あの時も「マノン」の寝室のパ・ド・ドゥを踊ったのでした)

「サーティーン・ディヴァージョンズ」(ウィールダン振付)では、コール・ドのエリック・タム、グレイ・デイヴィス、アレクサンドル・ハムーディの名前もアップされているので、このうちの一人でもソリストに昇格して将来のABTをになって欲しいなと思うのでした。

なお、このオープニング・ガラには、名誉理事としてミシェル・オバマ大統領夫人も参加するとのことです。
http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=396

また、終わったことですが、4月20日にヴァージニア州ノーフォークで行われた「ジゼル」公演は、当初予定されていたコリー・スターンズが怪我のため降板し、代役として、「オネーギン」のリハーサル中だったロベルト・ボッレが出演するという異例のキャスティングとなったようです。コリーの怪我が大きくないことを祈ります。(貴重なABTプリンシパルですから)

« ハンブルク・バレエ「ヴェニスに死す」DVD Tod in Venedig: By John Neumeier Hamburg Ballet | トップページ | デンマーク・ロイヤル・バレエの2012/13シーズン Royal Danish Ballet's 2012/13 Season »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

今年はゲストそろいのOpening Galaですよね。。。。ビックリです!
EricとAlexは、絶対にソリストになりますよ!!と思ってます。。。今年かどうかは分らないけど、この二人は絶対に昇格するダンサーと確信してます。

え~、Coryは怪我ですか? 知らなかった。。。。。さすがですね、その情報はどこから?
多分、腰かもな~。 シカゴの時点で腰が痛くてセラピィ受けてるって言ってし。。。

takakoさん、こんばんは。

もちろんtakakoさんはオープニングガラに行かれますよね?ぜひご覧になった感想を教えてくださいね。

そうなんです、ゲストが多いのにびっくり。でも、エリックやアレックスには本当に昇進して欲しいです!特にアレックスはtakakoさんに教えてもらったとおり、今シーズンロミオを踊るんですものね。

コリーの怪我はご存知かと思っていました。この記事です。
http://www.dailypress.com/entertainment/dp-ballet-superstar-comes-to-norfolk-20120418,0,1440698.story
他にも、「ジゼル」のレビュー記事があって、そこにコリーの怪我が載っていました。腰ですか、心配ですね。どうかシーズンのオープニングには間に合いますように。

早速の情報有難うございます!
ボレが踊りたい~って言ったのかと思った(笑)。実際ありそうだけど・・・・・
Coryの怪我は、多分だけど。。。腰・・・・・だと思うんだよね。 シカゴで、痛いからさ~とか言ってたし。
しかもThirteen Diversions でやられた~って言ってたよ。この振りは、リフトの仕方とかが・・・かなり腰に負担来るそうです。 膝を曲げからリフトするのが普通だけど、この作品はそうじゃないんだって。。。。確かに、当初からこの作品はかなり踊り難いので 好きじゃないと(彼、正直)。 あ~、Metまで大丈夫か!?しかもガラ公演では、重いベロニカ相手だよ。。。。。現在、怪我中だから作品も決まらないかもね?? う~心配。 残念ながらGala公演には行かないんです(毎年行ってない) 公演が早すぎて、間に合わないのよね~

はじめまして、はなはなと申します。いつも楽しく拝見してます。
ABT、助っ人外人ばっかりですね。去年来日したGomesをみてすっかりファンになり、今年は後半あたり観にいこうと思ってますが(ロミオもアルマンも絶品でした。わざとらしさや大げさ感がなく、あくまでも自然な演技なのに情熱的。ほかの人のロミオやアルマンも色々見ましたが、全然違いました)、けっこうな率ででているので、怪我が心配です。。高いチケットはらって違う人だったら目も当てられない!生え抜きの多くの人がうまくローテーションできる仕組みに、早くABTはなってほしいですね。

takakoさん、こんばんは。

ボッレが出たいといったのかもしれませんね。ちょうどNYに来ていたから。

コリーは長身だから、大きい女性を持ち上げなくちゃいけなくて大変ですよね。確かに腰に負担がかかりそうです。私はけっこうサーティーン・ディヴァーションズは好きだったけど、でも踊る側にとって負担の大きな振り付けなんですね。

ABTのオープニングガラって長いプログラムだから、開演が早いんですね。(そしてチケット代も高い)ABTだと普通開演が8時なので、仕事があってもわりと余裕を持って観に行けるのがいいですよね。東京の6時半ってホント、勘弁して欲しいです。

はなはなさん、こんにちは。

私もマルセロ・ゴメスは大好きなダンサーなので、世界バレエフェスティバルの「ラ・バヤデール」がとっても楽しみです!彼は王子様も悪役もできるすごい人ですよね。サポートもうまいし、ノーブルだし、彼のロミオとロットバルトは本当に最高ですよね。(アルマンは私の理想が別にあるので、ちょっと違うなと思ったのですが)でも、本当に数少ないABTプリンシパルの一人となってしまったので、働き過ぎで怪我をしてしまうのではないかと心配してしまいます。ホント、キャスト変更となったら目もあてられないので、生え抜きのダンサーも育てて欲しいと思うのでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンブルク・バレエ「ヴェニスに死す」DVD Tod in Venedig: By John Neumeier Hamburg Ballet | トップページ | デンマーク・ロイヤル・バレエの2012/13シーズン Royal Danish Ballet's 2012/13 Season »