BlogPeople


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ロイヤル・バレエ、ウェイン・マクレガーの新作はマーク・ロンソンとのコラボレーション Mark Ronson Scoring Royal Ballet Dance Piece with Wayne McGregor | トップページ | ハンブルク・バレエの2013年2月ツアーは米国の予定 Hamburg Ballet Tours US in 2013 »

2012/03/02

ハンブルク・バレエのオーストラリア・ブリスベン公演(アリーナ・コジョカルがゲスト出演)、ノイマイヤーのインタビュー

ハンブルク・バレエは、8月末から9月頭まで、オーストラリア、ブリスベンのクイーンズランド・パフォーミング・アーツ・センター(QPAC)にて公演を行います。演目は「ニジンスキー」(8月26~28日)と「真夏の夜の夢」(8月30日~9月5日)。ハンブルク・オペラとの合同ツアーで、ハンブルク・オペラは「ラインの黄金」、「マーラー交響曲2番」(コンサート)を上演します。会場のサイトを見たら、チケットはすでにかなり売れているようです。

http://www.qpac.com.au/hamburg/

さて、このオーストラリア・ツアーに関連して、オーストラリアのサイトDancelines でジョン・ノイマイヤーのロングインタビューが掲載されています。

Neumeier: the presiding spirit of Hamburg
http://dancelines.com.au/neumeier-the-presiding-spirit-of-hamburg/

とても興味深い内容なのですが、全部訳する余裕がありませんので、リンク先を是非お読みください。面白いのは、ノイマイヤーは以前シュツットガルト・バレエに所属していた関係で、ジョン・クランコの影響が大きいと言われることが多いとのことですが、本人曰く、クランコよりもアンソニー・テューダーやアグネス・デ・ミルに多く影響を受けたということです。この二人の作品こそが、パントマイム、ロマンス、神話や魔法よりも人間の世界を描いていると彼は感じたそうです。そして、シュツットガルト・バレエを離れフランクフルト・バレエの芸術監督に就任したとき、彼はまだ27歳だったのですね。彼は、バレエ・カンパニーを、様々なタイプのメンバーにより構成された素晴らしい俳優たちによるカンパニーにしたいと夢見ていたそうです。そして4年後にはハンブルク・バレエの芸術監督に就任し、以後40年間にわたってここで多くの作品を創造し、手腕を振るってきたことは言うまでまもありません。カンパニーの年間予算は6400万ユーロであり、そのうちの3分の2は州からの補助だそうです。

さて、このインタビューの中で、ノイマイヤーはオーストラリア公演のキャストについて言及しています。「ニジンスキー」(3公演)のタイトルロールは、アレクサンドル・リアブコの他、ティアゴ・ボアディンが予定されているそうです。(今まで彼はこの役を踊ったことがないはずです) また、「真夏の夜の夢」では、アリーナ・コジョカルがタイターニアとヒッポリタの二役を踊るそうです。彼女はノイマイヤーの最も新しいミューズであり、 彼女のことを、「メソッド・ダンサーであり、振付家にとっての理想のダンサーである」と評しています。

このサイトでも紹介されていた、ノイマイヤー振付「アルミードの館」の動画(ブベニチェク兄弟のオフィシャルチャンネルより)

« ロイヤル・バレエ、ウェイン・マクレガーの新作はマーク・ロンソンとのコラボレーション Mark Ronson Scoring Royal Ballet Dance Piece with Wayne McGregor | トップページ | ハンブルク・バレエの2013年2月ツアーは米国の予定 Hamburg Ballet Tours US in 2013 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロイヤル・バレエ、ウェイン・マクレガーの新作はマーク・ロンソンとのコラボレーション Mark Ronson Scoring Royal Ballet Dance Piece with Wayne McGregor | トップページ | ハンブルク・バレエの2013年2月ツアーは米国の予定 Hamburg Ballet Tours US in 2013 »