BlogPeople


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 「NHKバレエの饗宴2012」6/17 Eテレにて放映/「ららら♪クラシック」4/29バレエ特集 | トップページ | NHKバレエの饗宴 2012 »

2012/03/31

東京バレエ団情報いくつか、神奈川県民ホールの予定

東京バレエ団のオフィシャルサイトに、長年、東京バレエ団でプリンシパルを務めた井脇幸江さんが、3月31日付で退団するとのお知らせが載っていました。

http://thetokyoballet.com/news/?id=383

井脇さんといえば、「ジゼル」のミルタ、「白鳥の湖」のスペイン、「春の祭典」の生贄、「牧神の午後」のニンフなどいくつもの印象的な役柄が、その美しさと共に記憶に残っています。退団は本当に残念です。また、長年貢献してきたプリンシパルの退団のお知らせが素っ気ないのも残念です。

井脇さんのスタジオのブログで、その思いが少し伝わってきます。

新国立劇場バレエ団ブログでは、やはり長く活躍してきた寺島まゆみさんの退団報告が載っていますが、こちらはまゆみさん自身の挨拶もあって、思いが伝わってきますね)

********

「バレエの饗宴」で配布されていた神奈川県民ホールの2012/13公演情報に、東京バレエ団の「オネーギン」の公演の予定が掲載されていました。

10月6日(土)15:00開演
東京バレエ団「オネーギン」
出演(予定)斎藤友佳理、木村和夫ほか東京バレエ団
チケット発売予定 5月中旬
主催:神奈川県民ホール 共催:横浜アーツフェスティバル

6月9日(土)14:00開演
熊川哲也 Kバレエカンパニー「海賊」
出演:熊川哲也、松岡梨絵ほか
主催:神奈川芸術協会、共催:神奈川県民ホール

2013年1月13日(日)
(公社)日本バレエ協会関東支部神奈川ブロック 第30回自主公演
「ドン・キホーテ」
主催:日本バレエ協会関東支部神奈川ブロック、共催:神奈川県民ホール

2013年1月14日(祝・月)
キエフ・バレエ「白鳥の湖」
主催:神奈川芸術協会、共催:神奈川県民ホール

2013年2月10日(日)
第9回アートダンスカナガワ
ストラヴィンスキー「兵士の物語」
演出・振付:中村恩恵 出演:中村恩恵、首藤康之
主催:公益社団法人神奈川県芸術舞踊協会 共催:神奈川県民ホール

「オネーギン」東京公演は今回もゲストなしなのか、気になるところです。

********
また、東京バレエ団では以下の公演があります。

横浜ベイサイドバレエ
http://thetokyoballet.com/news/?id=381

■開催日時:
 7月20日(金)19 時開演 
  (※雨天の場合7/23(月)19 時開演に順延)
 7月21日(土)19 時開演 
  (※雨天の場合7/22(日)19 時開演に順延)

■会場:赤レンガオープンステージ(赤レンガ倉庫野外特設会場)

■入場料:S 席= ¥9,000  A 席= ¥7,000(全席指定・消費税込)

■プログラム
「ギリシャの踊り」 
  ソロ:長瀬直義
「カルメン」    
  カルメン:斎藤友佳理
  ホセ:首藤康之(東京バレエ団特別団員)
  エスカミリオ:高岸直樹
  ツニガ:後藤晴雄
「ボレロ」
  メロディ:上野水香
          
■チケットのお申し込み・お問い合わせ:
 NBSチケットセンター 電話:03-3791-8888
■前売開始日:4月21日(土)10:00a.m.

« 「NHKバレエの饗宴2012」6/17 Eテレにて放映/「ららら♪クラシック」4/29バレエ特集 | トップページ | NHKバレエの饗宴 2012 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

どちらかのバレエ団の「オ○ー●ン」の主役が、世界バレエフェスティバルの「もれなく夫人」出演のニュースより好きになれません。正直言って体型がお崩れあそばしているバレリーナがのこのこ出てくるのがキライです。・・・キツいようですが、「オ○ー●ン」には表現力不足の、このどちゃらかバレエ団ご一行様が「オ○ー●ン」をやること自体が、演技のなってない中国国家バレエ団が「オ○ー●ン」をやること同様、大きく疑問です。このどちゃらかバレエ団は落ちる一方のバレエ団全体の力量についても、もっと考えなくてはならない時期だと思います。

KEさん、こんばんは。
敢えて私が言わなかったことを言ってくださいましたね。私も実はWBFよりこっちのニュースの方がショックでした。もはや現役とは思われない方がここに来て出てくるとはびっくりです。私も前回の上演は観ていますが本当にひどかったです。クランコ財団も最近では作品のクオリティを守ることよりお金を追いかけているのではないかと疑わざるを得ません。

こんにちは

私が思うことですが・・・この公演で引退なさるんじゃ?!
東京バレエ団が、何度も花道となる公演も用意し、彼女に発してきたメッセージ、~どうか、引退してくだ
さい!~(と、思える)を潔く受け止めることの出来なかった末路がこの公演ではないかと思います。幕を引く勇気を持てなかったんでしょうね。舞台の中央で踊り続けてきた、そして踊ることを諦めることの出来なかったダンサーの悲劇じゃないかと。。。でも「オネーギン」を道連れにする事はないだろうーとは思います。思えば、アレッサンドラ・フェリの終幕は美しかったなあ。。。今でも、彼女がもう少し踊り続けていてくれていたら・・・と思います。この夏のバレエフェスに参加しないあの彼女も、何も言わず、この場所はもう私のいるところではない~と、彼女の強い意志を感じます。いつだって凛々しい彼女に相応しい、バレエフェスへの対処ですよね、カッコ良すぎるよ~
そんな人もいれば、あんな人もいる。。。ってことで。

ゆいーちかさん、こんばんは。

私も、これを引退公演にされるのではないかと思いました。もうほとんど最近は踊っていなかったようですし「ザ・カブキ」にすら出ていませんでしたからね。(というわりには、上記横浜ベイサイドバレエで「カルメン」を踊るのは良くわかりませんが・・)しかし、おっしゃる通り、「オネーギン」を道連れにすることはなかったんではないかと思います。作品が、タチヤーナがかわいそうです。引き際というのも本当に大事なことですよね。

フェリの引退公演、ABTでと日本でと観ましたが、本当にお客さんに惜しまれるうちに舞台を去るのが美しいって思います。特にABTでの「ロミオとジュリエット」は美しかった~。そして、ギエムもダンサーとしてはまだまだ踊れるにも関わらず、バレエフェスに敢えて参加しないことで、自分の方向性に一つの区切りをつけたんだと思うと、カッコいいというか彼女らしいな、って思います。いろんな人がいますね。

KEさんは、いっぱしのp批評家気取り?気分悪い。
オネーギンならオネーギンと書いてほしい。
わざとらしく伏字使って、みっともない。
クランコ財団だって、お金がなきゃ、経営できない。
それくらい、わかるでしょ?

doremiさん、こんにちは。

えーと、単なる一ブログのコメントの書き込みに批評家気取りも何もないわけで、自由な意見を書いて構わないと私は思っています。バランシン財団にしても、クランコ財団にしても、上演の質を守って作品を伝えていくのが役割なわけで、今までも、タマラ・ロホやシルヴィ・ギエム、それ以外にも多くの有名で実力のあるバレリーナがタチヤーナ役を望みながら却下されていますが、該当の斎藤さんが彼女たちより優れているとは思えません。
しかし、doremiさんの趣旨では、該当のバレリーナ斎藤さんを認めるクランコ財団は、お金のためにそれをやっていると仰っていることになるわけで、それはクランコ財団にとっても斎藤さんにとっても失礼なことを書かれていることになるのではないでしょうか。

naomiさん、はじめまして!
いつもブログ情報拝見しております。
国内外含め沢山の情報、大変参考にさせていただいております。
東バの斎藤さんがまだ現役で踊ってらっしゃることに私も驚きました。すでに一線を退いてる印象がありましたので…

すいかさん、はじめまして!

どうもありがとうございます。書き込んでいただけるととても励みになります。(最近ちょっとスランプでなかなか更新できませんが)

そうなんです、しばらく舞台に立たれていないからこのままフェイドアウトかと思ったら、ちょっとびっくりです。オネーギン、東京公演の概要も出して欲しいですよね。

naomiさん、はじめまして。
もう風邪は治りましたか?

これまで、ひそかにずーっとブログを拝見させていただいておりました。
いつも沢山の情報ありがとうございます。

前々からコメントしたい…と思いつつも、なんか勇気が出ず…(笑)

でも、いつもこちらをバレエ情報のよりどころとさせていただいていて本当に助かっていますので、それをお伝えしたかったのです。

ところで、ギエムやロホがタチヤーナ役を望んでも却下されていたって、本当ですか?
あの二人が却下されるなら一体誰が出来るの?っていうくらい、意外過ぎてショックでした。

いろいろな事情が絡んでの事なのかも知れませんが、とにかくファンとしては本当に残念ですね。

二人の演じるタチヤーナ、是非見たかったです!

yukoさん、こんにちは。そして、はじめまして!

コメントありがとうございます。こうやってコメントしていただけると、本当に励みになります!嬉しいです。

タマラ・ロホは実は以前(2001年)にロイヤルでタチヤーナ役を踊っています。ところが、その後、2004年の再演時にクランコ財団に、あなたはもうタチヤーナ役を踊ってはいけません、と言われてしまいました。その後の2010年の再演でも踊っていないのですよね。彼女はこのことに非常に落胆した、とインタビューで語っていました。(http://www.balletassociation.co.uk/Reports/2007/Rojo07.html ) 
シルヴィ・ギエムもインタビューでそのことを語っていたし(オーディションすら受けさせてもらっていないそうです)、また、ジョナサン・コープも却下されてしまったうちの一人なんですよね。過去に踊ったことがあっても、以降ダメ、と言われるダンサーもいるようです。

私も、タマラ・ロホやシルヴィ・ギエムがタチヤーナをどのように演じるのか、観てみたかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「NHKバレエの饗宴2012」6/17 Eテレにて放映/「ららら♪クラシック」4/29バレエ特集 | トップページ | NHKバレエの饗宴 2012 »