BlogPeople


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 1/28(ソワレ)Love from Paris エトワール ~フランス・バレエのエレガンス~ Aプロ | トップページ | ローザンヌ国際バレエコンクールの結果 Results of Prix de Lausanne »

2012/02/07

ナショナル・バレエ・オブ・カナダ 2012/13シーズン National Ballet of Canada announces 2012/13 Season

ナショナル・バレエ・オブ・カナダが2012/13シーズンを発表しました。

オフィシャルサイトにも、各演目が載っていますが、Ballet Newsにプレスリリースがそのまま掲載されていますので、そちらを紹介します。

何よりも注目なのは、なんとノイマイヤー振付の「ニジンスキー」を上演することです。「ニジンスキー」がハンブルク・バレエ以外で上演されることは初めてなのではないでしょうか?
http://national.ballet.ca/performances/season1213/Nijinsky/

やはり大成功を収めた、クリストファー・ウィールダン振付の「不思議の国のアリス」がシーズンのオープニングを飾ります。

また、今シーズン初演され、大好評だったラトマンスキー振付の「ロミオとジュリエット」を引っさげて、ロンドン、サドラーズ・ウェルズ劇場での公演が予定されているとのことです。日本にもいつか来てくれないかしら。

カンパニー初演としては、もう一つ、今年のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートで注目をされたダヴィッド・ボンバナ新振付による「カルメン」も上演されます。全体的にとても魅力的なレパートリーです。


The National Ballet of Canada’s 2012/13 Season

Four Seasons Centre for the Performing Arts, Toronto

Fall Season
Alice’s Adventures in Wonderland
November 10 – 25, 2012

The Tenth International Competition for The Erik Bruhn Prize
November 28, 2012
エリック・ブルーン賞コンクール

Giselle
December 5 – 9, 2012

Holiday Season
The Nutcracker
December 19, 2012 – January 5, 2013

Winter Season
Nijinsky*
March 1 – 7, 2013

Romeo and Juliet
March 12 – 17, 2013

The Four Seasons & Emergence
March 20 – 24, 2013

Summer Season
Carmen*
June 5 – 16, 2013

Pur ti Miro & No. 24 & The Man in Black & Theme and Variations
June 19 – 23, 2013
(Pur ti Miroはヨルマ・エロ振付、No. 24は同バレエ団のギョーム・コテ振付、The Man in Blackはジェームズ・クデルカ振付、Theme and Variationsはもちろんバランシン振付)

Touring
Romeo and Juliet
January 31 – February 2, 2013, National Arts Centre, Ottawa
April 17 – 21, 2013, Sadler’s Wells, London, England


ところで、ナショナル・バレエ・オブ・カナダを代表するスターであるギョーム・コテは、自ら振付にも取り組んでおり、彼の作品「No. 24」は来シーズン上演されます。そのギョーム・コテが振りつけたLost In Motionという作品の動画が、大変な評判を呼んでいます。特殊効果も使っていますが、彼がいかに美しいダンサーであるかということがよく伝わってきます。

同じ動画なのですが、こちらのリンクはすでに35万回ものビュー回数があります。
http://youtu.be/4OR-n3Rg6E8


Alices Adventures in Wonderland [DVD] [Import]Alices Adventures in Wonderland [DVD] [Import]
Talbot Royal Ballet Wordsworth

BBC / Opus Arte 2011-10-25
売り上げランキング : 4267

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 1/28(ソワレ)Love from Paris エトワール ~フランス・バレエのエレガンス~ Aプロ | トップページ | ローザンヌ国際バレエコンクールの結果 Results of Prix de Lausanne »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

2009年に「オネーギン」のセットを新調したとあるので、次回の上演時には見に行きたいなあ。そのときにもエヴァンのゲスト出演が期待できるかもしれませんね。でもここはチケット代がちょっと高いんですよね。最上階からでも舞台はよく見えるんですが。

24601さん、こんにちは。

この2009年に新調された「オネーギン」のセットは、先日までサンフランシスコ・バレエで上演されていた「オネーギン」で使用され、その後、今年の6月のABTの「オネーギン」に使われるとのことです。2009年の上演を観た友人によれば、タチヤーナが3幕ではティアラをつけていたり、ちょっと?と思うところもあったそうで。自分では観ていないのでなんとも言えませんが。いずれにしても、お金をかけて新しいプロダクションにした以上、2013/14シーズンあたりでは再演はあるでしょうね。ナショナル・バレエ・オブ・カナダには、現在世界最高のオネーギンであるイリ・イェリネクも在籍していることですし。(そして、唯一市販映像になった「オネーギン」は、ナショナル・バレエ・オブ・カナダの上演でした。このVHSは入手困難になってしまいましたが、とても良い映像だったので、DVD化してほしいものです)

私は以前トロントには行ったことはあるのですが、ナショナル・バレエ・オブ・カナダを観たことはないのです。3月にエヴァンがゲスト出演する「眠れる森の美女」を観に行く予定なのですが、日毎キャストが出るのが2週間前だそうで、なかなか手配ができなくて困っちゃっています。

「オネーギン」の映像で市販されたものって、あのフランク・オーガスティンのものだけだったんですか!テレビ用に撮影されたみたいだけれど、セットや衣装の雰囲気は年末に見たパリ・オペラ座版とそんなに変わらないですよね。
お目当てのキャストがいると、なかなかチケットを取るタイミングも難しいですよね。去年のアリスでも、ガラ公演ではスポンサーの関係で平野さんが見られると思っていたら相手役が怪我をしてしまったので、そのあとの公演もキャストが全部入れ替わってしまったんですよ。いざとなれば立ち見の当日券はでるようですが。

マイレージのためにアメリカ乗り換えにすると入国手続きで乗り継ぎ便に乗れないことが結構あるので、ANAとエア・カナダのトロント直行便を利用することをお勧めします。ロストバゲッジ予防にもなるし。

24601さん、こんばんは。

そうなんです、「オネーギン」の市販映像って、あのフランク・オーギュスティンのしかないんですよ。(しかもこれはもう手に入らないです)あの映像は、ユルゲン・ローゼの装置と衣装を使っていて、本家シュツットガルトにかなり近い雰囲気がありますよね。ハイデが出演している映像はテレビでは放映されたみたいでYTにはアップされていますけど、収録されたのってこれくらいしかないようです。(シュツットガルト・バレエの人に聞いてみると、DVD化をしたくないってわけではなくて、単にお金が足りなくてできないってことのようですが)

私は今回ANAのマイレージで行く予定なので、もちろんエアカナダの直行便を考えています。閑散期なので、今からでも航空券は取れそうだし。この季節トロント寒そうですよね。前に行った時は9月でしたが、それでも寒かったですもの。2月6日~9日はエールフランスがストで欠航していたので、もしその時期にヨーロッパに行く予定だったらと思ったらゾッとします。(12月は帰国便でスト&ロスバゲにあたったし)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/28(ソワレ)Love from Paris エトワール ~フランス・バレエのエレガンス~ Aプロ | トップページ | ローザンヌ国際バレエコンクールの結果 Results of Prix de Lausanne »