BlogPeople


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« シュツットガルト・バレエの新作「Das Fräulein von S」の映像 | トップページ | ユニバーサル・バレエ来日公演『This is Modern』キャスト »

2012/02/14

新国立劇場バレエ団「アンナ・カレーニナ」「DANCE to the Future2012」出演者変更

新国立劇場のサイトにお知らせが載っていました。

http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20001865.html

福岡雄大は、怪我のため「アンナ・カレーニナ」および「DANCE to the Future2012」公演を降板することとなりました。

2012年3月17日に予定されていた「アンナ・カレーニナ」の「カレーニン」役は、マイレン・トレウバエフが、また「DANCE to the Future2012」上演作品「Butterfly」の4月21日公演は、奥村康祐が踊ります

福岡さんは「こうもり」では好調のようだったと聞いていますが、怪我をされてしまったのですね。この次には「白鳥の湖」が控えていますので、早い回復をお祈りします。残念ですが、「アンナ・カレーニナ」のカレーニン役は主役ではないもので、白鳥の王子に集中して欲しいですね。

代わりにマイレンさんがカレーニン役を演じられるということなので、こちらは楽しみです。また、「DANCE to the Future2012」の「Butterfly」には、注目の奥村康祐さんが出演されるということなので、こちらも必見ですね!
(しかし私の買っているチケットは22日なのですが―中劇場で人気の平山素子さん振付作品なので、チケットの売れ行きがものすごくいいようです)

« シュツットガルト・バレエの新作「Das Fräulein von S」の映像 | トップページ | ユニバーサル・バレエ来日公演『This is Modern』キャスト »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

怪我とは心配ですね。無理をしないで、あせらず、きちんと直してくださいね。小野さんとの白鳥が無事に見られるといいなあ。

で、マイレンですか。
「アンナ・カレーニナ」のカレーニン役は主役ではないとのことですが、アンナも主役ではないということはないですよね?プリンシパルがキャスティングされていないようですが。

24601さん、こんにちは。

福岡さんは小野さんと並んで、新国立劇場を背負って立つ存在なので、無理されないで怪我を治されて「白鳥の湖」や「マノン」に取組んで欲しいです。

アンナ・カレーニナは私は前回の上演で一度観たきりですが、アンナとヴロンスキーのパ・ド・ドゥが大きな比重を占めており、カレーニンも重要な役ですがどちらかと言えば演技に比重が強い役です。ボリス・エイフマンは身長の高いダンサーを好んでいるため、前回のバレエ団初演では、身長の高い貝川さんと厚木さんがヴロンスキーとアンナ役に選ばれたのだと思います(正直私はこの二人は苦手なのでこのキャストでは観ていませんけど)。プリンシパルは先シーズンまでは1人しかいなかったし、プリンシパルがキャスティング云々は関係ないと思いますよ。今回アンナ役にキャスティングされた長田さんについては、ビントレーが大変気に入っているようです。実際素晴らしいダンサーだと思うし、次のシーズンにはプリンシパルに昇格するかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シュツットガルト・バレエの新作「Das Fräulein von S」の映像 | トップページ | ユニバーサル・バレエ来日公演『This is Modern』キャスト »