BlogPeople


2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« エカテリーナ・クリサノワ、ボリショイのプリンシパルに昇進/ボリショイ情報 | トップページ | NHKバレエの饗宴 2012 3/30開催 »

2011/12/04

パリ・オペラ座バレエ「オネーギン」ニコラ・ル・リッシュ降板、エヴァン・マッキ―がゲスト出演 Evan McKie Guests in Paris Opera Ballet "Onegin"

12月9日に初日を迎えるパリ・オペラ座の「オネーギン」ですが、オネーギン役に予定されていたエルヴェ・モロー、ジョゼ・マルティネスが相次いで降板したほか、けがの治療のためにレンスキー役に予定されていたマチアス・エイマンも降板。当初オネーギン役を演じる予定になかったカール・パケットとマチュー・ガニオがオネーギン役で出演することになりました。

さらに、12月1日の「サンドリヨン」公演の1幕で、映画スター役で出演していたニコラ・ル・リッシュが舞台上で怪我をしてしまい、急遽ヤン・サイズとフロリアン・マニュネが途中から代わりに演じるというアクシデントが起きてしまいました。ニコラは全治2か月程度のけがを負ってしまったようで、「オネーギン」に出演することが不可能となりました。

ニコラ・ル=リッシュの代役を急きょ務めることになったのは、シュツットガルト・バレエのエヴァン・マッキ―。ニコラのパートナーとして予定されていたオーレリー・デュポンを相手に、ニコラが当初出演を予定されていた日程(公演初日を含む)全5回に出演するとのことです。

まだパリ・オペラ座オフィシャルサイトにはキャスト変更の件は出ていませんが、エヴァン本人から公式に決定したという連絡があり、ダンソマニにもその件は出ています。

ちょうどシュツットガルト・バレエは「白鳥の湖」の公演中なのですが、オネーギン役を持ち役とするほかの二人、ジェイソン・レイリーとフィリップ・バランキエヴィッチは白鳥に出演予定があるため、白鳥にキャスティングされていないエヴァンが出演するものとなったと考えられます。

先日韓国のユニバーサル・バレエに客演したエヴァンのオネーギンも美しく素晴らしいものでした。パリ・オペラの初日を踊るというのは大きなプレッシャーかと思いますが、きっとパリの観客を魅了することでしょう。(もともと「オネーギン」は初日から観る予定だったので、偶然にも彼のオペラ座デビューを見届けることになります)

追記: オペラ座オフィシャルにも出ました!

http://www.operadeparis.fr/cns11/live/onp/Saison_2011_2012/Ballets/decouvrir.php?lang=fr&CNSACTION=SELECT_CONTENT&content_id=2300&content_type=text&event_id=2140

Les 9, 11, 13, 16,19 décembre
EUGENE ONEGUINE Evan McKie
LENSKI Josua Hoffalt
TATJANA Aurélie Dupont
OLGA Myriam Ould Braham
PRINCE GREMINE Karl Paquette

Les 10, 14, 20, 22, 24 (14h30) décembre
EUGENE ONEGUINE Benjamin Pech
LENSKI Josua Hoffalt
TATJANA Clairemarie Osta
OLGA Mathilde Froustey
PRINCE GREMINE Christophe Duquenne

Les 21, 24, 26, 28, 30 décembre
EUGENE ONEGUINE Mathieu Ganio
LENSKI Florian Magnenet
TATJANA Isabelle Ciaravola
OLGA Muriel Zusperreguy
PRINCE GREMINE Christophe Duquenne

Les 23, 27, 29 et 31 décembre
EUGENE ONEGUINE Karl Paquette
LENSKI Audric Bezard
TATJANA Dorothée Gilbert
OLGA Eve Grinsztajn
PRINCE GREMINE Nicolas Paul

« エカテリーナ・クリサノワ、ボリショイのプリンシパルに昇進/ボリショイ情報 | トップページ | NHKバレエの饗宴 2012 3/30開催 »

シュツットガルト・バレエ」カテゴリの記事

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、情報ありがとうございます・・・。私は9日・10日・11日を観に行く予定で、naomiさんのブログを読み返してオネーギンの予習をしたり原作を読んだりしていたのですが、なんと初日と3日目はニコラが降板なんですね。でもエヴァン・マッキーも素敵そうなので、いずれにしても楽しみです。naomiさんも初日に行かれるのですね?ガルニエでご挨拶できたらうれしいです。
オーレリー・デュポンのタチアナって、少女時代については「華やかすぎだろう」という感じもしますが、どんなタチアナを見せてくれるのか楽しみですよね。後半のカール・パケットとマチュー・ガニオのオネーギンも、美男という点では文句はないものの、あの陰影のかけらも感じさせない、超気のいい二人がどんなオネーギン像を作るのかも観たかった気がします。でも初オネーギンをエヴァン・マッキーで観られるのも良かったかもしれないので、初日を楽しみにします!

ぶうたさん、こんにちは。

私はオネーギンは多分初日はエルヴェ・モローとイザベル・シアラヴォラだと予想してチケットを取っていたのですが、結局この公演に出演予定のダンサーの多くが怪我をしてしまって残念ですよね。初日を観た後はシュツットガルトに移動して「白鳥の湖」を観て、それからまたパリにもどってきて「サンドリヨン」と「オネーギン」を1回ずつ観る予定です。なので、初日でしたらお目にかかれそうですね。プロフィールのリンクが左側にありますので、そこから私にメールを送ることができます。

オーレリー・デュポンのタチヤーナって映像でちょっと見たのですが、その時は出産直後ですごくたくましくて1幕からお母さんっぽかったので、思ったほど華やかではなかったです。もちろん彼女は綺麗で上手ですけどね!今はだいぶそういうところは抜けたんじゃないかと、「プシュケ」を観たときに思いました。

カールやマチュー、特にマチューはレンスキーキャラでしょう、って感じなのでオネーギン役のダンサーの人材不足だと正直思ってしまったのですが、その点はエヴァンはばっちりだと思います。彼も最近まではレンスキー役だったんですけどね。マチューのレンスキーが観たかったので今回はそれが一番残念です。

naomiさん

こんにちは。ニコラの怪我はとても心配ですが、エヴァンのオペラ座デビューは素晴らしいニュースですね!!!!とてもうれしいです。シュツットガルトで見たエヴァンの美しい姿が目に焼き付いております。
もともとオネーギンは、観に行こうかと計画していたのですが、休みがうまく取れずに断念しました。無念。せめてシュツットガルトの来日公演の演目がオネーギンであれば、少しは慰められるのになと思います。

ぜひ、楽しんできてください!レポをお待ちしております!!

相次ぐ降板は残念ですが、エヴァン・マッキーのオペラ座デビューは、ほんと喜ばしい!
オーレリとなら、しっとりと美しいカップルになりそうですね。
今シーズンは、私は現地に行けないのですが、パリの友人とその娘ちゃんに「サンドリヨン」をプレゼントしました。バレエを習い始めたばかりの女の子なので、気に入ってくれるとうれしいです。

Maxさん、こんばんは。

ホントにニコラの怪我は残念ですが、エヴァンがオペラ座で踊る機会を得られたことは彼にとって幸運でしたね。彼もいつかオペラ座で踊りたいというのが夢だったそうですから。
12月でも上旬で師走というか世間的には忙しい時期で、なかなかお休みを取るのは難しいでしょうが、いつかエヴァンのオネーギンが日本で観られる日が来ますように。(次々回のシュツットガルトの来日公演にはさすがに「オネーギン」を持ってくるでしょうし)
Maxさんは「椿姫」でエヴァンのデ・グリューをご覧になったんですよね。

ショコラ・ショーさん、こんにちは

オーレリーは小柄ですし、パートナーからも組みやすい上手なバレリーナとして評判が高いですから、今回パートナーシップがうまくいけばいいな、って思っています。
パリ在住のお友達の方とその娘さんに、サンドリヨンのチケットをプレゼントされたなんて素敵ですね!サンドリヨンはお子様のお客さんも多いようですし。私も、ルテステュとビュヨンの日を観に行く予定です。

naomiさん、こんにちは。
そうです!エヴァンのデ・グリューはそれはそれは色っぽかったです。発表されていたキャストと違っていたので、あれ???と思いましたが。椿姫をマラインとエヴァンの組み合わせで観れたのはラッキーでしたよね。
彼は手足が長くて美しいですし、なんといっても雰囲気が妖艶で、不思議な魅力がありますね。マノン全幕で観れたらいいな、なんて思っちゃいます。
エヴァンはあまり日本に来ていないと思うのですが……今後、日本でも彼を観る機会が増えてほしいです!!!!!

私は年末年始でしか休めないので、マチューの日と、パケットの日に行く予定です。それはそれで楽しみです。
オネーギンは映像ではなかなか見られないので、舞台で是非楽しみたいと思います。
その後、シュツッツガルトに移動して、レイリーの出演する白鳥の湖を見る予定です。
そして、ハンブルグでノイマイヤーのクリスマスオラトリオと、ベルリンのバール版白鳥の湖も見る予定・・・
休暇が近くなり、ウキウキしています。皆様も良い舞台が見られますように。

Maxさん、こんばんは。

そうなんですよ、行く前にエヴァンにサプライズがあるからねって聞いて行ってみたら彼がデ・グリューでびっくりしました。ホント彼は独特の色気がある人ですよね。手足が長くて手が大きくて。
前回の来日の時には、「眠れる森の美女」の北の王子しか東京では踊っていないので、日本ではまだまだ知られていませんが、来年の来日は多分主役を踊ると思うので楽しみにしています!

さえさん、こんにちは。

私も最初は年末年始を狙っていたのですが、シュツットガルトのキャストが出てこの時期にして、ついでにオネーギンも観ちゃえ、と思ったらこんなことになってしまってびっくりです。
マチューはどちらかといえばレンスキーのキャラクターだと思いますが、そんな彼がどんなオネーギンを演じるのかということについては興味津々です。美しいことでしょうね。
その上、シュツットガルトで白鳥、ハンブルクでクリスマス・オラトリオ、ベルリンで白鳥と豪華な冬休みですね!
ドイツって結構南北が遠いというか飛行機使わないと移動できなくて大変ですが、楽しまれてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エカテリーナ・クリサノワ、ボリショイのプリンシパルに昇進/ボリショイ情報 | トップページ | NHKバレエの饗宴 2012 3/30開催 »