最近のコメント

BlogPeople


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 「エトワール Love From Paris」のチケット・演目情報 | トップページ | ディアナ・ヴィシニョーワのソロ・プロジェクトにノイマイヤー新作 Diana Vishneva: Dialogues, World Premiere by Neumeier »

2011/08/01

偉大なバレエ教師ピョートル・ペストフ死去 Petr Pestov 1929 -2011

7月31日に、かねてから病気療養中だったバレエ教師、ピョートル・ペストフがシュツットガルトで亡くなりました。享年82歳。深くご冥福をお祈りいたします。

http://www.tanznetz.de/en/news.phtml?page=showthread&aid=197&tid=20867

1963年から96年まではボリショイ・アカデミーで教師を務め、その間に、アレクサンドル・ヴェトロフ、ニコライ・ツィスカリーゼ、アレクセイ・ファジェーチェフ、そしてウラジーミル・マラーホフ、アレクセイ・ラトマンスキー、ボリショイ前芸術監督のユーリ・ブルラーカ(この3人は同期生)、アレクサンドル・ザイツェフ、ゲンナディ・サヴェリエフ、ユーリ・ポソホフらを育て上げました。ボリショイ・バレエに在籍した彼の教え子は300人以上に上るとのことです。

96年にはシュツットガルトのジョン・クランコ・スクールに移り、ここでもサシャ・ラデツキー、ミハイル・カニスキン、エヴァン・マッキーらを育てました。シュツットガルト・バレエの男性ダンサーが、世界でも有数の高い水準にあるのは、ペストフ先生の功績といえることでしょう。

彼の教え子のリストはここにあります。
http://www.yagp.org/pestov_site/pestov_students_09.html

偉大なペストフ師を称えるためのガラ「Peter the Great」が2009年4月にニューヨークのシティ・センターで行われ、彼の教え子の多くも出演しました。
http://www.yagp.org/pestov_site/index.html

また、モスクワのダンチェンコ劇場でも、PESTOV GALAが2010年4月に行われました。
http://www.stanmus.com/event.html?did=1255

ペストフ先生の教え子たちの、生徒時代やダンサー時代の映像はこの動画にまとめられています。

アメリカのDance Magazineにシュツットガルト・バレエのエヴァン・マッキーがピョートル・ペストフにインタビューした記事が掲載されています。数多くの名ダンサーを育てた秘密がここに。

Teacher's Wisdom: Pyotr Pestov
http://dancemagazine.com/issues/October-2009/Teachers-Wisdom-Pyotr-Pestov

« 「エトワール Love From Paris」のチケット・演目情報 | トップページ | ディアナ・ヴィシニョーワのソロ・プロジェクトにノイマイヤー新作 Diana Vishneva: Dialogues, World Premiere by Neumeier »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、

教えてくださってありがとうございます。ご病気だったのですね。

ご冥福をお祈りします。


ショコラさん、こんばんは。

ペストフ先生の具合が悪いということは、彼の教え子の一人であるエヴァンから聞いていました。ご高齢でもあったということですし、他にも多くの方が心配をされていたと聞いていました。マラーホフをはじめ、世界中にいる多くの教え子の皆さんが深い悲しみに沈まれていることでしょう。

Naomiさま  こんにちわ♪
バレエの情報満載なこちらのブログ 
以前よりこっそり読ませていただいていました。

ボリショイ・アカデミーの有名な教師ペストフ氏
お亡くなりになったのですね。 
教え子たち そうそうたるメンバーですね
ご冥福をお祈りします。

教え子さんたちの映像 アップありがとうございます
興味深く拝見しました。

でもひとつ、
教え子のひとりと でているA.ファジェーチェフ氏は 
1978年 A.プロコフィエフ先生のクラス卒かと。

Aさん、こんにちは。

お返事が遅くなり申し訳ありません。

ペストフ先生の逝去は世界中の教え子たちが悲しんでいたようでした。彼がいなければこれだけ多くの男性ダンサーの活躍はなかったかもしれないと思うと、本当にお礼を言いたいですね。

ところで、アレクセイ・ファジェーチェフの先生は、確かにおっしゃるとおり、Alexander Prokofievだと出ていましたね。記事を訂正しておきます。ご指摘ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「エトワール Love From Paris」のチケット・演目情報 | トップページ | ディアナ・ヴィシニョーワのソロ・プロジェクトにノイマイヤー新作 Diana Vishneva: Dialogues, World Premiere by Neumeier »