BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 7/19 シュツットガルト・バレエ「椿姫」 Stuttgart Ballet Die Kameliendame | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)2012年新春公演 Mikhailovsky Ballet Japan Tour 2012 »

2011/07/25

7/21 アメリカン・バレエ・シアター(ABT) オープニング・ガラ

しばらく更新が滞ってしまって申し訳ありません。仕事が忙しい状態のまま、ABTの来日公演に突入し、オープニング・ガラから連日上野通いをしております。来週も木曜日の「ロミオとジュリエット」以外は行くつもりです(行けるかな?)

American Ballet Theatre Japan Tour 2011
Opening Night Gala
July.21(Thu) 2011

《アレグロ・ブリランテ》 "Allegro Brillante"
<振付:ジョージ・バランシン 音楽:P.チャイコフスキー>
パロマ・ヘレーラ & コリー・スターンズ
Paloma Herrera
Cory Stearns

開演に間に合わず、観られなかった。残念。


《トロイカ》 Troica
<振付:ベンジャミン・ミルピエ 音楽:J.S. バッハ>
サッシャ・ラデツキー、ダニール・シムキン & トーマス・フォスター
チェロ:辻本玲
Thomas Forster
Daniil Sikin
Sacha Radetsky

ナタリー・ポートマンの婚約者、バンジャマン・ミルピエの作品。一言で言えばロビンスの「ダンス組曲」の3人版のようなもので、3人のダンサーがソロを踊ったり、3人で踊ったり。でも3人で踊っているところの関係性が全然見えないというか3人で踊っている意味がどこにあるの?と何回も考え込んでしまい、しかも長くて退屈な駄作だった。3人のダンサーはそれぞれ良かったのだが、小柄なシムキンとラデツキーに長身のフォースターという組み合わせは少々バランスが悪い。この3人だとさすがにシムキンの身体能力の高さが際立つけれども、他の作品で彼を観たかったと思う。


《「くるみ割り人形」のグラン・パ・ド・ドゥ》 Nutcracker Grand Pas de Deux
<振付:ラトマンスキー 音楽:P.チャイコフスキー>
ヴェロニカ・パールト & アレクサンドル・ハムーディ
Veronika Part
Alexandre Hammoudi

グラン・パ・ド・ドゥといいつつアダージョだけだったのは、これいかに。ラトマンスキー版の「くるみ」ということで、ちょっとマイムが入ったり、コンテンポラリーっぽい味付けのパ・ド・ドゥに仕上がっていた。それだけに、アダージョだけだったのが非常に残念。何年か前から注目しているアレクサンドル・ハムーディがガラで王子役を踊るというから期待していたのに。ヴェロニカは、美しいのだが長身のアレクサンドルと並んでも大きくて、サポートがちょっと大変そうだった。


《ディアナとアクテオン》"Diana & Acteon" pas de deux
<振付:アグリッピーナ・ワガーノワ 音楽:チェーザレ・プーニ>
シオマラ・レイエス & ホセ・カレーニョ
Xiomara Reyes
Jose Manuel Carreno

ガラで一番盛り上がった演目。ホセ、以前に比べるとさすがに跳躍は低くなったものの、それでも十分跳んでいるし、何よりトレードマークの緩やかに減速してぴたっと止まる美しいピルエットは健在。これでABT引退は早いのではないかと思うほど。アクティオンの独特の身体を弓なりにする跳躍の形もきれいだ。シオマラ・レイエスも、同じキューバの先輩ホセとの共演で乗っていたようで、連続フェッテからピルエット(途中からサポートつき)ではいったい何回回ったの?って思うくらい回転していて凄かった!彼女は若く見えるけど30代後半、それでもこれだけテクニックをキープしているのが素晴らしい。


《チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ》"Tchaikovsky Pas de Deux"
<振付:ジョージ・バランシン  音楽:ピョートル・チャイコフキー>
イザベラ・ボイルストン&アンヘル・コレーラ
Isabella Boylston
Angel Corella

アンヘル・コレーラははじけるような笑顔全開で張り切って踊っていた。彼もさすがに全盛期と比較すると少々衰えてきた感はあるが、それでもピルエット8回くらいは回ってくれるし、コーダでは軸足で飛びながらピルエット・ア・ラ・スゴンドという大技を見せてくれてサービス精神いっぱい。そしてソリストに昇格したばかりのイザベラ・ボイルストンは、音楽性豊かでスピーディな踊り、美しい脚で勢いと若さを感じさせてくれて爽快だった。


《「椿姫」第3幕(黒)のパ・ド・ドゥ》 "Lady of the Camellias" pas de deux from act3
<振付:ジョン・ノイマイヤー 音楽:F.ショパン>
ジュリー・ケント & マルセロ・ゴメス
Julie Kent
Marcelo Gomes

やはり本家シュツットガルトで「椿姫」を観てきた身としては、ABTでのこの作品は、大好きなマルセロをもってしてもダメだった。(聞いた話によると、ノイマイヤーはバレエ団ごとに演出を微妙に変えているらしい)マルセロは、セクシーな割りに淡白なアルマンで、マルグリットに対する愛憎半ばした激情が全然見えてこない。マルグリットのコートを脱がせたときに、シュツットガルトのダンサーはすごい勢いでコートを脇に投げつけるのに、彼はぽいっとその場に置くだけ。倒れそうになっているマルグリットに駆け寄るスピードも遅く、感情表現もなんとも一本調子だった。ジュリーは、その美貌は健在で、華奢で折れそうな姿が、病で弱っているマルグリットにはぴったりではあったけれども、身体のしなやかさやサポート力もすっかり失われてしまっていて、弱っているマルグリットを一方的にアルマンが責め立てているみたいで、観ているのがつらかった。マルセロのサポートはうまいのだけど。ABTで「椿姫」を上演すると聞いて、METまで観に行こうと思っていたのだが、観に行かなくて良かった。


《Thirteen Diversions》 World Premiere "Thirteen Diversions"
<振付:クリストファー・ウィールドン 音楽:ベンジャミン・ブリテン>
Choreographed By Christpher Wheeldon
Music : Benjamin Britten Diversions for Piano and Orchestra
Piano : Yegor Shevtsov
ジリアン・マーフィー 、デイヴィッド・ホールバーグ
ヒー・セオ、コリー・スターンズ
マリア・リチェット、ジャレット・マシューズ
シモーン・メスマー、アレクサンドル・ハムーディ
Gillian Murphy David Hallberg
Hee Seo Cory Stearns
Maria Riccetto Jared Matthews
Simone Messmer Alexandre Hammoudi

照明や衣装もアメリカ的にスタイリッシュなネオクラシック系のアブストラクト・バレエ。上の階から観ていたので、フォーメーションの変化も面白くキャストもかなり豪華なメンバーを投入していて見ごたえたっぷりだった。衣装は男女とも二パターン。背景が真っ赤になったり、工夫を凝らされているので30分の作品でも全然長さを感じない。同じく注目されているミルピエと比較して、ウィールダンの方がずっと才能に恵まれているのを感じた。また、ブリテンの音楽が良く振付が音楽にとてもマッチしており、ピアノ演奏も良かった。(ブリテンの曲を使ったバレエといえば、ハンス・ファン・マーネンのFrank Bridge Variationsも良い)ダンサーの中では、やはりジリアン・マーフィとデヴィッド・ホールバーグが際立っていたが、ヒー・セオとコリー・スターンズのペアもなかなか。ホールバーグはMETシーズンでは怪我をしてしばらく休んでいたようだが、無事快復したようだ。

オープニング・ガラという割には、1部、3部が新し目の作品でややゴージャスさに欠けるところもあったが、メンバーは本当にオールスターと言うに相応しい豪華さ。しかしこのメンバーが来年METシーズンでどれくらい踊ってくれるのか、非常に心配なところでもある。

« 7/19 シュツットガルト・バレエ「椿姫」 Stuttgart Ballet Die Kameliendame | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)2012年新春公演 Mikhailovsky Ballet Japan Tour 2012 »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

お仕事がお忙しい中、記事をありがとうございます。
私も行ってきました。あとは今週の木曜だけ行く予定です。

私自身がABTの公演を見に行くのが初めてで、映像では見たことがある有名ダンサーたちを
初めて生で拝見しました。顔見せ、という目的では良かった公演だったと思いますが・・
初めのアレグロブリランテも、新作のウィールドン作品もどちらもアブストラクトバレエで
なおかつ音楽もピアノとオーケストラという構成だったので、印象がかぶってしまったと
思います。贅沢な悩みかもしれませんが、一つは物語性のある一幕物なんかが良かったかな、と。

くるみ割りのバドドゥは、私も含めて皆さん「何でアダージョだけなの・・?」という
リアクションだったような気がします。拍子抜けしてしまいましたよ。

さえさん、こんばんは。

確かに顔見世という意味では良かったと思いますが、やっぱりアブストラクト・バレエの1幕もの2つというのは地味だったかなって気がしますね。どうせアブストラクトバレエをやるなら、イン・ジ・アッパー・ルームみたいな派手な作品とかやればいいのにって思いました。ABTのオールスターガラって毎回、微妙にハズした感じなんですよね。意図的にやっているのかな?ABTが何もバランシンを2つもやらなくてもって思います。

ほんと、くるみ割り人形は何でアダージョだけだったんでしょうかね・・・もったいなかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7/19 シュツットガルト・バレエ「椿姫」 Stuttgart Ballet Die Kameliendame | トップページ | レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)2012年新春公演 Mikhailovsky Ballet Japan Tour 2012 »