BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« NDTとオランダ国立バレエの大幅な予算削減と署名運動 Drastic Budget cuts in Holland and Petitions to Save NDT/Dutch National Ballet | トップページ | エルヴェ・モロー、パリ・オペラ座の来シーズン「Psyche」(ラトマンスキー新作)で復帰 »

2011/05/14

続25 震災とパフォーミング・アーツ界の動き

朝にニューヨークタイムズで、メトロポリタン・オペラ来日公演「ドン・カルロ」に出演予定だったヨナス・カウフマンとオルガ・ボロディナが降板するということを知り、チケットは(降板の可能性もあるかなと思って)買っていなかったのですが、やはり原発問題は深刻なんだと改めて思った次第です。

原発がメルトダウンしてしまった国には行きたくないと思う気持ちもわかるわけで、そんな中でも、日本に来てくださるアーティストには最大限の感謝の気持ちを送りたいと思います。

ジャパン・アーツのサイトでの出演者交代のお知らせ
http://ja-opera.seesaa.net/article/200840446.html

特にドイツでは原発問題において反応が大きいという印象を持ってしまいますが、ドイツのバレエ界ではチャリティの動きは活発なようで。

5月8日にベルリンで開催されたガラ「Ballet Helps Japan」に出演した、東京シティ・バレエの志賀育恵さんと黄凱さんが、それぞれのブログで報告をしてくれています。このふたりの「くるみ割り人形」がトリを飾ったようですね。

志賀育恵さんのブログ(続報がこれから載りそうです)
http://www.ikue-garden.net/blog/

黄凱さんのブログ(ウラジーミル・マラーホフとの写真も掲載されています)
http://huangkai.cocolog-nifty.com/official_blog/2011/05/post-a04a.html

Dance Cubeの針山愛美さんの「バレリーナのベルリン日記」では、ガラの報告と上演演目の紹介があります。
http://www.chacott-jp.com/magazine/d_diary/fromberlin/

追記:ベルリンのコンクールTANZOLYMP(このコンクールの優勝者2人がこのガラに出演)のYouTubeチャンネルでこのガラのプロモーション映像がアップされていたのに気がつきました。ちょっとだけですがマラーホフの「瀕死の白鳥」を観ることができます。

**********
ハンブルク・バレエでは、6月6日に東日本大震災チャリティ公演を行うとのことです。
http://www.hamburgballett.de/e/index.htm

ハンブルク・バレエからのメールマガジンに詳細が掲載されていましたが、「月に寄せる七つの俳句」(ジョエル・ブーローニュ、アレクサンドル・リアブコ、ティアゴ・ボァディン出演)、「ダンシズ・アット・ア・ギャザリング」(エレーヌ・ブシェー、ティアゴ・ボァディン出演)が上演されるとのことです。収益は日本赤十字に寄付され、またハンブルク州立歌劇場でのケータリングの収益も寄付されるそうです。

なお、このメールマガジンで気がついたのですが、ハンブルク・バレエには、ソリストの大石裕香さん、コール・ドの有井舞耀さんのほか、2009年にローザンヌ・コンクールのファイナリストだった池田武志さんと石崎双葉さんが準団員として今年入団することになっているのですね。
http://www.hamburgballett.de/e/ensemble.htm

**********
以前に、清里フィールドバレエが被災地でのバレエ公演を計画しているというニュースをお知らせしましたが、実際に岩手県山田町の避難所の特設ステージでバレリーナが踊りを見せたとのことです。このバレエは岩手、宮城、福島の3県で6月3日まで公演があるとのことです。

岩手の避難所で野外バレエ公演 住民や高校生らが喝采(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011051301000704.html

毎日新聞のサイトには、もう少し写真が掲載された記事が載っていました。
東日本大震災:避難所でバレエ公演 岩手出身のバレリーナ
http://mainichi.jp/photo/archive/news/2011/05/14/20110514k0000e040028000c.html

**********
一方、5月14日にびわ湖ホールで行われる有馬龍子バレエ団の公演「コッペリア」に出演する京都バレエ専門学校の生徒の中には、家族を亡くされた方もいるとのことです。当初、パリ・オペラ座のクレールマリ・オスタとカール・パケットが出演する予定だったものの、キャンセルとなり、トゥールーズ・キャピトル・バレエ団エトワールのマリア・グティエレス(スワニルダ役)とカズベク・アクメディアロフ(フランツ役)が代わりに出演することになった公演ですね。

天国へ贈る誓いのバレエ 14日大津で公演(京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20110512000067

« NDTとオランダ国立バレエの大幅な予算削減と署名運動 Drastic Budget cuts in Holland and Petitions to Save NDT/Dutch National Ballet | トップページ | エルヴェ・モロー、パリ・オペラ座の来シーズン「Psyche」(ラトマンスキー新作)で復帰 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、大変遅ればせながら素敵なご旅行からお帰りなさい、そして情報ありがとうございます☆ 

METのカウフマン来日中止はとても残念です。年内に予定されている他の来日も心配ですね。
私もカウフマンを拝んでみたいけどチケット購入は躊躇していたので、助かったわけですが、本当にこういうことが続くと招聘元は大変だろうなと思います。でも事態が事態ですから降板を責めることはもちろんできません。そんな中、揃って来てくれたバーミンガムロイヤルバレエには頭が下がりますね・・。

こんばんは、naomiさん

ベルリンのガラの紹介をありがとうございます。東京シティバレエのお二人のブログを嬉しく
読ませていただきました。

エントリーが違うので恐縮ですが、オランダ国立バレエと、NDTの予算削減は辛いニュースですね。
NDTは、埼玉県で大きな公演をみていたし、オランダ国立バレエは、この間のゴールディングの所属バレエ団なので、署名をしてみました。なんとか乗り切って欲しいですね。

naomiさん、お久しぶりです。

私もMETは一度拝んでみたいけど、お値段が高くて全く手が出せません(^^;
しかしカウフマンは今回の一番の目玉だったわけで、チケットを購入された方も招聘元も大ショックでしょうね。早く原発問題が解決してくれないと、直接・間接的な被害がどんどん広まってしまします(怒)。

さて、そんな中無事に来日してくれたバーミンガムを一足お先に鎌倉で観て来ました。とにかく衣装がゴージャスで、キラキラした幸福感溢れる楽しい舞台です。一部ソリストのレベルに不満はあるものの、佐久間さんのオーロラは見事だし、ツァオ・チーは品の良い誠実そうな王子様でした。演出の意図も明確で、非常に良いプロダクションだと思います。
地震の後は何かとストレスを感じることが多かったけど、またこんな素敵な舞台が見れることに感謝です。

こんにちは、以前一度コメントしたものです。
石崎双葉さんは、ローザンヌでバッハ組曲を踊ってらした方ですよね。
バッハ組曲を踊った人たちの中では石崎さんのが一番好きで、何度も見ています。

私は青森在住ですが、東北で開催予定だったコンサートは中止が相次ぎました。
地震の翌日は、都響のコンサートに行く予定でした。
チケットを見ると、地震のなかった未来を想像してしまって、払い戻す気分になれません。
今週末、プリンスアイスワールドの公演が開催されたようで、私は行けませんでしたが
予定通り来てくれたことが本当にうれしかった。
バーミンガムの公演も、楽しみにしています。

ClaraTSchさん、こんばんは。

カウフマンはあとボローニャとバイエルンがありますが、なかなか事態が好転しない中では悲観的になってしまいますよね。こんなリスクがあるところへ行きたくない気持ちは良くわかりますが、招聘元は本当にきついでしょうね。ジャパンアーツはこれからABTもあるし。
それだけに、おっしゃるとおり無事キャスト変更無しで来日してくれたバーミンガム・ロイヤル・バレエは素晴らしいと思います。火曜日から観に行く予定なので、とても楽しみにしています。

ショコラさん、こんにちは。

東京シティバレエ団の二人のブログはとても素敵でしたね~日本からのペアをトリに登場させたマラーホフの心遣いも素敵だと思いました。

オランダの予算削減の話題はとても気になるところです。私も両方で署名をしておきました。なんとか今までどおりの活動ができることを祈っています。

peluさん、こんばんは。

私もMETは最安席の抽選に応募してみて見事に外れたので(ボローニャもそうでした)いくら豪華スターの共演とはいえそんなお金は逆さにしても出てこないので、見送る予定なのですが、このお高いチケットを買った方はショックでしょうね。これ以上のキャンセルが出ないことを祈ります。

早速バーミンガム・ロイヤルの眠りをご覧になったのですね!私も、佐久間さんとツァオ・チーのペアで眠りを観る予定です。素敵な舞台だったそうで、ますます楽しみになりました。オランダ国立バレエで観たピーター・ライト版「眠り」もとてもゴージャスだったので、きっと似たような感じなのかしら?

さふさん、こんにちは。

青森にお住まいなのですね!私も友達で実家が青森の人はいるのですが、被害は大きくなかったものの余震で停電などもあって大変だったと聞きました。やはり東北地方のコンサートは軒並み中止になってしまったんですね。そして私も、震災で中止になったマリア・コングのチケットを結局払い戻しをしませんでした。(新国立劇場のは払い戻しちゃったけど)

日本に来てくれたスケーターもいたことは嬉しい限りです。そしてバーミンガムロイヤルバレエ!彼らの勇気には本当に敬意を払いたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NDTとオランダ国立バレエの大幅な予算削減と署名運動 Drastic Budget cuts in Holland and Petitions to Save NDT/Dutch National Ballet | トップページ | エルヴェ・モロー、パリ・オペラ座の来シーズン「Psyche」(ラトマンスキー新作)で復帰 »