BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 続14・震災とパフォーミングアーツ界関連の動き | トップページ | シュツットガルト・バレエ「椿姫」キャストほかいろいろ »

2011/04/07

続15・震災とパフォーミングアーツ界関連の動き

何回か情報をお届けしてきた、パリ・シャンゼリゼ劇場での "Hope, Japan" チャリティガラが昨日(4月6日)開催されました。早速ニュースが掲載されています。

NHKのサイトでは、公演の模様を少し映像で見ることができます。シルヴィ・ギエムとニコラ・ル・リッシュの「アパルトマン」、ナタリー・デセイとローランド・ヴィリャソンのデュエットなど。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110407/k10015149171000.html

読売新聞 ケンゾー、アルゲリッチ…パリで日本支援公演
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110407-OYT1T00299.htm

共同通信 世界的芸術家が震災支援パリ公演 ピアニストらが集結
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040701000268.html

写真家で、ニコラ・ル・リッシュの写真集も出版しているAnne Deniauさんのブログに、この公演の様子がレポートされています。最後のニコラの笑顔がとても素敵。
http://annedeniau-atoutesprofondeurs.over-blog.com/article-r-like-remember-once-in-a-lifetime-the-meaning-of-humanity-71174138.html

追記:こちらのブログにも公演のレポートと写真が載っています。
http://www.dansesaveclaplume.com/post/2011/Hope-Japan-au-Th%C3%A9%C3%A2tre-des-Champs-Elys%C3%A9es

ダンソマニのフォーラムによれば、シルヴィ・ギエムは「アパルトマン」のほか、「Two」を踊り、ニコラ・ル・リッシュは「カリギュラ」の馬のソロを踊ったとのこと。またフォーサイス・カンパニーの島地保武さんが"I do not believe in Outer Space"というフォーサイスの作品を踊ったそうです。デセイとヴィリャソンは「ホフマン物語」からの曲を歌ったようですね。

また、この日の公演は、France2で4月11日か10日の深夜のいずれかで放映されるとのことです。
http://www.cinetelerevue.be/fr/japon-seisme-france2-soiree-tv.html?cmp_id=7&news_id=9724&vID=3

********
オランダ、アムステルダムでは、4月13日にNederland Helpt Japanというイベントがあります。
http://www.nederlandhelptjapan.nl/

サッカー、オランダリーグのAjax(アヤックス)と日本のJリーグ、清水エスパルスのチャリティマッチが行われます。試合だけでなく、歌のパフォーマンス、そしてオランダ国立バレエによるダンスパフォーマンスも行われる予定です。

この試合はスカパーで無料放送として生中継されるんですね。また、Ustreamでも生中継されるとのことです。
http://soccer.skyperfectv.co.jp/information/2011/04/sptv-07192948.html

■ 大会名: “HOLLAND HELPS JAPAN” AFC AJAX vs SHIMIZU S-PULSE
■ 対戦カード: 「アヤックス vs 清水エスパルス」 
■ 放送日: 2011年4月13日(水)(日本時間)深3:20~(予定)
■ 放送チャンネル: Ch.193(スカパー!HD)/Ch.183(スカパー!)/Ch.803(スカパー!e2)

********
なお、一つ明るいニュースとして、英国が渡航自粛先から日本を除外したとの情報が入ってきました。
英国、渡航自粛先から東京を除外 原発の危険性低下
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110407/erp11040712490004-n1.htm

これで、来月予定されているバーミンガム・ロイヤル・バレエの来日公演は無事行われる可能性が高まったと言えます。

そのバーミンガム・ロイヤル・バレエのツァオ・チーのインタビューがeplusのサイトに掲載されています。ちょうどこのインタビューを受けている3月11日、インタビューの最中に大地震が起きたとのことです。
http://classical.eplus2.jp/article/194719265.html

現在発売中のAERAにも、ツァオ・チーと佐久間奈緒さんのインタビューが掲載されていました。

« 続14・震災とパフォーミングアーツ界関連の動き | トップページ | シュツットガルト・バレエ「椿姫」キャストほかいろいろ »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

関東地方ではこのところ計画停電も見送られ、スーパーの棚にもだいぶ商品が戻ってきましたが、被災地ではまだまだガスや電気がないところが多いと聞きます。少しでもはやく温かい食べ物が充分に行き渡るようになるとよいのですが。
世界中でさまざまなイベントが日本のために開催されて、本当にありがたいことです。お昼のNHKのニュースで見ました。「ギエムさんがモダンダンスを」とニコラ君の名前は出なかったんですが。雨ニモマケズの朗読はやはりランベール・ウィルソンだったんですね。
フランスでテレビ放送されるとのことですが、もしかしてNHKでも放送しないかなあ。

24601さん、こんばんは。
さっき大きな余震があってちょっと怖かったですね・・・。
東京の生活は徐々に元に戻っていますが、被災地のみなさんは本当に厳しい生活を強いられているようで、寄付などはしているものの、なんとももどかしい感じです。
NHKのニュースは見逃してしまったのですが、ニュース映像をサイトで紹介してくれてありがたい限りですね。NHKで放送、期待したいですよね!ダンスだけでなくほかの分野の出演者も本当に豪華でしたものね。

被災地の復興、原発事故の収束、被災された皆さんの平穏な暮らし、
そこに行き着くまでにはあまりに厳しい現実が待ち受けている…そんな中、
こうして世界中に支援の輪が広がっているのは日本人としてとてもありがたく、
勇気づけられますね。
日本時間で今朝放映されたパリの「希望 日本」チャリティーコンサート。
家のPCでの受信保存の画質は知れていますが、ダンスの箇所だけ抜き出してみました。
シルヴィ・ギエム『Two』
島地保武『I don't believe in outerspace』
ギョーム・ガリエンヌ&ニコラ・ル・リッシュ『カリギュラ』から(ガリエンヌはヴィクトル・ユゴーの『街と森の歌』朗読も)
シルヴィ・ギエム&ニコラ・ル・リッシュ『アパルトマン』から
xfs.jp/ECYrI

rednalさん、こんばんは。

被災地の皆さんをはじめ、日本在住の私たちには試練の毎日が続きますが、おっしゃるとおり、世界中で日本を支援してくださる輪が広がっていることには勇気付けられますね。被災者の方々には何の罪もありませんが、原発の問題では国や東電が世界に迷惑をかけているというのに。

そして「希望 日本」ありがとうございます!貴重な映像早速拝見しますね。

アクラム・カーンの『Nameless』が抜けていました。
全編上げておきます。
バレエ・ダンス以外のプログラムは

高田賢三 あいさつ

オッフェンバック『ホフマン物語』から ジュリエッタ、ホフマン二重唱
ナタリー・デセイ、ロランド・ビヤソン、イタマール・ゴラン

宮沢賢治『雨ニモマケズ』
ランベール・ウィルソン

武満徹『悲歌』
細川俊夫『五木の子守唄』
庄司紗矢香、児玉桃

山田耕筰『からたちの花』、『赤とんぼ』
大村博美、児玉桃

シューベルト『グランド・ロンド イ長調』
アルゲリッチ、フレイレ

チャイコフスキー『偉大なる芸術家の思い出』から
カティア・ブニアティシヴィリ、ルノー・カピュソン、ゴーティエ・カピュソン

バルタバス『Le Centaure et l'Animal』
バルタバス

となっていました。そして間間に一茶や芭蕉の俳句を
島岡現とナターシャ・パリーが朗読しています。
私は俳句をたしなむような人間ではないのですが、
ゲンさんの語り口には味があって、心に響くものがありました。
最後の二句を上げておきます。
【一茶】
蝸牛そろそろ登れ富士の山
【芭蕉】
入る月の跡は机の四隅哉
xfs.jp/FCaxB

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続14・震災とパフォーミングアーツ界関連の動き | トップページ | シュツットガルト・バレエ「椿姫」キャストほかいろいろ »