BlogPeople


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« SWAN MAGAZINE Vol.23(2011春号) | トップページ | 東京バレエ団「ラ・バヤデール」開幕 »

2011/04/13

ミラノ・スカラ座のエトワール・ガラにエルヴェ・モローが出演予定

ダンソマニでどうやら引退するらしい、ということになっていたパリ・オペラ座のエルヴェ・モロー。最近、その引退の意思を翻意し、来シーズンのオープニングとなるラトマンスキー振付の新作に出演するかもしれないという情報がやはりダンソマニに掲載されていました。

そして、バレエ一色のほみさんに教えていただいたのですが、4月27日、29日にミラノ・スカラ座で開催されるGala des Étoiles のサイトに、出演者として彼の名前が載っていました。

http://www.teatroallascala.org/it/stagione/opera-balletto/2010-2011/gala-des-etoiles.html

CAST
ÉTOILES
Roberto Bolle (Teatro alla Scala)
Hélène Bouchet (Hamburg Ballett)
Agnès Letestu (Ballet Théâtre National de l’Opéra, Parigi)
Hervé Moreau (Ballet Théâtre National de l’Opéra, Parigi)
Massimo Murru (Teatro alla Scala)
Olesia Novikova (Balletto del Teatro Mariinskij-Kirov, San Pietroburgo)
Leonid Sarafanov (Balletto del Teatro Mikhailovsky, San Pietroburgo)
Friedemann Vogel (Stuttgarter Ballet)

ARTISTI DEL CORPO DI BALLO DEL TEATRO ALLA SCALA

フロリアン・マニュネの名前が消えて、代わりにエルヴェ・モローの名前が入ってます。

プログラムを見ると、こうなっています。

Agnès Letestu - Hervé Moreau
Cenerentola 「シンデレラ」

Pas de deux - Atto II
Coreografia Rudolf Nureyev
Musica Sergej Prokof’ev

ということで、今度こそエルヴェが復活する可能性が高まったといえそうです。嬉しい知らせですね。

今度の東京バレエ団の「ラ・バヤデール」への出演をキャンセルしたレオニード・サラファーノフの名前はこちらには残っていますが、無事それまでには回復できると良いですよね。

« SWAN MAGAZINE Vol.23(2011春号) | トップページ | 東京バレエ団「ラ・バヤデール」開幕 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

パリ・オペラ座バレエ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

エルヴェの引退撤回をダンソマニで読みました。
本当なら、うれしいと思っていたら、ブログのミラノスカラ座出演予定を読んで
これなら確実ですねlovely
彼も、相当悩んだのでしょう。体に無理しないで、細く長くダンサー生活を続けてほしいです。

エルヴェの引退撤回は驚きました!
原因は確か身体の不調だったはずだが大丈夫なのかな?
ここ2シーズン、ハンブルクバレエのゲストだったけど、来シーズンの発表をみるとゲストダンサーに彼の名前が無くなり(ボッレとコジョカルの二人のみ)ましたよね~。
一回も踊れなかったのだから仕方ないかな。

キララさん、こんばんは。

エルヴェ・モローが引退してしまうかも、というのを聞いてショックを受けていましたが、先日の引退撤回かも?という報道に続き、スカラ座のガラに出演ということで復帰の可能性が高まりましたね!
彼は怪我が多い印象がありますが、無理しないで、おっしゃるとおり細く長くでも続けてくれればって思います。なかなか彼のように条件に恵まれたダンサーはいませんものね。

jadeさん、こんばんは。

エルヴェは身体(怪我)の問題もありましたが、メンタル的にもちょっと繊細というか弱い部分があって、長いこと舞台から離れていると、なかなか復帰できるのにも勇気がいったようで、それが引退しようと考えた一因だったのでは、って思います。彼がハンブルクでノイマイヤー作品を踊るところも見てみたかった、って思いますが、まずはガラなどで舞台に徐々に慣らしていって、細く長くでも続けてほしいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SWAN MAGAZINE Vol.23(2011春号) | トップページ | 東京バレエ団「ラ・バヤデール」開幕 »