BlogPeople


2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 銀座テアトルシネマで5/1よりバレエ映画の特集上映 | トップページ | 続20・震災とパフォーミングアーツ界関連の動き シルヴィ・ギエムのチャリティ公演 »

2011/04/21

シュツットガルト・バレエ、アレクサンダー・ジョーンズ、ヒョ・ジュン・カン プリンシパルに昇進

4月20日のシュツットガルト・バレエ「ロミオとジュリエット」に主演した、ソリストのアレクサンダー・ジョーンズヒョ・ジュン・カンが、公演終了後、観客の前でプリンシパル昇進を発表されたとのことです。

イギリス出身のアレクサンダー・ジョーンズは、長身で端正な顔立ち、美しいラインでこれからも主演が予定されていてプリンシパル最短距離にいた人なので昇進を予想していましたが、韓国出身のヒョ・ジュン・カンの同時昇進には驚きました。おめでとうございます。

http://www.staatstheater.stuttgart.de/ballett/start.htm

二人とも、ロミオ役、ジュリエット役を演じるのはこの日が初めて。観客の前でプリンシパル昇進が告げられたのは、「椿姫」で飛び級プリンシパル昇進をしたマライン・ラドマーカー以来とのことです。

また、同日にベンヴォーリオ役を演じたコール・ドのダニエル・カマルゴが、ドゥミ・ソリストに昇進しました。ダニエル・カマルゴはエリック・ブルーン・プライズでも観客賞を受賞した期待の若手です。

公演の写真がこの記事に載っています。
http://www.tanznetz.de/kritiken.phtml?page=showthread&aid=196&tid=20053

ついでに、シュツットガルト・バレエの5月の「椿姫」のキャストが発表されていましたが、ジェイソン・レイリーがアルマン役デビューとなっていて驚きました。「椿姫」の初日ではガストン役の彼には、あまりアルマンのイメージがなかったのです。アルマンの父役を、プリンシパルのダグラス・リーが演じることになっているのにもちょっとびっくり。

http://www.staatstheater.stuttgart.de/ballett/spielplan/

5/8
Die Kameliendame
Ballett in drei Akten von John Neumeier nach dem Roman von Alexandre Dumas d. J.

Marguerite Gautier Alicia Amatriain
Armand Duval Jason Reilly *
Manon Lescaut Katja Wünsche
Des Grieux Nikolay Godunov
Prudence Duvernoy Magdalena Dziegielewska
Gaston Rieux Alexander Zaitsev
Olympia Laura O'Malley
Monsieur Duval Douglas Lee


ちなみに、ヒョ・ジュン・カンが出場した2002年のローザンヌ国際コンクールの入賞者が大変豪華なのです。
1位及びコンテンポラリー賞 チェ・ユフィ 崔由姫(現ロイヤル・バレエ ファースト・ソリスト)
2位 マシュー・ゴールディング(現オランダ国立バレエ プリンシパル)
3位 マリア・コチェトコワ(現サンフランシスコ・バレエ プリンシパル)
4位 ディヌ・タマズラカル(現ベルリン国立バレエ ソリスト)
スカラシップ ヒョ・ジュン・カン(現シュツットガルト・バレエ 新プリンシパル)

なお、今年のローザンヌ国際コンクールの放送は、5月8日(日)15:00~教育テレビでの放送予定とのことです。

« 銀座テアトルシネマで5/1よりバレエ映画の特集上映 | トップページ | 続20・震災とパフォーミングアーツ界関連の動き シルヴィ・ギエムのチャリティ公演 »

シュツットガルト・バレエ」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、

映画の話と、チャリティの話、シュツットガルトの昇進の話と盛りだくさんですね。

チャリティでは、ギエムは本当にホットな人で、以前のようなマドマーゼルノンという
名前が嘘みたいですね。チャリティはとても嬉しいですが、彼女が今踊るフォーサイスも
とてもみたいです。

2002年のローザンヌの結果もとても興味深いです。豪華な面々で、この間のゴールディングも
この年の勝者だったのですね。本当にゴールディングは、爽やかで良いダンサーでしたね。
5/8のTV放映を逃さないようにみます。

ショコラさん、こんにちは。

コメントを見落としてしまっていたようで、遅くなってごめんなさい。

ギエムは本当に親日家のようで、このように積極的にチャリティに取り組んでくださっていますよね。
しかも、様々な振付家に新しい作品を振付させて、芸術家として新しい領域に踏み込んできていて素晴らしいって思います。

今はちょうど、2002年ごろローザンヌに出場したダンサーたちが若手で活躍中ということですよね。スティーブン・マックレーはその次の年だったかしら。
今年の放映も見逃さないようにしなければ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀座テアトルシネマで5/1よりバレエ映画の特集上映 | トップページ | 続20・震災とパフォーミングアーツ界関連の動き シルヴィ・ギエムのチャリティ公演 »