BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 11/2 新国立劇場バレエ団「ビントレーのペンギン・カフェ」「火の鳥」「シンフォニー・イン・C」 New National Ballet Tokyo "Bintley's 'Still Life' at the Penguin Cafe""Firebird""Symphony in C" | トップページ | ABTの歴史的なキューバ公演 »

2010/11/04

国内映画館でボリショイ・バレエ「白鳥の湖」「ジゼル」パリ・オペラ座「コッペリア」ロイヤル「ロメオとジュリエット」上映/追記アリ

ソニー"Livespire"(ライブスパイア)では、世界中の良質なクラシック芸術を、デジタルシネマにより全国の映画館に向けて配給するシリーズプログラム「World Classics@CINEMA」(ワールドクラシック@シネマ)を、2009年末より展開しています。2010年には、ロイヤル・バレエの「くるみ割り人形」「オンディーヌ」、マリインスキー・バレエの「白鳥の湖」が全国の映画館で上映されました。

2011年も今年に引き続き、ヨーロッパの有名オペラハウスやバレエ団の公演を撮影収録した映像をもとに、日本国内の映画館で上映するためのデジタルシネマ・バージョンをLivespireが制作・配給することが発表されました。

http://www.moon-light.ne.jp/news/2010/11/world-classics2011.html

新たにパリ・オペラ座バレエ(フランス)、ボリショイ・バレエ(ロシア)の新作映像が映画館で公開されるとのことです。

●「ワールドクラシック@シネマ2011」(World Classics@CINEMA 2011)
2011年ラインナップ(全8作品)

【オペラ】
◆ミラノ・スカラ座(イタリア)
 「カルメン」(2009 年上演)
 「シモン・ボッカネグラ」(2010 年上演)
◆バーデンバーデン祝祭劇場(ドイツ)
 「ばらの騎士」(2009 年上演)
◆グラインドボーン音楽祭(イギリス)
 「ドン・ジョヴァンニ」(2010 年上演)

【バレエ】
◆ロイヤル・バレエ(イギリス)
 「ロメオとジュリエット」(2010 年上演)
◆ボリショイ・バレエ(ロシア)
 「白鳥の湖」(2010 年上演)
 「クラスコンサート」、「ジゼル」(2011 年上演予定)
◆パリ・オペラ座バレエ(フランス)
 「コッペリア」(2011 年上演予定)

《上映劇場/上映スケジュール》
新宿バルト9ほか、全国の映画館にて順次上映予定 (詳細未定)

まだLivespireのオフィシャルサイトには、2011年のラインアップはアップされていません。
http://www.livespire.jp/opera/

追記:プレスリリースが掲載されていました。
http://www.livespire.jp/news/2010.html#20101104035506

****
ダンソマニの情報によると、今シーズンのパリ・オペラ座のテレビ用収録予定としては、
『カリギュラ』(ニコラ・ル・リッシュ振付)
『コッペリア』(パトリス・バール振付)
『天井桟敷の人々』(ジョゼ・マルティネス振付)
の3本があるとのことなので、そのうちのバール版「コッペリア」が映画館で見ることができるというわけですね。

同じくダンソマニより、ボリショイ・バレエの今年 9月26日の「白鳥の湖」が収録されて来年6月にフランスでは公開されるとのこと。キャストは、オデット/オディールがマリーヤ・アレクサンドロワ、王子がルスラン・スクヴォルツォフ、ロットバルト(悪の天才)がニコライ・ツィスカリーゼ、スペインにナターリヤ・オシポワという豪華なものです。この映像が上映される可能性が高そうですね。

また、ボリショイ・バレエのシーズン開幕記者会見で、5つのプログラムが映画館での上映、あるいは生中継されることが発表されています。
・『くるみ割り人形』 12月19日
・「クラス・コンサート」/『ジゼル』 1月23日
・『ドン・キホーテ』 3月6日
・『コッペリア』 5月29日

このうちの「ジゼル」「クラス・コンサート」が日本でも映画館で上映されるということになりそうですね。

それから、ロイヤルの「ロミオとジュリエット」は2010年の上演映像ということなのですが、いつ収録されたものなのでしょうか?まだわかりませんが、もしかしたら今年6月の日本公演(吉田都さん主演)かもしれませんね。いずれ詳細は発表されることでしょう。


11/8 追記:プレスリリースを送っていただきましたので、上映作品情報詳細を追加します。
「ロミオとジュリエット」は吉田都さんの日本での最後の公演とのことです。

バレエ 「ロメオとジュリエット」 英国 ロイヤル・バレエ 日本公演(2010年6月29日上演)

優れた演劇性で世界的に名高い英国ロイヤル・バレエにとって、「ロメオとジュリエット」は代表的なレパートリーの一つ。シェイクスピアの名作をバレエ化した傑作。日本が世界に誇るプリマバレリーナ吉田都のロイヤル・バレエとの最後の共演となった、2010年6月のロイヤル・バレエ日本公演。

バレエ 「白鳥の湖」 ロシア ボリショイ・バレエ (2010年9月26日上演)

ロシアバレエの殿堂、ボリショイ・バレエ。 チャイコフスキーの三大バレエのひとつ「白鳥の湖」は、1877年にボリショイ劇場で初めて上演された。この伝統のレパートリーを現在のボリシショイを代表するスターバレリーナ、マリア・アレクサンドロワが主演で躍る。

バレエ 「クラスコンサート」 「ジゼル」 ロシア ボリショイ・バレエ (2011年1月23日上演予定)

ボリショイ劇場は2010年12月から2011年5月末までに、ボリショイ・バレエ作品を世界 22 カ国への映画館生中継する計画を発表。そのラインナップから1月23日上演される、バレエのクラスの様子を作品にしたボリショイ・バレエならではの超絶技巧が繰り広げられる「クラスコンサート」およびロマンティックバレエの名作「ジゼル」の2作品を日本で上映。(生中継ではありません)

バレエ 「コッペリア」 パリ・オペラ座バレエ(2011年3月28日上演予定)

フランス国王ルイ14世によって創設されてから350年あまりという最古の歴史を持ち、日本でも絶大な人気を誇るパリ・オペラ座バレエ。「コッペリア」は1870年にパリ・オペラ座で初演され、それ以来同バレエ団の重要なレパートリーの一つとなっている。今回上演が予定されているのは、パトリス・バール振付の1996年版。

« 11/2 新国立劇場バレエ団「ビントレーのペンギン・カフェ」「火の鳥」「シンフォニー・イン・C」 New National Ballet Tokyo "Bintley's 'Still Life' at the Penguin Cafe""Firebird""Symphony in C" | トップページ | ABTの歴史的なキューバ公演 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

バレエの舞台を映画館でみられるのですね。すでに2010年は3本も上演されていたとは知りませんでした。
家でテレビ放映をみるよりも迫力がありそうです。今度からチェックしてみます。オシポワのスペイン、ツィスカリーゼのロットバルトはみてみたいです。でも、カリギュラや天井桟敷の人々も是非お願いしたいです。
いつも、新しくておもしろい情報をありがとうございます。

ショコラさん、こんばんは。
2010年の上映はこのあたりではいくつかのシネコンで上映されていて、私の住んでいるところから比較的近い川崎でも上映されていたんですが、時間帯が合わなくて(朝のみの上映だったりして)観にいけなかったんですよね。来年のはもう少し見やすい時間帯でやってくれるといいな、って思います。大きな画面でバレエを観られたら、きっと臨場感もあるでしょうね。ボリショイは最近の市販映像も少ないので、特に貴重な機会となりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11/2 新国立劇場バレエ団「ビントレーのペンギン・カフェ」「火の鳥」「シンフォニー・イン・C」 New National Ballet Tokyo "Bintley's 'Still Life' at the Penguin Cafe""Firebird""Symphony in C" | トップページ | ABTの歴史的なキューバ公演 »