BlogPeople


2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« SWAN MAGAZINE 2010 秋号 Vol.21 | トップページ | 東京バレエ団「ラ・バヤデール」2011年4月再演/「ダンス・イン・ザ・ミラー」Tokyo Ballet "La Bayadere" 2011/4 »

2010/10/17

ABTの2011年METシーズンラインアップ

ABTの2011年METシーズンラインアップが発表されています。METシーズンは5月16日から7月9日までの8週間開催されます。

http://www.abt.org/insideabt/news_display.asp?News_ID=322

新作として、アレクセイ・ラトマンスキーとクリストファー・ウィールダンによる世界初演作品があるほか、アレクセイ・ラトマンスキーの傑作コメディ「明るい小川」のMET初演とベンジャミン・ミルピエによる新作が予定されています。

プリンシパルは、ロベルト・ボッレがカンパニーの一員として出演するほか、ゲスト・プリンシパルとしてナタリア・オシポワとアリーナ・コジョカルが出演する予定となっています。

6月30日には、ホセ・カレーニョのフェアウェル公演「白鳥の湖」が行われ、オデットをジュリー・ケント、オディールをジリアン・マーフィが踊ります。

「明るい小川」The Bright Stream 6月9日初日 パロマ・ヘレーラ、マルセロ・ゴメス、ジリアン・マーフィ、デヴィッド・ホールバーグ (ABTでの初演は、2011年1月21日ケネディセンターで予定)

ミックスプロ 5月24日~26日 ラトマンスキーの世界初演作品、ウィールダンの世界初演作品、Shadowplay(アンソニー・チューダー振付作品)、ベンジャミン・ミルピエの新作(世界初演は、2011年3月のABTモスクワ公演で行われる予定)

「ドン・キホーテ」 Don Quixote 5月17日初日 パロマ・ヘレーラ、ホセ・カレーニョ
「ジゼル」Giselle 5月27日初日、ディアナ・ヴィシニョーワ、マルセロ・ゴメス 新ソリストのヒー・セオがデヴィッド・ホールバーグを相手にジゼル役デビューを飾ります
「椿姫」Lady of the Camellias、6月3日初日、ジュリー・ケント、ロベルト・ボッレ
「コッペリア」Coppelia 6月16日、シオマラ・レイエス、エルマン・コルネホ
「シンデレラ」Cinderella(ジェームズ・クデルカ振付) 6月21日初日、ジリアン・マーフィ、デヴィッド・ホールバーグ
「白鳥の湖」Swan Lake イリーナ・ドヴォロヴェンコ、マキシム・ベロツェルコフスキー
「眠れる森の美女」Sleeping Beauty 7月5日初日、ヴェロニカ・パールト、マルセロ・ゴメス

なお、各日のキャストはカレンダーの該当月を見ると判明します。
http://www.abt.org/performances/calendar_index1.asp

「ドン・キホーテ」で5月18日に加治屋百合子さんとダニール・シムキンが主演するほか、5月20日にはアリーナ・コジョカルがキトリ役でホセ・カレーニョと踊ります。
5月28日の「ジゼル」では、アリーナ・コジョカルがイーサン・スティーフェルと主演。「眠れる森の美女」7月6日がナタリア・オシポワ主演(パートナーはデヴィッド・ホールバーグ)、7月8日がアリーナ・コジョカル主演(パートナーはエルマン・コルネホ)
また、6月18日のマチネ公演のフランツはダニール・シムキンが踊ります。

注目の「明るい小川」は、初日キャストのほかは、6月10日、15日昼ジュリー・ケント、ホセ・カレーニョ、ヒー・セオ、未定、6月11日昼、14日未定、エルマン・コルネホ、ナタリア・オシポワ、ダニール・シムキン、6月11日夜、15日夜ヴェロニカ・パールト、アレクサンダー・ハムジ、ステラ・アブレラ、コリー・スターンズとなっています。順番で行くと4番目になっているのがおそらくは、女装してポアントで踊るクラシック・ダンサーの役なので、デヴィッド・ホールバーグ、ダニール・シムキン、コリー・スターンズの妙技を見ることができそうですね。

*********
というわけで、METシーズン最大の楽しみが「明るい小川」にあることは間違いありません。ボリショイの来日公演で観ましたが、これは本当に爆笑の大傑作ですよね。ボリショイのNY公演でも上演されていますし、きっとMETでも大ウケすることでしょう。「椿姫」の再演も楽しみですね。そしてアリーナ・コジョカルが3演目に出演するのが驚きです。

一方で、あまり評判の良くないマッケンジー版の「眠れる森の美女」やクデルカ版の「シンデレラ」が上演され、マクミラン作品の上演がないのが残念なところです。

それからアンヘル・コレーラの出演が現在のところひとつもないのが残念ですし、ロベルト・ボッレも「椿姫」のみの出演の予定のようですね。まだ「ドン・キホーテ」「ジゼル」「白鳥の湖」で出演者が未定の日があるので、それを誰が踊るのか注目されると思います。スターシステムで動いているABTはゲストが主役を占める日が増えてしまって、生え抜きのダンサーがなかなか育たないのが問題です。その中でも、コリー・スターンズ、ヒー・セオの二人をはじめ、アレクサンダー・ハムジ、そして加治屋百合子さんはプッシュされているという感じでしょうか。

« SWAN MAGAZINE 2010 秋号 Vol.21 | トップページ | 東京バレエ団「ラ・バヤデール」2011年4月再演/「ダンス・イン・ザ・ミラー」Tokyo Ballet "La Bayadere" 2011/4 »

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)」カテゴリの記事

コメント

カレーニョのフェアウェル公演はオデットとオディール別々の人が演じるんですね~。
ジリアンはやっぱりオディールのほうが似合いますもんね。

アンヘルは今のところ6/18の「コッペリア」しか予定がないようですね。
来日公演はどうなることやら・・・

naomiさん、こんにちは。おう、「明るい小川」だったんですね!The Bright Streamってなんかぴんと来なくて(そのまんまでしたが)、この豪華なキャストの演目は何かしら、と思っていました。今年5月にMETで観た椿姫が素晴らしかったので、また来年の再演も行きたいなと思っていたのですが、明るい小川も同じ週で観られるし、6月のNYに行こうかな~。明るい小川、とっても面白いみたいですね。ホールバーグの女装、ちょっと楽しみですね・・・・。なんか私が観るときのホールバーグはロットバルトとか椿姫のデグリュとか、ちょっと別世界のキャラが多くて、あんまりストレートな王子様役を踊っているのを観たことがないような気がするんですが、彼のアニメっぽい外見は、そういう現実離れした役にもぴったりな感じがします。

プリマローズさん、こんばんは。

アンヘルの6月18日夜のコッペリアを見落としていました。去年もアンヘルは結局ドン・キホーテとロミジュリ各1回しかキャストされていなくて、しかもロミジュリは降板で残念でしたよね。アンヘル自身はABTでも踊りたがっているみたいなので、まだ未定のところに入ってくれることを祈ります。来年は来日公演で「ドン・キホーテ」があるので、それに出てほしいですよね。

ぶうたさん、こんばんは。

ABT来シーズンもご覧になることを検討されているとのこと、羨ましいです!明るい小川と椿姫ですものね。当初ABTの来日公演が「椿姫」予定と聞いて喜んでいたのですが、「ドン・キホーテ」になってしまって非常に残念です。最近「ドン・キホーテ」自体にはすっかり飽きてしまってABTで来てもそんなに観にいかないだろうなって気がするので、その分MET行きの方が楽しいでしょうねと考えちゃいました。その頃に自分に遠征できるような財力と体力があるかどうかが大きな問題ですが・・。

デヴィッド・ホールバーグのデ・グリューはさぞかし妖しくて素敵なことでしょうね。

こんにちはー、ナオミさん~
とうとうABTのスケジュールが出ましたね!!! きゃ~~~、うれしいです!!!!
早速、サブスクライブの検討をしなくてはと 今から考えるだけで楽しみです。

アンヘルが、取り合えず1公演しかCastingされてないのが、とても悲しいです。 本当、どうなるんだろう。。。アンヘル様の公演がどんどん見れなくなるのは悲しい!!いやだ~~!!

来春もJoseが辞めちゃうし、ほんとうここ数年のABTは世代交代の時期に入ってますよね。 Joseの引退公演がどう曜日じゃないのが、またもやびっくりです。 大体の引退公演は土曜の夜なのに。。。。Joseは平日。

Heeちゃんも本当頑張ってくれてうれしいです!! ジゼルとは、メッチャ難しい役にまたもや抜擢ですよね。。。彼女は、バナリパのモデルとしても この冬採用されているよー(←余談)

コジョカルのジゼルが見れるのは、かなりうれしいです!!これは見逃せない~~~~
Alexも大きな役に挑戦ですよね~~、Castingに名前が出てるし 

Coryはさすがにジゼル、アルフレッド?はまだ見たいですね? Castingに今の所無いし。
あれは難しい役だから、もう少しお勉強が必要なのでしょうか?
なんかCoryはマチネのCastingが多い(涙)、会社半休で行くしかない??

百合子ちゃんとダニールのDonQが楽しみ!! でもスケジュールを見たら水曜マチネです。。。。
え~~~~、会社半休(笑)。

思った以上にイーサンのCastingがあるんだけど。。。。大丈夫か? 踊らないプリンシパルなのに(苦笑)

ナオミさん、是非来春はNYCへ来てください!!!

takakoさん、こんばんは。

ついにMETシーズン出ましたね!takakoさんの嬉しい悲鳴が聞こえてきそうな・・・NY在住者がとっても羨ましくなります。
でもアンヘルが「コッペリア」ひとつしか予定されていなくて、ホセ・カレーニョが引退しちゃうのは本当に残念です。寂しい。しかもホセのフェアウェルって平日なんですね。なんてこと!本当に世代交代の時期に来ているんですね。コリーは出演予定がガッツリ入っているのでそれだけ期待が大きいのだと思いますが、アレックスがキャスティングされているのも嬉しいですね。ヒーちゃんも、ジゼルへの抜擢はすごいですね。

本当に来シーズンこそはNYに行きたいです!(マイレージはたまったんですけどね)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SWAN MAGAZINE 2010 秋号 Vol.21 | トップページ | 東京バレエ団「ラ・バヤデール」2011年4月再演/「ダンス・イン・ザ・ミラー」Tokyo Ballet "La Bayadere" 2011/4 »