BlogPeople


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 吉田都さんの「スーパー・バレエ・レッスン」9月より再放送 | トップページ | 「小さな村の小さなダンサー」 MAO'S LAST DANCER »

2010/08/15

8/14 ニコラ・ル=リッシュの「ボレロ」 Bejart's "Bolero" by Nicolas Le Riche

当初この公演は観に行く予定ではなかったのだけど、急に時間が空いて、「ボレロ」は個人的に2階席前方で見るのが一番良いと思っていているのだが、その席のチケットを手に入れることができたので、行くことにした。ニコラ・ル=リッシュのボレロを観たかったので。

「ボレロ」は最初は手だけに照明が当たっていて暗闇に浮かび上がる演出なのだが、他でも指摘されていた方がいたけれども光の絞り方が甘いのか、周囲が明るすぎるのか、手以外の部分が見えてしまっていたのが少々残念だった。

ニコラのメロディは大きい。身長もそうだけど上半身の横幅が広く、腕がとても長くて手が大きい。もちろん動きも非常に大きいので円卓からはみ出るのではないかと思えるほどの迫力がある。最初はややクールで、強靭さがありながら、いい意味で力が抜けていて余裕たっぷりに踊っている。リズムの4人が立ち上がってくるところから次第に躍動し熱を帯びてくるけれども、それでもまだまだ余裕。ルルヴェも高いし、アティチュードでプロムナードするときのポーズが決まっていてかっこいい。

ニコラは終盤になってようやく力が入ってくるが、左右に2回ずつ大きく跳ぶときの跳躍が高くて空中での形が美しく保たれていた。台の上でスプリッツをしながら肘をついて正面を見る表情は心なしか悪戯っぽい。ニコラのメロディはきわめて人間的で、何かが憑依したり神がかり的になったりすることはなく、自己陶酔もまったく感じさせない。ただ地に足をつけて、力いっぱい、周囲を鼓舞するのみ。彼のメロディは力強く雄雄しく、人々のリーダー的な存在ではあるけれども、一方で兄貴的とも言えるような親しみやすさがあるところが魅力的だった。終盤には彼の肌の色が赤く染まっていき、一気にエネルギーレベルが最高潮に達したところで、幕。

ふと思った。ニコラが「スパルタクス」を踊るところを観てみたい、と。

« 吉田都さんの「スーパー・バレエ・レッスン」9月より再放送 | トップページ | 「小さな村の小さなダンサー」 MAO'S LAST DANCER »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

Naomiさん、こんにちわ!
8/15に観に行ってきました。大分前の席だったので、手以外がずいぶんと見えるなーと思っていたのですが照明の絞りがあまかったんですね!
ニコラは中盤若干お疲れ気味?に思えるところもあったのですが、それをカバーするかの如く(?)リズムのダンサーの方達が本当によくて、最初にコラよりそっちに目が吸い寄せられてしまいました。。。。しかし終盤の迫力は本当に鳥肌が立ちましたねー、あの30秒程の瞬間だけでも観られて本当に良かった!
ニコラってきっとすごくいい人なんだろうなーと思ってしまったボレロでした。
あ、ところでギリシャの踊りも私はすごく好きでした!

TGIFさん、こんばんは。
ボレロは前のほうの席で観ると迫力ですよね。前にシルヴィ・ギエムをすごい前で見たときには気がビンビン伝わってきました。2階からだと、リズムのダンサーが逆に見えにくくて、どうしてもメロディに集中しちゃうんです。終盤のニコラは本当にものすごい迫力でしたよね。
そう、それとカーテンコールのときの心からの笑顔が素敵でした。東京バレエ団のダンサーたちと肩を組んでの。いい人なんだと思います。
ギリシャの踊りは、小笠原さんと高橋さんの二人の若者がものすごく良かったですよね。兄弟愛を感じさせて。長瀬さんのソロは前に見たときのほうが痛切な感じがして、今回はもう少しリラックスしていたと思うんですが、彼も良かったと思います。が、私はベジャールツボがないので、感想に書けないんですよね・・・。

Naomiさん、

度々ごめんなさい、ひとことだけ
>>私はベジャールツボがないので、感想に書けないんですよね・・・。

えーーー!
全然そんな事ないというか、いつもどうやったらこんなに的確に新鮮な視点で感想が書けるだろう、、、と感心してるんですがっ!
これからも楽しみにしてます♪

TGIFさん、こんばんは。

身に余るお言葉、ありがとうございます!まだ体調が万全じゃなくて、「ドン・ジョバンニ」では意識が遠のきかけたというのが正直な話で・・・。今はバレエの感想を書いているブログもとても多く、面白い文章をみんな書かれているので、どうやったらオリジナルな視点で語れるのか、試行錯誤しているところです。こうやってコメントをいただけると本当にうれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉田都さんの「スーパー・バレエ・レッスン」9月より再放送 | トップページ | 「小さな村の小さなダンサー」 MAO'S LAST DANCER »