BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 6/12 ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踏団『私と踊って』 Pina Bausch Tanztheater Wupperthal "Komm tanz mit mir | トップページ | マチュー・ガニオが「徹子の部屋」7月1日放送分に出演 »

2010/06/16

The Ballet Bagの東京バレエ団リハーサルレポート The Tokyo Ballet In Rehearsal

英国発のバレエサイトThe Ballet Bagのリンダさんが現在来日中なのですが、ヨーロッパツアーに出発する直前の東京バレエ団を取材して、素晴らしいフォトレポートをアップしています。

The Tokyo Ballet In Rehearsal
ttp://www.theballetbag.com/2010/06/15/the-tokyo-ballet-in-rehearsal/

日本のバレエ団のリハーサルの様子が、海外の目から見てどう映ったかがわかって、とっても興味深いです。しかも「ドン・ジョバンニ」と「春の祭典」のモノクロで撮影されたリハーサルフォトが本当に素敵です。見慣れた東京バレエ団のオフィシャルブログでの稽古場便りとはまた一味違っているんですよね。特に「春の祭典」のクライマックスの写真は凄い迫力です。生贄役は吉岡美佳さんと長瀬直義さん。

そして東京バレエ団の今までの歴史と実績についても英語で紹介されているので、これから彼らを知る世界の人々にも発信できているのが嬉しいところですよね。

The Ballet Bagでは、最近では、英国ロイヤル・バレエの来日公演、6月19日13時の「リーズの結婚」と西宮での「ロミオとジュリエット」に主演するロベルタ・マルケス&スティーヴン・マックレーのインタビューも掲載しています。
http://www.theballetbag.com/2010/05/21/roberta-marquez-steven-mcrae-dancing-cheek-to-cheek/
こちらも、二人の写真がとーっても魅力的に撮影されていて、思わずチケットを買いたくなってしまいます。本当にロベルタ・マルケスは愛らしいですね。

引き続き、リンダさんによる日本発のバレエレポートがThe Ballet Bagには追加される予定とのことで、本当に楽しみです!


東京バレエ団は本日(6月15日)ヨーロッパツアーに出発しましたが、入れ替わるように、昨日ロイヤル・バレエが公演のために来日したとNBSのロイヤル・オペラハウスブログで報告がありました。いよいよ今週末からの公演ということで、わくわくしてきました。

« 6/12 ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踏団『私と踊って』 Pina Bausch Tanztheater Wupperthal "Komm tanz mit mir | トップページ | マチュー・ガニオが「徹子の部屋」7月1日放送分に出演 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

Thanks for the shout-out Naomi! Even though Google Translate is not perfect, I did manage to get a feel for what you wrote. :)

Hi, Linda,

Thank you so much for your fantastic report on Tokyo Ballet, should be really great for them to have this article :) Terrific pictures!

I know Google translate sometimes gives you very weird translations haha ;))

naomiさん、素敵なサイトのご紹介ありがとうございました。
都さんのジュリエットを見られないのは痛恨ですが、ロベルタの
ジュリエットを西宮で見るのが楽しみです。
哲也と組んだ熊川版のジュリエットも素敵だったし!

願わくは、Kのことも世界に発信してほしいなぁ、なんて・・・。
英語、読めるけど書くのは苦手なんです(苦笑)

Odetteさん、こんばんは。

ロベルタのジュリエットは西宮だけなんですよね。彼女はK-Balletのロミジュリにもゲスト出演していたけど、きっとすごく可愛いジュリエットでしょうね。

K-Balletのように古典全幕中心のカンパニーで、熊川さんの振付指導を行っているリハーサルでしょうから、面白いはずです。もっとK-Balletも世界に向けてアピールしたほうがいいのかもしれませんね。

こんにちは。
今日は、読み応えのあるChacottの紹介をしていましたね。精力的にいろいろレポートしてくれそうで、楽しみです。
そうそう、K-Ballet!
私も、K-Balletはもっと世界に発信出来たら良いなと思います。ダンサーとしての熊川哲也さんも素晴らしいけれど、芸術監督としても、良いお仕事されているな、と思っているので。美術とかセットの選択も含めての総合芸術として、センス良いなと思うんですよ。いつ見ても、うわぁ~っ!!て思うほど綺麗なので。

YUIOTOさん、こんばんは。

チャコットの記事も楽しかったですよね~。私も一番上のフロアまではいったことがないので、ああなっているんだと発見。

K-Balletは、2003年のアシュトン生誕100周年フェスティバルがリンカーンセンターで行われた時に、METで公演を行っているんですけどそれ以降は海外公演をやっていないかもしれませんね。本当にK-Balletの舞台は美しいし、男性ダンサーのレベルは高いし、もちろん女性ダンサーも素敵な方々がいるし、海外にもっと知ってほしいカンパニーですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6/12 ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踏団『私と踊って』 Pina Bausch Tanztheater Wupperthal "Komm tanz mit mir | トップページ | マチュー・ガニオが「徹子の部屋」7月1日放送分に出演 »