BlogPeople


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« アリーナ・コジョカルのジュリエットとルパート・ペネファーザーのロミオ | トップページ | 6/29 ロイヤル・バレエ「ロミオとジュリエット」 The Royal Ballet Romeo and Juliet Miyako's Farewell »

2010/06/28

吉田都さんとスティーヴン・マックレーのロミオとジュリエット

吉田都さんのジュリエット、とっても可愛かったです。前日のアリーナ・コジョカルの愛らしさとはまた違った、初々しく瞳をキラキラさせていて純情なジュリエット。都さんのジュリエットらしいな、と思ったのは純粋さの中にもどこか奥ゆかしさがあること。ぶれがなくてどこまでも滑らかだけど抑制が効いていて。とてもロイヤル・バレエでの引退公演であるとは思えないくらいで、すべてが完璧でした。登場シーンの時のキュートさはもう犯罪的なくらいで、ちょっとお茶目な表現だったのがご愛嬌。まだもう一回公演があるのでちょっとネタばれかもしれませんが、ラストシーンでは微笑を浮かべながら死んでいったように見えて、ジュリエットが天に召されてそこでロミオと永遠に結ばれるということでは幸せな結末だったのかしら、と感じられました。

スティーヴン・マックレーは、背は高くないけれども均整の取れたすらりとしたスタイルの持ち主。若くて甘さもあり、ロミオにぴったりの雰囲気でした。甘え顔が似合っていてちょっとだけワンコを思わせます。踊りがもう~素晴らしくて、キレがあるし回転系の凄さと言ったらもう。2幕での連続ソ・ド・バスクの鮮やかさや、乳母から手紙を取ろうとする時のシェネのスピード感が、疾走する恋を象徴するかのよう。そして都さんとの息もよく合っていて、バルコニーのパ・ド・ドゥでのスムーズで美しいリフトの数々には息を飲むばかりでした。1幕のソードファイトでちょっとしたアクシデントがあり、額から血が流れていたのでどきっとしましたが、それだけ荒々しいファイトだったということです。おそらくは大事には至っていないはず!

マキューシオにブライアン・マロニー、ベンヴォーリオにセルゲイ・ポルーニン。二人とも良かったのですが、中でもポルーニンの跳躍の大きさと美しさは目を惹きました。きっと次にロイヤル・バレエで「ロミオとジュリエット」が上演される時は彼がロミオを踊ることになるのでしょうね。荒々しく悪人振りがさまになっていたティボルトのトーマス・ホワイトヘッド、激しさを秘めていたキャピュレット夫人のジェネシア・ロサート。のびのびと大きく踊っていた、3人の娼婦の一人ラウラ・モレーラと脇に至るまで見ごたえたっぷりでした。

さて、あと2日間、東京文化会館の舞台の上ではどんなドラマが展開されるのでしょうか。耐久戦になってきましたががんばります。

« アリーナ・コジョカルのジュリエットとルパート・ペネファーザーのロミオ | トップページ | 6/29 ロイヤル・バレエ「ロミオとジュリエット」 The Royal Ballet Romeo and Juliet Miyako's Farewell »

バレエ公演感想」カテゴリの記事

コメント

都さんのロイヤル引退公演ということもあって、他のキャストも良いですね。
今のロイヤルの若手が育ってきているので、都さんのようなキャリアのあるダンサーとも上手く踊れるのだと思います。
本当に全幕はこれが最後だと思うと残念ですが。ガラなどではまだ踊られるようなので、少しだけほっとしています。
綺麗に踊れるうちに引退するのは、都さんの美学なのかもしれませんね。

naomiさま、こんにちは。
私も土曜にコジョカル、昨夜の都さんの舞台を見て感動のうちに今朝家に帰り着きました。
どちらも素晴らしい舞台でしたね。それぞれの個性ある役作りがはっきりしていてそういう意味でも興味深いところがありました。
都さんマックレーは、本当に息ぴったりで驚きました。
デマチで見たマックレーはおでこの真ん中にぽっこりとたんこぶができていて、ぱっくりと割れていて、テープで傷口を止めていました。
ファンに尋ねられて、ファイトシーンでゴーン!とアクション付きで説明してくれて、でも大丈夫だよ、と明るい笑顔でした。

naomiさん、こんばんは。
スティーブンと都さん、とても素晴らしかったようですね!生で見られなかったのは残念ですが、秋にはTV放送もあるそうなのでそれを楽しみに待ってます。
スティーブン、血を流しながらだったとは、なんてリアルな・・・たいしたケガじゃなくてよかったですが。
考えてみたら2人は20も年が離れているんですね~。都さんが若く見えるのでとてもそんなふうには見えませんが。アンヘルとフェリ以上の年の差だわと考えてしまいました(^^ゞ

実は私、急遽今日の公演も当日券で行ってきたんですが、エドワード・ワトソンに惚れました(笑)今日ははっきり表情が見える席で昨日とはまた違った感動でした。

本日、都さんの公演に行ってきます!

くみさん、こんばんは。

昨日、今日と行ってきて今日はサッカーもあったのでお返事が遅くなってしまい申し訳ありません!(しかも昨日は開演に間に合わなかったし)

スティーヴンは本当に良く踊れますね!演技がもう少し濃いとさらに言うことなしですが、この日のキャストはマキューシオ、ベンヴォーリオも充実して見ごたえありました。

ロイヤルを引退するのはもったいないと思いつつも、まだダンサーとしては活動してくれるとのことなので、日本でもう少し舞台が観られますように!

きょんさん、こんばんは。

アリーナ・コジョカル、都さんとごらんになれたのですね。「ロミオとジュリエット」は悲劇ではあるけれども、でも胸いっぱいの幸せな気分で帰途につくことができましたよね。二人の個性が良く出ていました!

マックレーくん、出てきたときはそんな様子だったのですか!いきなりすごく血が流れているのでびっくりしましたが、実際大事には至らなかったようで何よりです。(そして今日も素晴らしい踊りを見せてくれました!)

プリマローズさん、こんばんは。

NHKの芸術劇場で放送だそうで、楽しみですね!(実は今日の私の席が、テレビカメラのすぐ後ろだったんでちょっと気になってしまいました)あの素晴らしい公演がもう一度テレビで見られるは嬉しいです。

エドワード・ワトソンのロミオも良かったですよね!私1幕の始まりに間に合わなくて最初はちょっと見逃してしまったのですが、本当に彼はしなやかで脚が長いし、演技のほうは濃くて見ごたえがありましたね。リャーン・ベンジャミンの踊りも、とても若々しくて素敵でしたね~。

buminekoさん、こんばんは。

本当に今日も都さん、素晴らしかったですね~バルコニーのところで涙が出てきて困りました・・・今サッカーが終わったところですが、未だ心はロミジュリの中です。

初めまして。
11月19日は私の誕生日。偶然にもこの日、NHKの深夜の放送で、
「プロフェッショナル仕事の流儀」の予告編のみ(本編は見逃し)見ていた
吉田都さんのジュリエットを見ることができました。
バレエのことは何も知らないといっていい私ですが、
最初のインタビューで、この振り付けは相手役に身体を預けることが多く
ほかは自立しての踊りが多いために最初はとても戸惑った、と言われていましたので
見てなるほど、確かにロメオ役の方を信頼して支えてもらわなくては
あの自然な流れるような踊りはできないなと思わされるものでした。
初めて吉田さんの踊りを見ましたが本当に素晴らしくて
興奮冷めやらぬ感じです。

kurashiki-keikoさん、はじめまして!

お誕生日おめでとうございます!!お誕生日に吉田都さんのジュリエットをテレビでご覧になれたとは幸せなことでしたね。都さんのジュリエットは、本当に流れるような美しくまた繊細な心情が身体で表現されていて本当に素晴らしかったですよね。テレビで改めて観て、私もしみじみと都さんは素晴らしいと思いました。これからは日本を拠点に活動されるということなので、今度は生で都さんの舞台をご覧になれますように!(来年、バーミンガム・ロイヤル・バレエの来日公演にゲスト出演することは決定しています)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アリーナ・コジョカルのジュリエットとルパート・ペネファーザーのロミオ | トップページ | 6/29 ロイヤル・バレエ「ロミオとジュリエット」 The Royal Ballet Romeo and Juliet Miyako's Farewell »