BlogPeople


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 6/6 小林紀子バレエシアター「眠れる森の美女」Noriko Kobayashi Ballet Theatre "Sleeping Beauty" | トップページ | 6/9 ニューアドベンチャーズ「マシュー・ボーンの白鳥の湖」 Matthew Bourne's Swan Lake »

2010/06/11

セルゲイ・ポルーニンがロイヤル・バレエのプリンシパルに昇進 Sergei Polunin promoted Principal of Royal Ballet

ロイヤル・バレエで昇進の発表があり、セルゲイ・ポルーニンがプリンシパルに、ヨハネス・ステパネクがファースト・ソリストに、そしてメリッサ・ハミルトンがソリストに昇進するとのことです。

現在ポルーニンは、「シンフォニー・イン・C」に出演しているので、この作品での評価が決定的だったのでしょうね。

昇進者・入団者・退団者のリストがballet.coに出ていました。
http://www.ballet.co.uk/dcforum/news/4705.html#30

入団3年目でまだ20歳の彼。ローザンヌ・コンクールで1位、YAGPのグランプリを経ての入団がつい先日のようです。今度のロイヤル・バレエの来日公演ではどの役を踊るのでしょうか?(「うたかたの恋」のDVDではハンガリーの商工を踊っていましたね)いずれにしても、近いうちにこの若きプリンシパルの姿を観ることができるのは楽しみです。スワン・マガジンのインタビューでは「プリンシパルという肩書きを授けられた方が、踊れる演目や役柄の幅が広がってより自由に感じられるかもしれません」と語っています。

今日更新されたチャコットのダンスキューブでは、ポルーニンと崔由姫さんと共演した「シンデレラ」のレポートがアップされていますね。
http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-london/london1006a.html

また、デンマーク・ロイヤル・バレエからはNehemiah Kishがプリンシパルとして移籍。退団情報も出ており、今シーズンで引退の吉田都さん、佐々木陽平さんの名前が退団者の中にあるのが寂しいところです。また、最近では振付家としての活躍が目立っていたヴャチェスラフ・・サモドゥーロフも退団するのですね…。

Promotions
Sergei Polunin is promoted to Principal
Johannes Stepanek is promoted to First Soloist
Melissa Hamilton is promoted to Soloist
Claire Calvert, Akane Takada, Fernando Montano, Erico Montes are promoted to First Artist

Joiners from August 2010
Nehemiah Kish as Principal (from Royal Danish Ballet)
Itziar Mendizabal as First Soloist (from Leipzig Ballet)
Yasmine Naghdi as Artist (from RBS)
Sander Blommaert as Artist (from RBS)
James Butcher as Artist (from RBS)
Valentino Zuchetti as Artist (from Norwegian Ballet, trained at RBS)
Camille Bracher as Artist ( from Johannesburg, SA)
Beatriz Stix-Brunell as Artist ( from School of American Ballet)

Leavers
Miyako Yoshida - Principal Guest Artist
Viacheslav Samodurov - Principal
Yohei Sasaki - First Soloist
Gemma Sykes - Soloist
Cindy Jourdain - First Artist
Ernst Meisner - First Artist
Richard Ramsey - First Artist

追記:ロイヤル・オペラハウスのブログから
http://blog.roh.org.uk/?p=742
20歳でプリンシパル昇進はロイヤル・バレエの歴史の中でも初めてのことだそうです。

« 6/6 小林紀子バレエシアター「眠れる森の美女」Noriko Kobayashi Ballet Theatre "Sleeping Beauty" | トップページ | 6/9 ニューアドベンチャーズ「マシュー・ボーンの白鳥の湖」 Matthew Bourne's Swan Lake »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、お久しぶりです!
先週、久しぶりにNYに行ってきました。アリシア・アロンソのバースデー記念公演と椿姫を見に。髪を振り乱して情熱的なアルマンを踊るマルセロ君、素敵でしたよ♪ ヴィシも渾身の演技で。勿論とっても彼女風のマルグリットでしたが、終幕後自己陶酔入ってました。あんなに浸りきった表情をするなんて珍しい。

ところで、Beatriz Stix-Brunellちゃん、ロイヤルに入るんですね!2年ほど前、Morphosesの公演で、この子は誰!?という存在感の少女がいたんですが、それが彼女で。15歳か16歳で、リャーン・ベンジャミンと並んで2人で踊って、全く引けをとらないどころか、光ってましたから。将来どこに行くのかと思っていましたが、ロイヤルなんですね。また観られる機会があるといいなあ~。

Ponさん、お久しぶりです!
今年は私はMETまで観にいけなくて残念でした。行けばPonさんにもお会いできたかもしれないんですね。マルセロのアルマン、観たかったです(涙)ヴィシニョーワ&マルセロの椿姫のレポート、ありがとうございます。NYでは作品そのものに対する批評が結構厳しかったようなので、再演されるか心配ですがぜひ観にいきたいです。
Beatriz Stix-Brunellさん、英米のフォーラムで今回話題になっていましたね!15,6歳でリャーン・ベンジャミンと引けを取らないというのは恐るべしというか、本当に凄い子なんですね。来週からの来日公演には間に合わないでしょうが、舞台を観る機会が来るといいな。

naomiさん、こんばんは。
バタバタしていてすっかりご無沙汰してしまいました。
ポルーニンの昇進はめでたいですが、個人的にはサモドゥーロフの
退団が寂しいです。
ダンスキューブのレポは目を皿のようにして見ました(笑)
いや~予想はしていましたが、ユフィちゃんは似合いますねぇ。
当日の観客だけでなく、オジさんの心も鷲づかみでした。

Fさん、こんばんは。

いよいよ今週末からロイヤルの来日公演ですね!私もけっこうな日数通う予定なので今からエネルギーを溜めておかなければなりません。
考えてみれば、前回の来日公演の「眠れる森の美女」でサモドゥーロフの王子を観たので、その次の公演ではもう退団なんてことになるとは思いませんでした。良いダンサーだったので、寂しいですね。ミハイロスキー・バレエやロイヤルに新作を振付けたり振付家としては活躍しているようです。
ダンスキューブの「シンデレラ」のユフィちゃん、本当に愛らしいですね。シンデレラ役はぴったりな感じです。来日公演ではどの役を踊るんでしょうか。ポルーニンのパートナーを務めることも多いようなので、彼女の活躍も期待できますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6/6 小林紀子バレエシアター「眠れる森の美女」Noriko Kobayashi Ballet Theatre "Sleeping Beauty" | トップページ | 6/9 ニューアドベンチャーズ「マシュー・ボーンの白鳥の湖」 Matthew Bourne's Swan Lake »