BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« ジャンルー・シーフ写真展 Jeanloup Sieff UNSEEN and Best Works | トップページ | ボリショイのナタリア・オシポワとイワン・ワシリエフ、プリンシパルに Natalia Osipova & Ivan Vasiliev Named Principal »

2010/05/04

モスクワ音楽劇場でのガラ公演Pestov Gala(5/31)/ザハロワ情報

大型連休皆様どのようにお過ごしでしょうか。私は今年は珍しくのんびりと過ごしています。映画を何本か観たり、家でたまったバレエDVDを観たり、ラ・フォル・ジュルネに出かけてはあまりの人の多さにぐったりしたり、本を読んだり。新国立劇場の「カルミナ・ブラーナ」は最終日に行くんですよね。デヴィッド・ビントレーのトークショーがあることを知っていたらもっと早い日程にしたのですが。せっかく5連休もあるのに遠出をしないのはもったいない気もしますが、たまにはゆっくりすごした方が良いのかもしれません。

先日の来日公演の記憶も新しいモスクワ音楽劇場バレエですが、その劇場で5月31日にとても豪華なガラがあるんですね。名教師ピョートル・ペストフに捧げられたガラなのです。

http://www.stanmus.com/event.html?did=1255

Vladimir Malakhov, Elisa Carrillo Cabrera, Elena Pris, Mikhail Kaniskin (Staatsballett Berlin)

Yuri Posokhov, Yuan Yuan Tan, Maria Kochetkova (San Francisco Ballet)

Evan McKie, Anna Osadchenko (Stuttgarter Ballett)

Gennadi Saveliev (American Ballet Theatre)

Karine Plantadit (Broadway star)

Svetlana Zakharova, Ivan Vasiliev, Mikhail Lobukhin, Anastasia Stashkevich, Vyacheslav Lopatin, Andrey Bolotin, Denis Savin (Bolshoi Theatre)

Evgenia Obraztsova, Yuri Smekalov (Mariinsky Theatre)

Natalia Somova, Maria Semenyachenko, Georgi Smilevski, Semen Chudin (Stanislvasky and Nemirovich-Danchenko Moscow Music Theatre)

Pyotr Pestov's pupils from John Cranco School (Stuttgart)

出演者の顔ぶれを見るとめまいがしそうな位ですね。マラーホフ、カニスキン、ポソホフ、マッカイ、サヴェリエフは皆ペストフの教え子です。5月18日から22日までの「マラーホフの贈り物」に出演するダンサーが4人いるのですね。また、先日のモスクワ音楽劇場バレエ団の来日公演でも活躍した、ソーモワ、セメニャチェンコ、スミレフスキー、チュージンの名前もあります。

モスクワ音楽劇場のサイトには、英語ページもあるのですが、個別のダンサープロフィールをクリックするとプロフィール記述はロシア語になってしまいます。ゲストプリンシパルの中には、やはり来日公演の「エスメラルダ」でフロロを演じたキリーロフをはじめ、ボリショイのニーナ・カプツォーワ、マリインスキーのエフゲーニャ・オブラスツォーワ、ハンブルク・バレエのアンナ・ポリカルポヴァの名前がありますね。
http://www.stanmus.com/people.html?grp=3

ところで、スヴェトラーナ・ザハロワは、5月27日、6月5日、7日、8日のミラノ・スカラ座での「バレエ・インペリアル」にゲストとして出演する予定だったのですが、こちらは怪我でキャンセルとなっていて、マッシモ・ムッルのパートナーとして代わりに出演するのはアリーナ・コジョカルになったとのことです。(ballet.coより)

ザハロワは4月12日のマリインスキー・フェスティバルでは「白鳥の湖」に出演していたので、その後で怪我をしたということなのでしょうか。まだ先になりますが、6月29日からの新国立劇場「椿姫」の出演の方もちょっと心配です。

« ジャンルー・シーフ写真展 Jeanloup Sieff UNSEEN and Best Works | トップページ | ボリショイのナタリア・オシポワとイワン・ワシリエフ、プリンシパルに Natalia Osipova & Ivan Vasiliev Named Principal »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

私はカルミナ・ブレーナ、昨日行ってきました。
そして、ビントレー氏のトークショーも参加しましたよ。
なかなか面白いトークショーでした。
彼は、新国立では新作をやりたいとのことでした。
そして、ダンサーの体型についての質問には、
「体型ではなく、才能のあるダンサーを求める」といっていました。

すごく新国立に愛着があるのが分かるトークショーで、
彼自身にも好感が持てました。

そして、昨日、ザハロワのチケットを買ってしまったのですが、
怪我をしたということ…。
大丈夫でしょうか。
心配です。

nomuyukaさん、こんにちは。

カルミナ・ブラーナとトークショー行かれたんですね!トークショー羨ましいです(私今年のGWは完全にスケジュールのたて方に失敗しました)
新国立劇場って、日本のバレエ団の中ではプロポーションのいい人が揃っていると思うんですよね。でもビントレーさんがトークショーを4回も開いて観客とコミュニケーションをとる姿勢は好感持てますね。

新しいエントリにも書きましたが、ザハロワは5月5日(明日)北京でキトリを踊る予定になっているんですよね。ダンソマニのスレッドを読んだら、北京入りは間違いなくしているんですが、明日踊るかどうかというところが問題ですよね。キトリを踊れるようだったら、怪我をしていないということだと思います(スケジュール調整の失敗?)

GWにゆったり、正しいですよ〜
naomiさんはいつもがんばり過ぎです!(って僭越ですみません...)
私も3日の「カルミナ・ブラーナ」見てきました。
初見だったのですが、新国にとても合った演出だと思ったのでビントレー氏に対する好感度がかなりupしました。
観客全体も新芸監に対する期待が高いようで、トークにはかなりの人が残ってました。
くだんの件はスバリ「日本人ダンサーは体型的に劣っている」という声に対する回答だったのですが、実際私もそう思っていたので、彼が噛みしめるように繰り返した「talent」という言葉に希望を感じました。

ogawamaさん、こんにちは。

カルミナ・ブラーナやっぱり楽しかったです。これからのビントレーが率いていく新国立劇場が楽しみになる出来でしたね。
そして、トークショーの補足をありがとうございます。ビントレーさんが新国立ダンサーの才能にとても期待している様子が伺えて、嬉しい気持ちになりますね~。

こんにちは。
おくればせながら、マラーホフの情報をありがとうございます。本当にすごく豪華な顔ぶれですね。先生が先生だからどうしてもロシア勢が多いですが、ちゃんとエヴァンさんもいるし。

ザハロワの椿姫をみようかと思っていたので、ちょっと心配ですね。ちゃんと踊れるといいなと思います。最近本当に新国立はすごいですよね。去年のBallet the Chic(タイトルがうる覚えです)で、女性ダンサーのプロポーションがよくて、上手くて驚いていました。それにラインナップにも工夫があるし、最近はチェックを欠かしていません。カルミナブラーナも、私は初見で楽しませてもらいました。

ポリーナちゃんの白鳥の映像もありがとうございました。彼女は踊りもプロポーションも素晴らしいですが、私は彼女の可愛らしいお顔に惹かれたりします。きっと来年は可愛いシンデレラとおっかない悪妻の両方をみせてくれるのだと思います。マラーホフの贈り物では、できたら、少しのお時間だけいただいてお礼を言わせていただきたいと思っています。

ショコラさん、こんにちは。

マラーホフさんのインタビュー、チャコットとか毎日新聞とかいろいろ出ていて面白く読みました。贈り物公演楽しみです。出張前で忙しいのですが、がんばらなくては・・・
ペストフ先生今はジョン・クランコスクールで教えているんですよね。

ザハロワは北京で一応ファラオとキトリを無事踊ったようですが、現地で目撃した方の話ではやはりあまり調子がよさそうではなかったようです。椿姫、作品としては微妙なところもありますが、ザハロワが踊るなら観る価値はありますよね。本当に彼女のマルグリットは美しかったから。
新国立は来シーズンのラインアップが魅力的なので楽しみだし、ダンサーもレベル高いですよね!

ポリーナは踊りも素晴らしいですが、本当におっしゃるとおり可愛くて、この可愛らしさとテクニックがあってあの若さだから、無敵だな~って思います。もちろん来年のベルリンの公演も楽しみですよね。

ぜひマラーホフの贈り物公演ではお目にかかれればって思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャンルー・シーフ写真展 Jeanloup Sieff UNSEEN and Best Works | トップページ | ボリショイのナタリア・オシポワとイワン・ワシリエフ、プリンシパルに Natalia Osipova & Ivan Vasiliev Named Principal »