BlogPeople


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« シュツットガルト・バレエ2010/2011シーズン | トップページ | 5/18.19 マラーホフの贈り物[プログラムA] A Gift from Malakhov Program A (まだ途中) »

2010/05/23

ミラノ・スカラ座バレエ 2010/2011シーズン

続いてはミラノ・スカラ座バレエの2010/2011シーズンです。

http://www.teatroallascala.org/en/stagioni/2010_2011/opera-e-balletto/index.html
(オペラの予定も一緒に載っています)

2010年12月16日初日 ルドルフ・ヌレエフ版「白鳥の湖」(出演:スヴェトラーナ・ザハロワ)

2011年3月27日初日 世界初演「L'altro Casanova」振付:Gianluca Schiavoni(出演:ポリーナ・セミオノワ)

2011年4月27日・29日 Gala des Étoiles(出演:ロベルト・ボッレ)

2011年5月12日初日 ジュエルズ
(ダイヤモンド:ザハロワ、ボッレ、アリーナ・ソーモワ、ギョーム・コテ、ルビー:レオニード・サラファーノフ)

2011年10月11日初日 ライモンダ セルゲイ・ヴィハレフ再振付(出演:マッシモ・ムッル、オレーシア・ノヴィコワ、ギョーム・コテ)

ほみさんの「バレエ一色」経由、ロベルト・ボッレ・ファンズ&フレンズサイトの情報によれば、これのほかに1月27日初日で「マノン」も予定されているということですが、おそらくはスカラ座のミスでサイトに掲載し忘れたのではとのことです。(出演はギエム&ムッル、ザハロワ&ボッレとのこと)

コンテンポラリーの演目が少なくて、マリインスキー系のゲストが多いのは、現芸術監督のワジーエフの人脈関係なのかなとちょっと思ったりして。ロベルト・ボッレの出番が今のところ少ないですね。

そのロベルト・ボッレですが、ABTのオープニング・ガラでジュリー・ケントと「椿姫」の3幕パ・ド・ドゥを踊ったものの、その後のABT「ラ・バヤデール」の公演2回を怪我のためにキャンセルしたとのことで、「椿姫」の全幕の出演は大丈夫なのか、気になるところです。

« シュツットガルト・バレエ2010/2011シーズン | トップページ | 5/18.19 マラーホフの贈り物[プログラムA] A Gift from Malakhov Program A (まだ途中) »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさん

ロベルト、25日の椿姫初演に出ましたよ!私は21日からNYに行ってバヤデールと椿姫を観てきました。22日のバヤデールがロベルトの「怪我のため」ということでコリー・スターンズに変更になってしまったので、これは椿姫もだめかしら・・・と思っていたのですが、25日はロベルトは全く何の問題もなさそうに全開で踊り、難しそうなリフトも完璧で、アルマンの愛が溢れるような素晴らしい公演でした。椿姫って本当に素敵なバレエですね。私は第一幕の、アルマンがマルグリットの足元に縋りつくところが好きです。ロベルトの情熱的なアルマン、かっこよかったです・・・・。こんなアルマンと別れて一人で死んでいくマルグリットが本当に本当に可哀そうでした。マルセロとスターンズのアルマンも素敵でしたが、ロベルトが一番演技が濃くて、泣く場面では本当にすすり泣いているので、とてもストーリーに引き込まれました。

初日はマノンはジリアン・マーフィー、デグリュはデビット・ホールバーグでとっても豪華でした。アルマンのお父さんが来たときのマルグリットとマノンの踊りがすごく迫力があって、マノンがマルグリットの腕をへし折りそうな勢いで、パリオペのDVDで観ていた時とはずいぶん印象が違いました。アルマンとデグリュの掛け合いも、スーパーハンサム2人のキレのある動きにうっとり。田舎でのパーティーで踊る集団の中にダニール・シムキンもいて、ABTがこの初日にかける意気込みを感じました。

去年ロイヤルで白鳥を観た時はそれほどでもなかったのに、今回はロベルトに魂を奪われてしまいました。すごく彼のキャラクターがアルマンに合っている感じがしますよね。

ところでその日はとってもゲイのカップルの観客が多かったです。SATCに出てくるような、100m先でもゲイってわかるベタな方々が「素敵ねえ・・・」って泣きそうになっていました。ロベルトはゲイにも人気なんですね。

ぶうたさん、こんばんは。

METでの椿姫、ご覧になれたのですね~。貴重なご報告ありがとうございます!本当に羨ましいです。ロベルトのアルマンはパリ・オペラ座でルテステュと踊ったのを見ましたが、情熱的で甘くて素敵でした。彼はおっしゃるとおり、非常に感情を込めて俳優的なアプローチをするので、どっぷり物語の中に引き込まれるんですよね。
ジリアンとデヴィッドのマノンとデ・グリューというキャストも本当に豪華で見てみたかったです。NYタイムズのスライドショーで見て、本当にいいな~って思いました。

確かにNYってゲイの方はすごく多くて、ちょうど6月最終日曜日はゲイパレードがあるので見に行ったこともありますが、すごい盛況で楽しかったです。観客に明らかにそういう感じの方も多くて、かっこいい男性はたいていそうなんですよね。ロベルトはそれはもう、人気があるでしょう!来シーズン、スカラ座の出演予定が少ないのは、ABTにもっと出るのかな、とも考えてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シュツットガルト・バレエ2010/2011シーズン | トップページ | 5/18.19 マラーホフの贈り物[プログラムA] A Gift from Malakhov Program A (まだ途中) »