BlogPeople


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 国立モスクワ音楽劇場バレエ ブルメイステル版「白鳥の湖」 | トップページ | マリカ・ベゾブラゾヴァ逝去 »

2010/04/25

第23回バレエの祭典ラインナップ

お友達に教えてもらいました!まずは速報から

http://www.nbs.or.jp/saiten2010/index.html

2010年11月 モーリス・ベジャール・バレエ団  「80分世界一周」/「火の鳥」「3人のソナタ」「アリア」 Bejart Ballet Lausanne

2011年1月 ベルリン国立バレエ団 「シンデレラ」(マラーホフ版)、「チャイコフスキー」(ボリス・エイフマン振付) Berlin State Ballet

2011年5月 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 「眠れる森の美女」(ピーター・ライト版)/「真夏の夜の夢」「ダフニスとクロエ」(フレデリック・アシュトン)Birmingham Royal Ballet
※アシュトン・プロには吉田都さんが、「眠れる森の美女」にはタマラ・ロホが客演予定

2011年7月 マニュエル・ルグリとウィーンの仲間たち Manuel Legris and Friends from Vienna

2011年8月 ニコラ・ル・リッシュと華麗なるスターたち Nicolas Le Riche and Stars

2011年10,11月 シルヴィ・ギエム<さよなら、トゥ・シューズ> 「田園の出来事」「マルグリットとアルマン」ほか  Sylvie Guillem

2012年1月 東京バレエ団 ノイマイヤー振付 「ロミオとジュリエット」 Tokyo Ballet John Neumeier's Romeo and Juliet

2012年3月 モナコ国立モンテカルロ・バレエ団 「バレエ・リュス・プロ」ほか Montecarlo Ballet
2012年4月 ウィーン国立バレエ団 Vienna State Ballet

2012年6月 シュツットガルト・バレエ団 「白鳥の湖」「じゃじゃ馬ならし」(ジョン・クランコ振付) Stuttgart Ballet

2012年7,8月 第13回世界バレエフェスティバル 13th World Ballet Festival

例年より期間が長く、上演本数も多い気がするのは気のせいでしょうか。ギエムとルグリが入ってきたのは予想通りでした。会費が高そうです。

と思ったら、会費も出ていました。

S会員 全19演目をS席で鑑賞 1口=320,000円
A会員 全19演目をA席で鑑賞 1口=280,000円
B会員 全19演目をB席で鑑賞 1口=240,000円


モンテカルロ・バレエが光藍社さんからNBSに移ったのですね。上記ラインナップサイトを見たら、マイヨー版の「シェヘラザード」を上演するようなので、これはすごく楽しみです。シュツットガルトは、やっぱり「オネーギン」がまた観たかったです。そして、もう世界バレエフェスティバルなんですね・・・早いもので。

« 国立モスクワ音楽劇場バレエ ブルメイステル版「白鳥の湖」 | トップページ | マリカ・ベゾブラゾヴァ逝去 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさん、こんにちは!
ずいぶんと盛りだくさんですね~。来年1月のベルリン国立の公演はものすごく楽しみです。ついに!あのシンデレラが見られるのですね。そして、「チャイコフスキー」、エイフマンですよね。この間新国立の「アンナ・カレーニナ」をみてぜひ他の作品も見てみたいと思っていたので、嬉しいです。
最近初演オンパレードの東バが、今度はノイマイヤー版の「ロミオとジュリエット」を初演するんですねぇ… 日本でもノイマイヤー版が見られるようになるのは嬉しいけれど、誰がおどるのかしら。小出さんがジュリエットを踊ってくれるいいな… ぴったりだと思います。ひょっとしてハンブルクからゲスト、なんてことはないですね。一瞬期待してしまいました。「オネーギン」だって自前のキャストですものね。

本当に盛り沢山ですね。でもこのデフレの時代にこの価格では会員は減ってしまのでは?私も資金繰り大変だ!

maddieさん、こんばんは。

私もこの演目の数にはびっくりしました!全19演目とはずいぶん思い切ったものですよね。マラーホフの「チャイコフスキー」はぜひ見たいと思っていたので嬉しいです。エイフマンの作品はいろいろ観てみたいですよね。
東京バレエ団、初演の作品をたくさん上演していて、最近本当に精力的ですね。ロミオとジュリエットは誰が踊るか、とても気になります。デンマークロイヤルは若いダンサーを起用していましたが、小出さんは似合いそうですよね。
ゲスト、期待したいです。

隣のハミーさん、こんばんは。

いろいろと予想は立てていて、きっとルグリさん関連でウィーンはあるだろうなって思っていたんですが、ふたを開けてみてかなりびっくりしました。すごく楽しみなんですが、やっぱりお高いですよね。資金繰り、本当に大変です。取捨選択を今まで以上にしなくちゃってしみじみ思いました。

マラーホフの「チャイコフスキー」、エイフマン・バレエとの共演です。
1幕
xfs.jp/sqf0B
2幕
xfs.jp/7fhDs

rednalさん、こんばんは。

またまたありがとうございます。マラーホフの「チャイコフスキー」本当に楽しみですね。

naomi 様

来年は夏から秋はルグリ、二コラ、シルヴィと立て続けですね。
「オネーギン」については激しく同意です。「白鳥」じゃなくても…という気がします。
「オネーギンじゃないんだ…」と正直すごくガッカリ。

まだ今年の夏も来ていないけれど、来年早々のベルリンに注目ですね。

sandyさん、こんばんは。

本当に鬼が笑っちゃう話で、まだ今年も5月にもなっていないのに来年の夏のルグリやニコラのガラとか、再来年のバレエフェスとは気が早い話ですよね。その頃自分は何をしているのかな~と思ってしまうのですが。

クランコ版白鳥はもちろん観たことはないわけですが、踊ったことがある人に、ダークで面白い版だとは教えてもらいました。でも、2年後の来日がオネーギンなしなのはちょっとがっかりですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国立モスクワ音楽劇場バレエ ブルメイステル版「白鳥の湖」 | トップページ | マリカ・ベゾブラゾヴァ逝去 »