BlogPeople


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 4/22 歌舞伎座さよなら公演 御名残四月大歌舞伎 第三部 | トップページ | 首藤康之&小野寺修二「空白に落ちた男」再演 »

2010/04/30

ダンスマガジン2010年6月号・ウヴァーロフ引退/マリインスキー・フェスティバルの動画から

ダンスマガジンの最新号がちょっと前に届いていたのですが、掲載されていたアンドレイ・ウヴァーロフのインタビューで、近々引退する予定で、先日のニーナ・アナニアシヴィリ&グルジア国立バレエの来日公演への出演が、日本での最後の出演になるという衝撃的なコメントがあったのでした。

ニーナとウヴァーロフの共演は二人の温かい魂の交流が感じられて本当に感動的だったので、それが最後というのは(なんとなくそうなのかな、という気はしていたものの)残念です。ニーナはインタビューで「まだまだ彼には踊ってもらわなくては。私が何とか説得します」と言っているので、それに期待したいですね。個人的にも、2003年の世界バレエフェスティバル特別プログラムの「ドン・キホーテ」でウヴァーロフがガリーナ・ステパネンコと共演したのを観て、バレエってこんなに楽しいんだ、と実感した記憶があるので、彼には踊り続けてほしいって思います。

先日まで開催されていたマリインスキー・フェスティバルでは、4月12日にウヴァーロフはスヴェトラーナ・ザハロワと「白鳥の湖」で共演しました。その時の映像とインタビューがマリインスキー劇場のオフィシャルYouTubeチャンネルにアップされています(英語の字幕付)。ザハロワがここで、「白鳥の湖」を踊ってほしいといわれてアンドレイと踊りたい、彼が「白鳥」ではベストのパートナーと語っています。今後は彼女は誰をパートナーに踊るのでしょうか。

マリインスキー劇場のYouTubeチャンネルは、ラトマンスキー振付の「アンナ・カレーニナ」(新制作)マリインスキー初演や、ウリヤーナ・ロパートキナ出演の「カルメン組曲」など興味深い動画がたくさんアップされています。

ダンスマガジンの話に戻って、特集は上記ニーナ・アナニアシヴィリ&グルジア国立バレエと、パリ・オペラ座の来日公演。インタビューはアニエス・ルテステュ、ニコラ・ル=リッシュそしてジョゼ・マルティネス。やはり引退の話が出ていたジョゼは、このインタビューで42歳の定年を過ぎてもオペラ座で踊り続けると明言していますね。

面白かったのはベルリン国立バレエの「ラ・ペリ」の初演の記事。ほとんど振付の記録が残っていないこの作品を、マラーホフがほぼ一から振付けたというから凄いことです。いつか観る機会があるといいですね。

DANCE MAGAZINE (ダンスマガジン) 2010年 06月号 [雑誌]DANCE MAGAZINE (ダンスマガジン) 2010年 06月号 [雑誌]

新書館 2010-04-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 4/22 歌舞伎座さよなら公演 御名残四月大歌舞伎 第三部 | トップページ | 首藤康之&小野寺修二「空白に落ちた男」再演 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさん
私も昨日ダンスマガジンのインタヴュー記事を読んでウヴァーロフファンの友人に連絡して一緒にショックを分かち合いました。テクニックダンサーではないですが、王子様に相応しい長い足と容貌、パートナーを美しく見せる素晴らしいサポートが好きでした。彼が引退したあとのザハロワやニーナのお相手は??と心配ですし、まだまだ踊れると思うのでニーナの説得に期待します。

隣のハミーさん、こんばんは。

もうそろそろ最後かも、と思いながらも、やっぱりインタビューで引退を宣言されてしまうとショックですよね・・・あのバレエフェスで観た時の「ドン・キホーテ」の彼のバジルは長身でカッコいいのに、狂言自殺がすごくコミカルで可笑しくって、最高でした。本当に、パートナーを美しく見せる技に優れていた人なので、ザハロワもこれから誰と踊るのかしら、と心配になってしまいます。思いとどまってくれると良いのですが・・。

naomiさん、今晩は。
1週間帰省してネットの無い生活をしているいる間に、すっかり浦島太郎になってしまいました。
ウヴァーロフ引退ですか。。。初めて彼を観たのは2001年のニーナとのグループ公演でしたが、あまりの手足の長さとキラキラ光るプロンドに、「少女マンガから抜け出てきた王子様が実在した!」と感動したものです。先日のアルブレヒトもロミオも本当に素晴らしくて、彼の魅力を再認識したばかりなのにショックです。もう来日の予定が無いなんて、寂しいこと言わないで欲しいですよね。

私も「カルミナ・ブラーナ」は最終日(もう今日じゃん)に行きます。初めて観るので楽しみです♪

peluさん、こんにちは。

カルミナ・ブラーナはいかがでしたか?

私も舞台で初めてウヴァーロフを観たときには、同じく少女マンガから抜け出たような容姿に感動でした。最近新国立劇場で観たときなどはちょっとお疲れ気味なときもありましたが、ニーナの公演でのアルブレヒトやロミオは若々しく、情感たっぷりで素晴らしかったですよね。長身ゆえ背の高いプリマと組むことが多くて身体的にしんどいというのはあるのかもしれませんが、舞台を観る限りではまだまだ踊れそうな感じだったので、引退しないでほしいですよね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4/22 歌舞伎座さよなら公演 御名残四月大歌舞伎 第三部 | トップページ | 首藤康之&小野寺修二「空白に落ちた男」再演 »