BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 国立モスクワ音楽劇場バレエ 全幕のキャスト発表 | トップページ | 「オペラ座ダンサーの案内するオーガニックなパリ」 »

2010/02/13

バンクーバー・オリンピックの開会式に服部有吉さんが!Yukichi Hattori on Vancouver Olympics Opening Ceremony

今日はバンクーバーオリンピックの開会式の生中継をテレビで見ていたのですが、選手たちの入場が終わって、ブライアン・アダムズらの歌の後、巨大な白い電飾熊が登場し、地面の氷が割れたかと思ったらトーテムポールがニョキニョキ出現し、それが緑の林に。そして、サラ・マクラクランの歌に合わせて、アルバータ・バレエによるパフォーマンスがありました。

服部有吉さんは、ダンサーの仲でも小柄で、でも動きがやっぱり抜群に綺麗なので目立っていましたね。ほぼ中心の位置で踊っていたので、よく映っていたし、NHKの実況で、「ハンブルク・バレエの東洋人初のプリンシパル(本当はそりス路とだと思うんだけど)だった服部有吉さん」って解説が入っていました。彼のほかにも日本人の団員が数人おり、そのことについても触れられていましたね。なんか結婚式のケーキのように丸い舞台が真ん中にいくつか重なっている感じで、その一番中心で服部さんは踊っていました。こうやって彼が大舞台で躍っているのを観ることができて嬉しかったです。

他にも、k.dラングによる「ハレルヤ」があったり、先住民族にオマージュを捧げたパフォーマンスがあったり、合いリッシュな感じの踊りありと、なかなか見ごたえたっぷりの開会式でした。ブライアン・アダムズはまだ若々しいですね。開会式前の練習で、グルジアのリュージュの選手が事故で亡くなるという哀しいことがありましたので、半旗が掲げられていました。ご冥福をお祈りします。(グルジアのフィギュアスケート代表のエレーナ・ゲデヴァニシヴィリも悲しそうでした)

それから、ロシア代表はやはり青いチェブラーシュカを手にしていましたね。これは欲しい!(北京オリンピックの赤いチェブラーシュカは持っているんですが青の方が可愛いですよね) 日本選手団の旗手の岡崎朋美さん、今でもめちゃくちゃ綺麗というか可愛いですね。

開会式の録画は今夜NHKで放送されますので、見逃した方はぜひ!本日(13日)19時30分から22時30分です。
http://www9.nhk.or.jp/olympic2/olpg/olpg_date.html


なお、オリンピックの関連イベントの一環として、ナショナル・バレエ・オブ・カナダとロイヤル・ウィニペグ・バレエがバンクーバーで特別合同ガラ公演を行なうようです。
http://www.cbc.ca/arts/theatre/story/2010/02/12/winnipeg-national-ballet.html

追記:服部さんの開会式出演について、日本のスポーツ新聞にも記事が出ています。

開会式日本人ダンサーは服部良一氏の孫(日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100214-595790.html

13歳の時、自らの意思で単身ドイツにダンス留学。そのままハンブルク州立バレエ団に入り、03年には同団で東洋人初のソリスト(準看板ダンサー)になった。06年、アルバータバレエ団に移籍。身長162センチと小柄だが、卓越した運動神経と猛努力で、同団のプリンシパル(トップダンサー)まで上りつめた。

 開会式出演の話がきたのは昨年10月ごろ。直近2週間はバンクーバーに滞在しリハーサルを繰り返した。今後について有吉は「世界中いろいろなところをバレエで回ってみたい。でもどうなるかは、神のみぞ知る。風の吹くままに生きたいですね」とカナダの森林のごとく、自然体で語った。


故服部良一さんの孫 ダンスで五輪開会式彩る(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/02/14/01.html

各国選手団の入場後に始まったアトラクション「夢の風景」は、カナダの雄大な大自然と先住民文化を表現した光と音のショー。ここで思わぬ日本人男性が華麗なバレエを披露した。

 12日午後7時半(日本時間13日午後0時半)すぎの「聖なる木立」編。グラミー賞歌手サラ・マクラクラン(42)による「ありふれた奇跡」の歌声に合わせて約10分間、舞台を躍動。カナダ人ら約50人の中に、日本人の男女2人ずつの姿もあり、バレエの輪の中心に服部がいた。ステージ中央で別のバレエダンサーに抱えられ天に向かって舞う見せ場は、世界各国にテレビ中継された。

さらに追記:
服部有吉さんご自身のブログにも、出演した感想が書いてありました。
http://blog.zaq.ne.jp/hattori/article/93/

« 国立モスクワ音楽劇場バレエ 全幕のキャスト発表 | トップページ | 「オペラ座ダンサーの案内するオーガニックなパリ」 »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
開会式で一番驚いたのはブライアン・アダムスのスーツ姿!です。(笑) 彼ももう50歳になるのですね~。でもとっても若々しくて格好良くって、ハスキーボイスも健在で、思いがけないプレゼントを貰った気分でした♪

peluさん、こんばんは。

私もブライアン・アダムスのスーツ姿と若々しさにはびっくりしました。彼も50歳ですか・・・彼の甘いハスキーボイスは魅力的ですよね。私も一度日本武道館での彼のコンサートに行ったことがあるのですが、ものすごーくエネルギッシュで楽しかった記憶があります。こうやって元気な姿を見せてくれたのは本当に嬉しかったですね。閉会式には、さて誰が登場するんでしょうかね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国立モスクワ音楽劇場バレエ 全幕のキャスト発表 | トップページ | 「オペラ座ダンサーの案内するオーガニックなパリ」 »