BlogPeople


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« Kings of the Dance ロサンゼルス公演の写真と記事/追記NY公演の写真と記事 | トップページ | 「バレエの神髄」公演 吉田都さんの「ライモンダ」はテューズリーと »

2010/02/21

アルバータ・バレエがエルトン・ジョンのバレエを上演へ Elton John goes to the dance with Alberta Ballet

バンクーバー・オリンピックの開会式で踊ったことで注目を集めているカナダのアルバータ・バレエですが、またまた話題を呼ぶこと必至のプロジェクトが発表されました。

http://latimesblogs.latimes.com/culturemonster/2010/02/elton-john-ballet.html

さらに詳しい記事
http://www.latimes.com/la-ca-alberta-ballet21-2010feb21,0,4933392.story

今年の5月に上演される“Love Lies Bleeding,”という題名の作品で、振付は、同バレエ団の芸術監督、ジャン・グラン=メートルです。グラン=メートルは、上記バンクーバー・オリンピック開会式の振付も行なっていますが、エルトン・ジョンが彼に注目したのは、アルバータ・バレエで上演しDVDにもなっている、ジョニ・ミッチェルの音楽をバレエ化した"The Fiddle and the Drum," がきっかけでした。エルトンとジョニ・ミッチェルは友人関係にあり、この作品が批評的にも成功したため、エルトンは映像を取り寄せ、グラン=メートルに電話をかけて彼と6人のダンサーたちをカルガリーにて訪ねたとのこと。

今回の新作は、エルトンと、彼と共作しているソングライターのバーニー・トーピンによる15曲を使い、エルトンの自伝的な内容の物語バレエとなるとのことです。 ホモセクシャリティ、エイズ、そしてドラッグのイメージも使われています。ボブ・フォッシーにインスパイアされたジャズダンス、ポアントを使ったクラシックバレエ、さらにはヒップホップ、ドラッグクイーン、シルク・ド・ソレイユ的なアクロバットまで幅広いダンスのスタイルが使われており、100万ドルの制作費をかけているそうです。

来週、アルバータ・バレエはロサンゼルスにて"The Fiddle and the Drum,"の公演を行ないます。そして、“Love Lies Bleeding,”は5月6日のカルガリー公演が初演で、エルトン・ジョン自身も初日の舞台に駆けつける予定です。さらに、世界ツアーも予定されているそうで。

バンクーバー・オリンピックでアルバータ・バレエの知名度も上昇し、服部有吉さんも所属しているし、さらにはエルトン・ジョンの歌を使っているということで、この作品、日本に来るなんてこともある得るかもしれませんね。

Fiddle & The Drum (Rmst Dol) [DVD] [Import]Fiddle & The Drum (Rmst Dol) [DVD] [Import]

Koch Vision 2009-02-10
売り上げランキング : 38543

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« Kings of the Dance ロサンゼルス公演の写真と記事/追記NY公演の写真と記事 | トップページ | 「バレエの神髄」公演 吉田都さんの「ライモンダ」はテューズリーと »

バレエ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Kings of the Dance ロサンゼルス公演の写真と記事/追記NY公演の写真と記事 | トップページ | 「バレエの神髄」公演 吉田都さんの「ライモンダ」はテューズリーと »