BlogPeople


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« 「マニュエル・ルグリの新しき世界」WOWOWでの放送予定 | トップページ | 国立モスクワ音楽劇場バレエ 全幕のキャスト発表 »

2010/02/12

新国立劇場バレエ団5月公演「カルミナ・ブラーナ」公開リハーサルを初開催 Open Rehearsal of David Bintley's Carmina Burana New National Theatre

新国立劇場バレエ団5月公演「カルミナ・ブラーナ」の公開リハーサルが開催されます。

http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000977.html

今まで、アトレ会員がポイントを使って応募できるゲネプロ見学会はあったのですが、今回は会員以外も応募できる上、足を運びやすい土曜日の開催、しかもリハーサル室での見学ということです。デヴィッド・ビントレー次期芸術監督によるリハーサルが見られるということで、すごく面白そうですね。公開リハーサルの後デヴィッド・ビントレーと新国立劇場バレエ団ダンサーによるトークイベントも予定しているとのことです。

日  時:2010年4月24日(土)      <午前の部>  午前11時30分から午後0時30分      <午後の部1> 午後1時30分から午後2時30分      <午後の部2> 午後3時から午後4時

場  所:新国立劇場リハーサル室

募集人数:各回30名、合計90名

料 金:1,000円(消費税込)

参加資格:「カルミナ・ブラーナ」の公演チケットをご購入済み、もしくは公開リハーサル当日までにご購入予定のお客様
*公開リハーサル当日、「カルミナ・ブラーナ」公演チケットをご持参ください。
*本イベント当日、報道関係者及び劇場広報取材に協力いただける方。
*4歳未満の方のご応募、ご入場はできません。

応募方法:ウェブサイト、携帯サイト又は往復ハガキにてお申込みください。(応募多数の場合、抽選となります。)

詳しくは上記サイトをご覧ください。


このほかにも「カルミナ・ブラーナ」の関連イベントがあります。

■D.ビントレーによるトークイベント
日時:3月20日(土)4:00pm~5:00pm入場無料 場所:Bunkamura Gallery 
お問合せ:
★Bunkamura Gallery 03-3477-9174
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/index.html
★新国立劇場営業部 03-5351-3011(代表)  


■ロバート・ハインデル展/3月15日(月)~23日(火)
場所:Bunkamura Gallery
営業時間10:00~19:30入場無料  
★お問合せ:Bunkamura Gallery 03-3477-9174  ・http://www.bunkamura.co.jp/gallery/index.html

****

新国立劇場バレエ団といえば、3月のボリス・エイフマン振付「アンナ・カレーニナ」のダイジェスト映像(ボリス・エイフマン劇場バレエ)もアップされています。チャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」を使っているのですね。これを観ると、楽しみになってきます。

http://www.atre.jp/temporary/anna/movie_anna.html

また、「サンクトペテルブルグより 3月公演バレエ「アンナ・カレーニナ」通信」と題して、2月初旬から新国立劇場バレエ団ダンサー、山本隆之、厚木三杏、貝川鐵夫、堀口純がロシアに渡り、エイフマン氏のバレエ団に参加したときの報告が載っています。

http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000972.html

« 「マニュエル・ルグリの新しき世界」WOWOWでの放送予定 | トップページ | 国立モスクワ音楽劇場バレエ 全幕のキャスト発表 »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

naomiさんこんばんは。

前回のカルミナを観ていないのですが、naomiさんの2005年の感想を読み、今年は行ってみようかと思います。イベントや当日のキャストなどに欧州の空港閉鎖の影響が出なければいいですね。

さるしっちゃーさん、こんばんは。

「カルミナ・ブラーナ」、前回見に行ったとき本当に面白かったです!マシュー・ボーンの作品が好きな人なら絶対に楽しめるはずです♪

今回も5月1日~3日の公演はデヴィッド・ビントレーのアフタートークがあるとのことですが、アイスランドの火山噴火の影響が心配ですよね。ビントレーさん無事に来てくれると良いのですが。(モスクワ音楽劇場バレエの皆さんも日本で足止めを食らっているようです)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「マニュエル・ルグリの新しき世界」WOWOWでの放送予定 | トップページ | 国立モスクワ音楽劇場バレエ 全幕のキャスト発表 »