BlogPeople


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • HMV検索
    検索する
無料ブログはココログ

« クリスチャン・シュプックがチューリッヒ・バレエの芸術監督に就任 Christian Spuck wird neuer Direktor des Zürcher Balletts | トップページ | 1/8 レニングラード国立バレエ「ラ・バヤデール(バヤデルカ)」簡単な感想ほか »

2010/01/09

新国立劇場2010/2011シーズンラインアップ説明会/「ブベニチェクとドレスデン国立歌劇場バレエ団の俊英たち」のリハーサル見学会

新国立劇場から2010/2011シーズン オペラ/バレエラインアップ説明会の案内メールが来ていました。

★2010/2011シーズン オペラ/バレエラインアップ 新芸術監督による演目説明会のご案内★

いよいよ今月に迫った2010/2011シーズンラインアップ発表とセット券発売に合わせ、
オペラ・バレエの新芸術監督による演目説明会を行います。

尾高忠明次期芸術監督と、デヴィッド・ビントレー次期舞踊芸術監督が、
それぞれの初シーズンに向けた意気込みとラインアップの魅力を皆様にお伝えします。

【オペラ】
日時:2010年1月24日(日)午前11:30
時間:約1時間
会場:オペラパレスホワイエ
出演:尾高忠明次期オペラ芸術監督、松本志のぶ(司会)

【バレエ】
日時:2010年1月18日(月)午後7:00
時間:約1時間
会場:オペラパレスホワイエ
出演:デヴィッド・ビントレー次期舞踊芸術監督、山田美也子(司会)

<入場無料>

参加方法
ご参加希望の方は、下記ホームページから必要事項を記入してご応募ください。
受付後、詳細をメールにてご送付いたします。

○応募用ホームページ→http://www.e-get.jp/enquete/AnswerClt?KID=nntt&KCD=59
○応募締切(各回とも、定員に達した際には締切前に受付を締め切らせていただきます)
オペラ:1月22日(金)午後6:00
バレエ:1月15日(金)午後6:00
※1度にお申込み頂ける人数は2名様までです

というわけで、1月18日に、来シーズンの新国立劇場バレエ団のラインアップが発表されるのですね。すでに「ロミオとジュリエット」「アラジン」「ペンギン・カフェ」は発表されていますが、残りのラインアップも楽しみです。

新国立劇場といえば、1月17日からの「白鳥の湖」のソリストのキャストも発表されていました。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000931.html

ザハロワとウヴァーロフ出演日のパ・ド・トロワのキャストが、川村真樹、寺島ひろみ、マイレン・トレウバエフと超豪華です。

*******
彩の国さいたま芸術劇場での「ブベニチェクとドレスデン国立歌劇場バレエ団の俊英たち」のリハーサル見学会のお知らせが、MSN産経新聞ニュースに載っていました。

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/100108/stm1001081510003-n1.htm

22日に行われる通しげいこの一部を見学できるのですが、無料で定員100人。対象は県内在住・在勤者。自宅か勤務先の住所、氏名、電話・FAX番号、バレエなどの鑑賞経験の有無を明記して申し込む。1件につき2人まで申し込める。応募多数の場合は抽選。

 郵送の場合はさいたま市中央区上峰3の15の1、「彩の国さいたま芸術劇場ゲネプロ稽古見学係」まで。FAXは048・858・5515。ともに15日必着。問い合わせは(電)048・858・5506。

ということで、埼玉県内在住・在勤者のみなので私は資格がないのですが、対象の方はぜひ行かれてはいかがでしょうか。

« クリスチャン・シュプックがチューリッヒ・バレエの芸術監督に就任 Christian Spuck wird neuer Direktor des Zürcher Balletts | トップページ | 1/8 レニングラード国立バレエ「ラ・バヤデール(バヤデルカ)」簡単な感想ほか »

バレエ(国内公演情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスチャン・シュプックがチューリッヒ・バレエの芸術監督に就任 Christian Spuck wird neuer Direktor des Zürcher Balletts | トップページ | 1/8 レニングラード国立バレエ「ラ・バヤデール(バヤデルカ)」簡単な感想ほか »